妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

不妊

不妊と漢方の関係。飲むメリットと失敗しない買い方

投稿日:

不妊と漢方の関係。飲むメリットと失敗しない買い方

不妊と漢方の関係が、実はいいことをご存知でしょうか。

漢方は「悪いところをピンポイントで治す薬」というよりも「体が持つ本来の力を引き出す薬」です。

不妊治療では、卵子が育つのを助ける薬を飲んだり、排卵を起こす注射を打ったりして、体を妊娠する方向へ連れて行きます。

一方、漢方は飲み続けることにより冷え性を改善したりホルモンバランスを整えたりして、体が妊娠しやすくなる環境を作ります。

不妊治療で妊娠率を高めることはできますが、質のよい卵子を作り、お腹の中で赤ちゃんを育てていくのは母親の体です。

漢方を飲めば、もともと持っている体のエネルギーを高め、自然と妊娠しやすい体質へ近づけていってくれます。

「冷え性はよくないと知っているけどなかなか治らない」

「体質改善したいけれどこれ以上、ケミカルな薬やサプリを増やしていいか心配」

漢方はそんな人に向いています。

ただ自然のイメージが強い漢方ですが、合わないものを飲むと副作用がでることも。

またほかの薬との飲み合わせにも気をつけなければいけません。

今回は、妊活や不妊治療に漢方をどのように取り入れたらいいのか、自分に合う漢方の買い方もご紹介します。

漢方と普通の薬の違い

漢方と普通の薬の違い

自然界にある天然の生薬(しょうやく)から作られる漢方と、病院でお医者さんから処方される一般的なお薬。

この2つ、違うのは原料だけではありません。

漢方は中国を起源とする東洋医学のお薬で、飲むことにより体の調子を整え、病気になりにくい体質に改善します。

病院で薬を出すほどではない「冷え性」や「貧血」、「軽い頭痛」などの小さな症状にも効果があります。

ささいな体のサインを読み取り、原因を取り除くことで病気を防ぐ役割もあります。

一方、病院ではっきり診断が出る病気には、西洋医学にのっとった治療や手術がおこなわれます。

西洋医学の薬はふつう「1つの症状に1つの薬」です。

風邪をひいて発熱と鼻水、さらに咳が出るとき、病院では

・解熱剤

・鼻の薬

・咳止め

と3種類の薬が処方されることが多いです。

反対に漢方はさまざまな症状のもとになる原因を探ることで、1つの薬で複数の症状を改善させることも可能です。

漢方は体の自然な力を引き出す

西洋医学の薬を飲むと体内の病原菌に直接作用し、病気を治します。

漢方は薬自体が病原菌と戦うというよりも、薬の効果で体の調子を整え、抵抗力を上げることで病気に負けない体を作ります。

さらに漢方には「体と心はつながっている」という考え方があります。

体の不調は心に関係し、また心の不調も体に関係してくる、というものです。

漢方は心と体の調和がとれた状態を目指します。飲み続けることで長く健康でいられる状態へ導くのです。

不妊治療と漢方との関係

不妊治療と漢方との関係

西洋医学と東洋医学の考え方を不妊治療にも当てはめると、それぞれに違った役割があります。

<西洋医学でできる不妊治療の例>

・検査をして妊娠しにくい原因を探す

・妊娠の妨げとなる性感染症や婦人科系の病気を治す

・排卵誘発剤を使い卵子を育てる


・人工授精や体外受精をおこなう


・薬で子宮内膜を妊娠しやすい状態に整える

 

<東洋医学でできる不妊治療の例>

・カウンセリングをおこない、妊娠しにくい原因を探す

・個人の体質に合わせた漢方で、冷え性や月経不順を改善する


・体の気、水、血のめぐりを良くし、生命力に満ちた体に戻す


・生活習慣改善のアドバイスもする


・カウンセリングを続けることでより個人に合った薬が処方できる

西洋医学が「同じ症状が出る人には同じ治療を」という考え方なのに対し、漢方は「同じ症状でも体質や環境により原因は千差万別。ひとりひとりに合った改善策を提案する」という考え方です。

