妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中 産後・授乳期

ごぼう茶の妊婦や産後への効果・効能!母乳に良い?副作用はある?

投稿日:

ごぼう茶の妊婦や産後への効果・効能!母乳にいい?副作用はある?

妊娠中や産後のママにおすすめのお茶やハーブティーは色々あります。

ルイボスティーや麦茶、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーなどたくさんのお茶やハーブティーが紹介されていますよね。

その中でも、妊娠中や授乳中にも良いとされるごぼう茶を今回はご紹介してみましょう。

一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

ごぼう茶の概要と期待できる効果

まず、ごぼう茶とはどのようなものなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

ごぼう茶はどんなお茶?

ごぼう茶はノンカロリー、ノンカフェインの栄養豊富なお茶。

ごぼう茶に含まれるサポニンは抗酸化作用が高く、血管を強くして血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また

・免疫力アップ

・滋養強壮

・動脈硬化予防

としての効果も期待ができます。

イヌリンは代謝機能を促進し、利尿作用もあるため、冷えやむくみを改善してくれます。

水溶性食物繊維も含まれるため、便に水分を与えて柔らかくしてくれ、善玉菌のエサにもなるので、便秘解消効果や血糖値を正常化してくれます。

さらに香りによるリラックス効果もあるので、ストレス緩和にはとてもいいです。

その他にも、皮脂分泌のコントロール効果や、メラニン除去、肌荒れ予防。

また、タンニンには毛穴を引き締める効果、クロロゲン酸には脂肪燃焼効果もあります。

ごぼう茶の妊婦・産後ママへの効果

上記以外にも、以下のような効果があります。

・妊娠中や出産後のむくみや便秘改善

・乳腺炎予防

妊娠中は血流が一気にアップしますが、お腹が大きくなるにつれて腸を圧迫し、便秘やむくみを引き起こしやすくなります。

また、出産後は妊娠中に増えていた血液量が一気に低下し、ホルモンバランスも乱れてしまうため、むくみや便秘はさらに悪化してしまいがちに。

ママが塩分や脂肪分の多い食生活を送っていると、当然血液はドロドロになります。

母乳はママの血液からできており、母乳もドロドロになって質も落ち、まずくなってしまいます。

乳管が詰まりやすくなって乳腺炎を発症する原因になります。

これらの症状のほとんどをごぼう茶は軽減してくれる飲み物なんです。

血行促進効果や便秘解消効果があることはもちろん、乳管を広げて乳腺の詰まりを解消してくれるうえに、母乳をサラサラで栄養たっぷりのおいしい味にしてくれる効果も!

ママだけでなく、赤ちゃんにも嬉しい効果があるので、妊娠中や授乳中は是非飲んでいただきたいお茶です。

ノンカロリー、ノンカフェインなので安心して飲めるのもポイントです。

なぜ妊娠中や出産後は体の不調がひどくなるの?

代表的な体の不調は以下の3つです。

むくみ

妊娠中は赤ちゃんの成長と同時にお腹も大きく、重たくなり、ママと赤ちゃんの二人分の血液や水分を体に溜め込んでいます。

妊娠中の多少のむくみは避けられないもの。

出産後は前述したように、体内の血液量と水分が一気に低下してホルモンバランスが乱れることからパンパンにむくんでしまう人が多いようです。

便秘

妊娠すると、生理前と同様にプロゲステロンが分泌され、胃や腸の筋肉の働きを抑えて妊娠を継続するように働きます。

また、つわりや食事の嗜好が変わるため、消化力が弱まってしまうことも原因となります。

臨月に近づくにつれて腸は子宮に圧迫されて背中の方に移動していき、便も移動しにくくなって便の水分が少なくなり、腸の中に留まりやすくなってしまうのです。

さらに出産後はプロゲステロン・エストロゲン共に分泌量が急降下し、血行不良も関係してより便秘が酷くなってしまいます。

冷え

冷えもプロゲステロンが関係しています。

便秘と同様、冷えやすい状態になっています。

また、妊娠中は非妊娠時と比べてどうしても運動量は低下してしまいます。

運動量が低下すると必然的に筋肉量も減ってしまい、冷えやすくなるため。

妊娠という普段とは違う体の変化で単純に血行が悪くなるだけでなく、ストレスがかかって自律神経も乱れてしまうと、血管も収縮してさらに血流が悪くなります。

ごぼう茶の副作用は?

