妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

葉酸サプリ 葉酸の知識

モノグルタミン酸型葉酸とは?ポリグルタミン酸型葉酸との違いを徹底解説!

更新日:


モノグルタミン酸型葉酸とは?ポリグルタミン酸型葉酸との違いを徹底解説!

巷にあふれている葉酸サプリ。

あなたは何を基準に選んでいますか?

・葉酸の含有量?

・または、葉酸+豊富な栄養素が配合されているか?

でしょうか?

添加物一切不使用の天然葉酸がマストでしょうか?

何を基準に選んだらいいのかがそもそも曖昧で、評判の良し悪しで決めてしまっている人も多いと思います。

そこで今回は、葉酸を摂るにあたってよく比較されるモノグルタミン酸型葉酸と、ポリグルタミン酸型葉酸との違いについてなど、色々な角度で見ていきたいと思います。

モノグルタミン酸型葉酸って?

本来の定義は、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸、いわゆる「天然葉酸」が体に吸収されるときに酵素で分解された「合成葉酸」のことを指します。

分かりやすく解説すると、

天然葉酸 → 分解 → モノグルタミン酸型葉酸 → 体内に吸収

という図式になります。

一般的に葉酸サプリに多く使われているモノグルタミン酸型葉酸は、化学的に合成された「合成葉酸」のことを指します。

もっと細かく見ていくと、合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸は2種類に分かれます。

・食品から抽出された葉酸

野菜、果物、酵母などの食品が原料に使われており、抽出するのに手間とコストがかかるため、値段が高くなる。

・化学合成葉酸

石油や化学物質を原料にして、添加物で生成されたもの。

手間もコストもかからないため、値段も安く提供できる。

ポリグルタミン酸型葉酸との違い

それでは、モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン葉酸の違いについてご紹介しましょう。

モノグルタミン酸型(合成葉酸)の特徴

・味やニオイが少ない

・低価格

・体内吸収率が80~85%、安定している

・厚生労働省が推奨している葉酸

・原材料名に「葉酸」「葉酸含有酵母」の記載あり

・人工的に作られた葉酸

・サプリの粒が小さく飲みやすい

・1日の推奨量を確実に摂れる

・胎児の先天性異常リスク低下の効果に科学的証拠がある

ポリグルタミン酸型(天然葉酸)の特徴

・味やニオイがある

・水に溶けやすく熱に弱い

・価格が高い

・体に優しい

・体内吸収率が30~50%で不安定

・原材料名に「葉酸」の表記がなくわかりにくい

・食物アレルギーのある人には向かない

・サプリの粒が大きく飲みにくい

・1日の推奨量を確実に摂れる可能性は低い

・胎児の先天性異常リスク低下への効果に科学的証拠がほとんどない

それぞれの葉酸について特徴を上げてみました。

これを見ると、安易にモノグルタミン酸型葉酸は合成されているので良くない、

ポリグルタミン酸型葉酸は天然なのでいい、とは言い切れないことが分かりますね。

厚生労働省が推奨しているのはどっちの葉酸?

答えは、モノグルタミン酸型葉酸、すなわち、「合成葉酸」のことです。

厚生労働省は、1日400μgの葉酸をモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)のサプリで補うことを推奨しています。

多くの葉酸サプリの公式サイトや口コミサイトでは、この「1日400μgの葉酸摂取」だけがひとり歩きしているのが現状です。

「合成葉酸」と「天然葉酸」の終わりなき戦いを解決するには、体内吸収率を比較すると一目瞭然です。

合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸の体内吸収率は80~85%と大変高く、安定しています。

それに対して、天然葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は30~50%以下と大変不安定で低いことが分かりますね。

葉酸サプリを摂るうえで大切なのは、「天然葉酸」か「合成葉酸」か、ということよりも、「1日の必要量を摂取できるか」ということ!

非妊娠時と妊娠時の1日の葉酸摂取量について

ここで改めて、妊娠時とそれ以外の葉酸摂取推奨量をチェックしてみましょう。

妊活中 → 400μg

妊娠中 → 480μg

授乳中 → 340μg

通常時 → 240μg

となります。

厚生労働省が推奨しているのは、「妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月目までの間にモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を摂取すること」です。

ポリグルタミン酸型葉酸の吸収率を数値化してみると…

厚生労働省が推奨している1日400μgを実際に食事(天然葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸)でとった場合、調理の段階で50%以下に減るとすると200μg以下になります。

体内に吸収するときに分解されてさらに50%以下に減るので100μg以下。

最終的に体が吸収できるのは100μg以下となってしまいます。

吸収率は、食品や調理の方法によって変わるため、必ずしもこの100μgが吸収されるとは限らないのです。

80μgだったり、50μgだったりします。

たとえ毎日1日400μgをしっかり摂っていても、全く意味が無いですよね。

念のため、モノグルタミン酸型である合成葉酸でも、同じように数値化してみましょう。

合成葉酸はすでに体に吸収できる形になっています。

1日400μgを摂取して、体内で80~85%しか吸収できないとしても、質が安定しているため320~340μgを吸収できることになります。

サプリで摂取するので、調理の必要はないですよね。

体に吸収できる形になっているということは、分解する際に減らないとも言えます。

分かりやすく比べてみると、同じように1日400μgを摂取した場合、

ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸) → 80μg以下を体内で吸収

モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸) → 320μg以上を体内で吸収

となります。

どうでしょうか?

ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)で摂取することほど非効率なことはありませんよね?

この吸収率をきちんと把握しているかが、葉酸をきちんと摂れているか否かの分かれ道になってしまうのです。

化学合成された葉酸は危険?

モノグルタミン酸型葉酸には、「食品から抽出された葉酸」と「化学合成された葉酸」の2種類があることを前述しました。

食品から抽出されて体内に吸収しやすく合成された葉酸の場合、原料が食品由来なので、特にひっかかる点はないかと思います。

ただし、化学合成された葉酸には、石油や化学物質を添加物で生成されている、と書きました。

ここでアレルギー反応を起こす人が大多数だと思います。

なぜなら、「石油や化学物質」が原料だから、ではないでしょうか?

正しく解釈するには、まずアレルギー反応を横に置いてみましょう。

石油は本来口にするものではないから体に悪い!なんて思いがちですね。

でも、石油は本来、地球に存在している天然の資源であることを思い出してください。

この石油から化学的に合成・抽出しているものと、微生物が抽出しているもの、どちらも抽出したものは「葉酸」です。

「石油・化学物質=葉酸」ではありません。

それでも抵抗のある人にあえて言いますが、薬やビタミン剤、食品中にも石油由来の化学合成成分が含まれているものは沢山あります。

それらの中身をチェックしきれていますか?

一切口にせずに生活しているという自信はありますか?

薬を一度も飲んだことがない人はほとんどいませんよね。

赤ちゃんから現在まで、完全無添加のものしか口にしたことがない人はほんの一握りの人でしょう。

胎児の神経管閉鎖障害リスクについて

葉酸サプリの公式サイトでよく目にする、胎児の神経管閉鎖障害リスク。

この先天性障害を低下させるためには葉酸が必要なことは言うまでもありませんね。

再度、リスク低下の重要性を確認するためにも、葉酸がいつ必要とされるのかをおさらいしてみましょう。

妊娠初期の4~7週目にかけて、胎児の神経管(脳や脊髄)の形成と成長に葉酸が多く使われます。

この時期に母体の葉酸が不足していると、胎児の脳梁(のうりょう)、無脳症、二分脊椎症などを発症するリスクが上がってしまいます。

なぜ、厚生労働省はわざわざ妊娠1ヶ月前~妊娠3ヵ月目までに葉酸サプリからモノグルタミン酸型葉酸の摂取を勧めているのか?

それは、大半の女性が妊娠に気が付くのが4週目以降であることが多いため。

妊娠が発覚してから急いで葉酸不足を解消しようとしても、体内の濃度が一気に上がることはなく、リスクも瞬時に軽減されるわけではないのです。

このことから、厚生労働省や多くの葉酸サプリメーカーでは、妊活中からモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しているのです。

葉酸サプリを購入する前に役立つ関連記事

関連葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方

まとめ

以上、モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸についてご紹介してみました。

大半の情報は妊娠中の女性であれば認識している情報だと思います。

ですが、今一度、モノグルタミン酸型葉酸を摂取することの重要性を理解していただけたらと思います。

サプリは薬ではなく、あくまで栄養補助食品ですが、「無添加」であること、「天然」であることだけが必ずしもいいわけではありません。

葉酸サプリメーカーのうたい文句や口コミに振り回されるのではなく、自分で正しい情報を取捨選択し、自分に合った葉酸を摂取できるようにすることが理想です。

お腹の赤ちゃんとご自身のためにも、是非、正しい知識を身に付けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


妊婦さんに聞いた!妊活中・妊娠中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2017年12月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

【1位】ララリパブリック ユーザー評価の平均

ララリパブリックは世界3か国の人気ランキングが1位の自他とも認める人気葉酸サプリです。

価格も通常・定期ともに比較的に安く、配合成分も妊活中・妊娠中・産後のすべての期間において、大活躍できる葉酸サプリです。

厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」葉酸がきっちり配合されているのはもちろんのこと、無添加でその他デリケートな時期で必要なカルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、安心して飲み続けることができます。

公式サイトララリパブリックの公式サイトをチェック

【2位】プレミン葉酸サプリ ユーザー評価の平均

プレミン葉酸サプリは全成分・含有量を開示している唯一の葉酸サプリです。

その信頼性・安全性から多くの妊活中~妊娠中の方から支持されております。

またその証明に製造工場がGMP認証の審査基準が一つの指標になっていましたが、プレミン葉酸サプリに関してはGMP認証より厳しいNSF GMP認証工場で製造されております。

どこよりも妊活から出産までの女性のことを思った安全性に追及している葉酸サプリなので、支持されるわけですね。

公式サイトプレミン葉酸サプリの公式サイトをチェック

【3位】ベルタ葉酸サプリ ユーザー評価の平均

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-葉酸サプリ, 葉酸の知識

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.