西洋医学では検査結果を重視した治療が行われますが、東洋医学では検査には現れない微妙な自覚症状も重視します。

たとえばなんとなく体がだるい、めまいがする、と病院で血液検査を受けたとします。

その際、悪い結果が出なければ「様子を見ましょう。ゆっくり休むようにしてください」というのが西洋医学です。

一方、東洋医学はなぜその症状が起こるかという原因を考えた上で薬の処方や、生活習慣のアドバイスをしていきます。

どちらがいいということは言えません。

漢方でいくら体質改善ができるといっても、検査で子宮内膜症になっていることがわかったら、西洋医学の力で速やかに治す必要があります。

病気が明らかになってから対策を打つのが西洋の薬、病気になる前に体を整えられるのが漢方。

漢方で風邪などの病気が治ることありますが、同じ薬といっても西洋医学とは根本的に役割が違います。

両方の特徴を知り、自分に合った方法を探してください。

もしすでに病院で薬を処方されている場合は、漢方と併用できないものもあるので必ずお医者さんに相談してくださいね。

不妊の原因がわからなくても取り入れられるのが漢方

不妊の原因がわからなくても取り入れられるのが漢方

不妊治療のクリニックへ行くと、まずはじめに「不妊検査」と呼ばれる検査を受けます。

子宮の病気や性感染症にかかっていないか、卵巣はきちんと働いているかなどを調べます。

男性も精液や血液を調べることで「男性不妊」になっていないかがわかります。

しかし中には、不妊の原因が特に見当たらない「機能性不妊」の人も多くいます。

現代の医学では解明できない不妊の原因がまだまだあるのです。

機能性不妊は治療で原因を改善していくということができないため、排卵のタイミングをはかったり、人工授精から体外受精へステップアップしたりという一般的な不妊治療を進めることになります。

もちろんそれで妊娠できることもありますので、有効な手段です。

ただ人工授精や体外受精には保険がきかないため、「まだそこまで進む気になれない」と躊躇(ちゅうちょ)してしまうことがあります。

その場合も、漢方ではいろんなことが試せます。

どんなに検査結果が良好な人でも、生活のストレスや女性特有の不調に悩まされていることが少なくありません。

漢方は原因がはっきりわからない不調でも、整えていける力があります。

漢方にも副作用がある

漢方にも副作用がある

漢方は自然界の植物や動物、時には鉱物も原料として使います。

自然物が原料と聞くと体に良さそうですが、体質に合わない薬を飲むと食欲不振やむかつきなどの副作用が出ることがあります。

激しい副作用は出にくいですが、漢方を飲むことにより不調を感じたら、あなたに合っていない可能性があるので専門家に相談してください。

ただし、漢方の飲み始め数週間~2か月ぐらいの間に瞑眩(めんげん)と呼ばれる、副作用に似た反応が出ることがあります。

これは体が悪いものを排出するために起こる好転反応で、一時的に眠気や吐き気、体のだるさなどが現れます。

体の不調が瞑眩だった場合は時期を過ぎれば調子が良くなっていきます。

自己判断で飲むのをやめたりせず、まずは専門家に相談してください。

初めて飲む漢方なら、購入時に副作用についてよく聞いておくことも大切です。

どこで買ったらいいの?保険は?

どこで買ったらいいの?保険は?

試しに漢方を飲んでみたいから、薬局で適当なのを買おう。ネットで探してみよう。

そう思うなら、ちょっと待ってください。

ご説明してきたように、漢方は個人の体質や環境に合わせた「個別の処方」がカギとなります。

今まで続けてきた薬があるなら薬局やネットで買うのもいいですが、まったく初めての場合や飲む目的が変わっている場合は、以下の場所で購入するようにしてください。

・漢方の専門医がいる病院

・漢方に特化した薬局


・漢方専門店

保険で漢方が買えるのは病院です。

でも、すべてのお医者さんが漢方に詳しいわけではありません。

同様に、薬局で薬剤師さんに「漢方が飲みたい」と言えば買えますが、専門的に勉強した人の方が適切な処方をしてくれます。

また漢方専門店ではひとりひとりに丁寧なカウンセリングをしてくれ、長期的なケアも受けられます。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