ごぼう茶について調べてみると必ず出てくるのが、ごぼう茶による子宮収縮作用のリスクというもの。

子宮収縮作用のリスクと言われてしまうと、特に妊娠中の女性は敏感に反応してしまうと思います。

本来、ごぼう茶に使用されているのは根の部分です。

子宮収縮作用のリスクがあるのは、ごぼうの種子である「牛蒡子(ごぼうし)」の部分。

「牛蒡子」は主に漢方で処方されることがありますが、ごぼう茶は皆さんが普段よく口にする通常のごぼう(根)の部分を干して乾燥させたものを煮出しています。

冷静に考えればご理解いただけるように、ごぼう茶=子宮収縮作用のリスクと安易に結びつけるのはあまり良くありません。

ただし、キク科のアレルギーのある方、秋に花粉症の症状が出る人は避けましょう。

アレルギーでない人も、まれに体質に合わない人がいるので、少しずつ飲んで体調が悪くならないようであれば、続けて飲んでみましょう。

どんなに問題がなくても、極端に飲みすぎないようにすることは大切です。

お腹がゆるくなったり、腹痛や胃痛、吐き気を招く原因にもなります。

1日2~3杯を目安に飲むと安心です。

自分で手作りするものは問題ありませんが、妊娠中の方が市販のごぼう茶を飲む場合は、「牛蒡子」が入っていないかを必ずチェックし、入っているものは避けましょう。

飲んで不調が出るようであれば、すぐに中止すること。

心配な方は事前に主治医または薬剤師に相談してから試してみましょう。

自宅でのごぼう茶の作り方

それではここで、ごぼう茶の作り方をご紹介してみましょう。

①:ごぼうの泥を水で洗い流します。

②:ピーラーで皮ごとささがきにします。

③:ごぼうを半日ほど天日干し(電子レンジで水分をとばしても可)してパリパリになるまで乾燥させます。

④:フライパンで弱火で10分ほど乾煎りします。こげ茶色になってさらにパリパリになったら、冷まします。

⑤:④を水に入れて沸騰させて煮出すとごぼう茶が完成。

是非一度、作ってみてはいかがでしょうか?

ごぼう茶の効果を実感した妊娠中・授乳中の女性の口コミ

産後・授乳中のママ

たまたまなのか、やはりごぼう茶を飲むようになってから乳腺炎になることは無くなりました。

乳腺炎はほんとに辛いので、試す価値はあります。特にこの商品は味がマイルドでおいしいです。おまけにお通じも良くなりました。一石二鳥です。

産後・授乳中のママ

ごぼう茶は初めて飲みましたがすごく飲みやすかったです。ちょっと土臭い感じでごぼうの味がしっかりしています。

母乳をサラサラにしてくれると聞いたので母乳の為に毎日飲んでいます。子どもとおっぱいのつまり防止の為に飲み続けていますが、心なしか便秘も改善された気がします。

美味しく飲めて身体にもいいので授乳中のママにもオススメです。

妊娠中の女性

妊娠中なので、ノンカフェインの飲み物を探していて出会いました。

香ばしくて香りもよく、味もくせがなくて飲みやすいです。

煮出した後のごぼうも美味しくて大変満足しました。

お通じが良くなった、乳腺炎予防のため、肌がきれいになった、という声が多数。

好みは分かれますが、飲み続けている人は味や香りも良いと好評価な意見が多いです。

おいしいお茶で体の不調解消されるのであれば、取り入れないと損ですね!

まとめ

以上、ごぼう茶についてご紹介してみました。

妊娠・出産は女性にとって非常にストレスのかかるもの。

ある程度の不調は逃れることはできませんが、大切な赤ちゃんのためにも、極力不調を和らげたいですよね。

普段の生活の中で不調を緩和できるよう少しずつ改善し、ごぼう茶でサポートしてみるのがオススメです。

せっかくのマタニティライフを少しでも快適に過ごすためにも、ごぼう茶の効果を試してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊娠中, 産後・授乳期

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.