妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

子育て

子供の英語はいつから?教え方や教材・英語教室の選び方も解説!

投稿日:


子供の英語はいつから?教え方や教材・英語教室の選び方も解説!

現在、保育園などでも英語の遊びがあるのは当たり前になってきています。

小学校からでは英語の授業も入るなど、英語への広がりは大きくなってきました。そんな中、小さいうちから英語を教えたいというお母さんも多いです。

英語塾や教材など様々な勉強方法がありますが、直接子供に教えたいと思うお母さんも多くいます。

しかし、自分はそんなに英語は得意ではないという方に、英語をどのように教えると良いのかご紹介します。

子供に英語を教えるのは何歳からが良い?

英語教育は何歳から始めたらよいのだろうと考える人も多くいます。2歳から?3歳から?少し話せるようになってから?

実は、あまり早い時期から英語を教えることで、本来覚えなくてはいけない母国語が疎かになってしまいます。

これには年齢は関係なく、教えようとしている子供達の成長によります。

2歳で日本語は大体200語、2語文話せるようになる頃が目安です。それが可能になったら英語を教えても良いサインです。

また、「若い頃の方がすぐに覚えられる」という言葉をよく聞いたことがあります。

これ本当で、小さい頃は頭の中の引き出しがたくさんあり、その引き出しに詰め込むことが可能です。

飲み込みも早いため、英語だけではなく、その理由や意味まで覚えるようになります。

子供が大きくなると英語を聞き取れなくなる?

大きくなると、頭の中の引き出しが詰め込み過ぎ、自分に必要のないものは抜けていきます。

これは耳の働きも同じです。生まれたばかりの赤ちゃんは、どんな音でも拾える素晴らしい耳を持ち、自分に知識として身に付けていきます。

大きくなると拾わなくても良い音や聞かなくて良い音と判断され、聞こえなくなります。

その一例として日本語にはLとRの音がないため、日本人の多くはこの音を聞き分ける力が衰え、聞き取るのに苦労します。

ちなみに日本語と英語の音域を数字で表すと、日本語は125~1500ヘルツで英語は1000~5000ヘルツとなっており、日本語と英語はほとんど音域が重なり合っていないことが分かります。