保険で買えるのが魅力、専門医のいる病院

漢方は保険なしで買うと、毎月1万円前後かかります。内容によってはそれ以上になることも。

お金をかけずにどんなものか試してみたい人や、漢方の購入と一緒にお医者さんの検査も受けたいという人はまず病院へ行きましょう。

ただし漢方が目的であるならば、専門医のいる病院を選ぶべきです。

医療の世界は細かい専門分野があるため、不妊治療で評判の先生が漢方にも詳しいかというと、そうとは言い切れません。

漢方に特化した病院はこちらのサイトから検索できます。

漢方のお医者さん探し

自分の住んでいる地域の病院を探すだけでなく、診療科目を絞って婦人科のお医者さんだけを見つけることも可能です。

近所の病院が見つかったら、ぜひそこの公式ホームページも見てみてください。

ホームページで漢方について触れられていない場合は、今はそこまで漢方に力を入れていないかもしれません。

反対に、漢方の基礎知識やどんな症状にきくかなどを詳しく説明しているものもあります。

漢方で評判の病院は予約がとりづらかったり、忙しいあまり診察時間が短いことも考えられます。

漢方はその場で薬を出してもらって終わり、というものではありません。続けたいけど病院に通うのが難しそうと思うなら、ほかの購入方法を考えた方がいいでしょう。

全国にある漢方薬局の見つけ方

漢方は古くから日本の医療に根付いているため、全国の薬局でも取り扱っているところは多数あります。

ふだんはドラッグストアに行く人も、近所に「漢方」と大きく書かれている薬局を見たことがあるのではないでしょうか。

小さな薬局だと男性スタッフしかいなかったり、不妊について相談しづらいのではないか…と心配になりますよね。

そんな時は全国の漢方薬局が検索できるこちらのサイトがおすすめです。

漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com

このサイトの便利なところはその情報量の多さです。

各薬局の営業時間や雰囲気がわかる写真、女性スタッフがいるか、来店予約ができるかもひと目でわかるようになっています。

さらにその薬局で相談の多い症状・分野も書かれているので、不妊相談をよく受けている薬局が探しやすいです。

医師による漢方に関するコラムも多く掲載されており、一度目を通しておいて損はないですよ。

リラックスした雰囲気でじっくり相談ができる漢方専門店

初めて漢方を購入する人におすすめの場所として、病院、薬局のほかに漢方専門店があります。

薬局に比べると数は多くないですが、例として北海道から九州まで店舗があるこちらのお店をご紹介します。

漢方・漢方薬の薬日本堂

薬局よりも広々として落ち着いた雰囲気のなかで、漢方販売の資格がある女性カウンセラーにじっくり相談することができます。

カウンセリングを受けて「自分に合わないな」と感じたら無理に購入する必要はありません。

反対に「この人は話しやすい」と思えるカウンセラーがいたら専任でついてもらえます。

同じカウンセラーに長く相談を続けることで、より体質に合う薬が見つけられるようになります。

いい漢方に出会えるかはいい相談相手に出会えるかにかかっている

漢方は心と体の問題双方に働きかけるため、購入時のカウンセリングでは体だけでなく心の不調も相談した方が、自分に合う薬を見つけやすくなります。

しかし見ず知らずの相手に不妊という繊細な問題を話すのは勇気がいりますよね。

どんなに有名なお医者さんでも、親切なカウンセラーであっても、「ちょっと話が合わないな」と感じたら、相談相手を変えた方がいいかもしれません。

本当に合う漢方を見つけるためには、飲んで「合わない」と思ったら正直にそう伝えることも大切です。

ストレスがあると体の不調を引き起こしやすいですから、ささいなことでも相談し、その時の心の状態に合わせた処方をしてもらいましょう。

「せっかくすすめられた薬を合わないなんて言えない」とか「こんな小さな悩みを相談するのは恥ずかしい」と遠慮してしまう相手だと、うまくカウンセリングが進みません。

今後長く漢方を利用することを考えて、病院、薬局、お店問わず相談しやすい相手から購入するようにしてください。

漢方を買うときに必ず伝えるべきこと

漢方を買うときに必ず伝えるべきこと

「漢方と西洋医学の薬は役割が違う」

「漢方は自然のものからできている」

そういったイメージから、「漢方はどんな薬と一緒に飲んでも大丈夫」と思ってしまうのは大間違いです。

漢方は副作用が出ることもある、薬です。

病院で診察を受けるとき、今薬を服用しているかを必ず聞かれますよね。

薬の中には併用してはいけないものや、併用することによってお互いの効果を打ち消してしまうものもあるからです。

治療を受けている病院以外で漢方を処方してもらう場合は、必ず進行中の治療や飲んでいる薬について伝えてください。

漢方を飲みながら新しい治療を始める場合も同様です。

お医者さんに「今こんな漢方を飲んでいる」と言いましょう。

漢方はサプリや健康食品ではなく、薬です。

間違った使い方を避けるためにも、自己判断はしないようにしてください。

なんのために漢方を飲むかを見失ってはいけない

なんのために漢方を飲むかを見失ってはいけない

不妊における漢方の効果は、体外受精のようにすぐに結果が出るものではありません。

飲み続けることで、西洋医学ではカバーしきれない病気以前の不調の改善や、弱った体の生命力を取り戻すことができます。

不妊治療も漢方も、基本の考えは「体がもともと持っている、妊娠する力を引き上げる」というもの。

ストレスで睡眠不足、食生活がかたより栄養が足りていない、お酒やタバコの量が多い…。

こんな生活を続けていては、漢方で引き出されるべき「体の持つエネルギー」がマイナス状態であるため、効果が期待できません。

何もないところからプラスに転じることはできないのです。

「体質改善のために漢方を飲もう」と思うなら、その効果が2倍にも3倍にもなるように、自ら生活習慣を改善する努力をしましょう。

「漢方を飲んでいるから不規則な生活をしても大丈夫」という考え方はやめた方がいいです。

治療も薬もサプリもすべて、あなたの体を手助けするものに過ぎません。

本人ががんばらなければ、どんなに優秀なサポーターを集めたところで、結果は出せないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-不妊

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 AllRights Reserved.