従って小さな時に英語に触れていないと、英語を拾える音域の耳が育たないと言うわけです。

親が英語不得意でも影響はないのか

このことを気にする親も多くいます。

しかし、この事は小さな子供に英語を教える上で影響はありません。何故なら小さいうちは親が英語を話して直接教えるということではないからです。

例えば、英語の絵本を読んで聞かせたいと思った際には、今は声が入ったものを活用することや、子供向けの英語テレビ番組もあります。

それだけでも子供の英語力は伸びます。

しかし、親子間でのコミュニケーションは英語学習の上では大切になってくるので、苦手でも、一緒に積極的に取り組むようにしましょう。

一緒に取り組むことで、子供が安心して学ぶことができます。

子供に英語を教えるコツ

子供に英語を教えるコツ

英語を教える上で親が一緒にできることはたくさんあります。

しかし、何から取り組めばよいのか、どのようにするのかと考え、試行錯誤して悩む親も多いです。

英語を取得するには順番があります。それを紹介します。

最初は英語を聞くことから始める

一番最初に取り組むことは、英語の音を聞かせてあげることです。

例えば英語の歌を一緒に聴くことや、英語を話す映像を見せてあげるだけではなく、絵本の読み聞かせなど音を聴かせてあげることが大切です。

最初は真面目に英語の歌を聴くように集中させたりするのではなく、遊んでいる後ろでBGMのように音楽を流すだけでも良いです。

そのうちに子供はその音が流れる環境に慣れ、英語に対する違和感がなくなります。

英語に興味が出てきたら、テレビで英語を入れた映像を流してあげることで、子供は目と耳で楽しむことができ、習得できる環境を作れます。

もし映像を見せる際には子供が好きなキャラクターや音楽を取り入れた物を使用すると良いです。

絵と単語を覚えるようにしましょう

もし小さな頃から英語を教えていても、それを継続しなければ忘れてしまいます。

しかし、英語の文字を覚えた場合、環境が変わっても忘れません。

そのため、子供の耳が英語に慣れてきたら文字を覚えさせるようにしましょう。

文字を教える方法は多々ありますが、フラッシュカードのような絵と文字が同じ面に罹れているものを使用すると良いです。

英単語を覚える際に絵を見ることで、その意味を覚えます。

教材を使用する際には文字や音、映像を同時に表示されているものを使用しましょう。

しかし、子供はじっとしているということは難しく、長時間集中して見ているということは難しいでしょう。

そのため、好きなキャラクターなどの出演しているものを選ぶことや、リズム遊びを取り入れられるものを使用しましょう。

好きな物を英単語で言えるようにしましょう

子供が好きな物を取り入れると積極的に覚えます。

例えば色や食べ物、乗り物、動物など子供は多くのことに興味を持ち、たくさんの好きな物があります。

親が難しいかもしれないという単語も好きなものならば子供は取り込みます。

身近にあるものを指さしながらクイズ形式で聞いていくことも単語力が身に付き、英語が苦手な親も楽しめます。

英語力が上がってから書くことを覚えましょう

母国語も同様ですが、まずは聞いて言葉を習得します。

その後書く力を付け、言葉を文字で表すという風になります。これは英語も同様です。

書くということは、聞く、読む、話すに比べて難易度が高いです。

英語を読むことができない状態で書くと言う行動はかなり難しく、子供にも苦痛になってしまいます。

そのため、まずは多くの英単語を認識してから書くという練習に移りましょう。

書くことは、大人も同様ですが、つまらない作業です。

子供の興味や楽しさを失わないように遊び要素を取り入れてあげましょう。

最初はお絵かきくらいの気持ちで取り組みましょう。

英語と日本語は対訳で教えない

例えば、子供にゾウの絵を見せます。

そこで英単語を教え、子供が言えても、親がその後に「ゾウだね」と日本語で教えてしまうと、子供は習得した英単語を消され、ゾウと認識します。

そのため、教えてる時には日本語訳をしない方が良いです。

どうしても、分からない、意味を答えられないという時のみに日本語訳してあげるくらいが良いです。

簡単な挨拶が言えるようにしましょう

ある程度簡単な単語を覚えたら、次は会話を楽しめるように教えてあげましょう。

本当に日常的な会話で良いです。

簡単なフレーズはたくさんありますが、一般的に使用するものの例を上げます。

・はじめまして「Nice to meet you」

・こんにちは 「Hello」

・私の名前は○○です 「I’m○○」

・ありがとう「Thank you」

など、まずは本当に簡単なものからで良いです。

このような簡単なもの取り入れることで、毎日の会話を楽しめ、子供も大人も興味の幅も広がります。

親と子供が一緒にすることが大切

英語を学ばせたい場合、英語教室に通うことが一番良いと思う人も多くいます。

しかし、実は親と取り組むことが一番効果が強いです。

ミラーニューロンというものがあります。これは感情移入することを言います。

例えば自分が映画やドラマを見ていて主人公に感情移入することがあります。これがミラーニューロンです。

子供が一番ミラーニューロンを起こしやすい相手が親です。

親が楽しいと感じると、子供も楽しいと感じ、親がつまらないと感じると、子供もつまらないと感じます。

例えば、英会話教室やオンライン英会話をしていた際には、今日のお話は楽しいと感じたねというだけでも子供にはプラスになります。

親がプラスの感情を示すだけで自然と楽しかったと感じます。

日々、英語に触れる時間も同様です。

ママが楽しい、面白いと思って子供に触れるだけで子供も本当にそう思い始め、プラスの感情で英語に向き合えるようになります。

リラックス効果を与えることも大切です

脳にとって一番リラックスしている状態が集中力、記憶力が上がります。

子供が一番リラックスしている時は、親が側にいる時です。

リラックスしていることで集中力、記憶力が高まり、はかどります。

語学ではなく、普段の習慣として身に付けましょう

CMや買い物先のBGMを覚えてしまうという経験があります。

これは子供も同じです。知らずのうちに子供も覚えています。

これは受動学習というもので、就学前の子供は耳や脳はとても早く吸収することができるため、普段から単語を使用する、歌を流すということでこどもは覚えます。

やってはいけないこと

子供が英語を覚えていく上でやってはいけないことがあります。

これは英語混じりの日本語を使用するという行為です。

例えば

・○○をゲットしに行こう

・○○を一緒にシェアしよう

・ハグしよう

などです。

気付かずのうちに親が使用していることは多々あります。

この言動はやってはいけません。

子供は親の発言した言葉を聞いて言葉遣いや母国語を習得します。

しかし、この中で母国語と英語を混ぜた言葉が飛び交うと、必要な日本語や英語、基礎が分からなくなります。

子供も親も楽しく英語を学びましょう

いかがでしたか。

英語を教える場合、親が緊張していたり、分からないからと教室などに任せきりにしてしまうと子供は楽しく学ぶことができません。

または苦痛に感じてしまう子供もいます。

最初は耳を育てるために簡単な英語の音楽を流すことや、見なくても良いので子供向けの英語が入った映像を流すなどします。

その後に、単語を取得するよう、子供の好きな物を一緒に学びましょう。

ある程度覚えたら書くことを覚えるように学んでいきます。

いずれも親が一緒に楽しく取り組むことで、子供も楽しい、面白いと習得していきます。

子供がリラックスして落ち着いて学べる環境を作りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-子育て

Copyright© 妊活アリビオ , 2018 All Rights Reserved.