妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

不妊

不妊治療の費用はこんなに高い!助成制度についても知っておこう

更新日:

不妊治療の費用はこんなに高い!助成制度についても知っておこう

不妊治療は保険がきかないものが多く、思ったよりお金がかかります。

具体的な金額を見てみましょう。

・不妊検査(ホルモン、クラミジア、卵胞検査など)
→2万~3万円(一部保険適用あり)

・超音波検査(排卵時期を予測するエコーなど)
→1500~6000円(一部保険適用あり)

・AMH検査(卵子のもとの数を調べる血液検査)
→5000~1万円(保険適用なし)

・タイミング法 (排卵日を予測し妊娠しやすくする)
→5000円前後(一部保険適用あり)

・人工授精(精子を取り出し管で子宮へ入れる)
→約2万円(保険適用なし)

・体外受精(卵子を取り出し精子と出会わせる)
→20万円~(保険適用なし)

・顕微授精(取り出した卵子に精子を注入する)
→20万円~(保険適用なし)

すべて1回あたりの値段です。

1度で成功し妊娠できればいいですが、何度も治療を繰り返すことになれば、その分料金もかかります。

またここに示したのはおおよその最低料金ですので、治療前の検査や取り出した卵子の数、状態によりさらに高くなっていきます。

とても気軽に払える値段ではありませんよね。

しかも不妊治療を受けたからといって、確実に妊娠できるとは限りません。

では一体何歳で、どのぐらい妊娠しなければ治療を受けた方がいいのでしょうか。

今回は不妊治療を受けるべきタイミングや不妊外来の選び方、またぜひ利用して欲しい「不妊治療費助成制度」についてもご紹介します。

1年妊娠しなかったら不妊外来へ

1年妊娠しなかったら不妊外来へ

「避妊しないで1年~2年の間に妊娠しなければ不妊」と言われますが、30代以上の女性は1年妊娠しなければ検査した方がいいでしょう。

特に以下の条件に当てはまる人は、20代でも受診を検討してください。

・生理不順、または無月経である
・母親が妊娠しにくい体質だった
・婦人科系の病気にかかったことがある

一般的に妊娠しにくくなるのは35歳以上と思われていますが、妊娠しやすさには個人差があります。

また年齢を重ねるほど卵巣の機能が低下し、卵子の質も落ちていきます。

妊娠を望んでいるのになかなかできないと感じたら、まず自分の妊娠力を知る検査だけでも受けておいた方が、後の対策が立てやすくなります。

不妊検査で妊娠しにくい理由を知る

不妊外来へ行くと、まず不妊検査と呼ばれるさまざまな検査を受けます。

今のあなたの状態によって検査内容は変わりますが、主に以下のような内容です。

・血液検査でホルモンの状態や性感染症の有無を調べる
・超音波検査(エコー)で卵巣の機能や子宮の病気がないか調べる
・AMH検査で卵巣の中に残っている卵子のもとの数を調べる
・受精卵を運ぶ卵管が詰まっていないかレントゲンや超音波検査で調べる

特に性感染症や子宮の病気があると、それが障害となり妊娠できません。

自覚症状がない病気もあり、不妊検査で初めてわかった場合、妊娠より先に完治させることが必要になります。

薬ですぐに治る病気もありますが、中には数ヶ月~1年かかるものもあります。

性感染症や婦人科系の病気の検査は、不妊治療を考える前から定期的に受けておいてください。

男性向けの検査の内容

せっかく不妊外来へ行くなら、できる限り夫婦で検査を受けることをおすすめします。

男性が受ける検査は女性のように多くはなく、精液検査と血液検査ぐらいです。

料金も、保険が適用されなかったとしても1万円以下でおさまるでしょう。

男性の精子に問題があった場合、人工授精や体外受精により妊娠の確率を上げることができます。

いくら女性だけが、がんばって検査を受けたり治療したりしても、男性側の原因が大きい場合ムダな時間がかかってしまうことになります。

しかし不妊治療に参加することに抵抗がある男性も少なくありません。

その理由はこんな感じです。

・男性にも不妊の原因があるという知識がない
・女性の年齢によって妊娠しづらくなるという危機感が薄い
・不妊外来は女性ばかりなので行きたくない
・精液検査に対する抵抗が強い

まず大きいのは知識不足の問題です。

これは今の日本の性教育が足りていないことが原因なので、男性が妊娠や不妊についてよく知らなくても仕方ありません。

ふだんから夫婦で会話の機会を持ち、一気にではなく少しずつ情報共有していくことが大切です。

不妊治療だけでなく、妊娠中や子育てにおいても夫婦の協力は不可欠です。

お互い仕事が忙しいとついつい話すのが面倒になってしまいますが、スタートから足並みが揃えられるよう、コミュニケーションの時間を大切にしてください。

精液検査は家でとった精子でもできる

男性にとって抵抗が大きい精液検査。

実は自宅でとった精液でも、数時間以内にクリニックに持っていけば検査できます。

その場合は女性が持ち込んでもOKですが、男性がいないと保険適用にならない病院もあります。

それでも検査代は1000円程度です。

精液検査は、精子の数がじゅうぶんあるか、また子宮を通って卵子にたどり着く元気があるのかを調べる大切な検査です。

しかし男性にとってはプライベートな部分を見られるような恥ずかしさがあり、また急かされたり強制されるとうまく射精できなかったりします。

早く結果が知りたくて焦ってしまう気持ちもわかりますが、パートナーにプレッシャーを与えない配慮が必要です。

不妊外来の探し方

不妊外来の探し方

不妊外来は産婦人科と同じ病院にあることもあれば、不妊治療だけを専門におこなっているところもあります。

すでにかかりつけの婦人科がある場合はそこで相談するのがいいかもしれません。

そうでなければネットで探すとこが多いと思いますが、有名なところやクチコミがいいところは予約が難しく、受付で数時間待ちだったりとなかなかハードです。

不妊の問題はなかなか表に現れてきませんが、今や体外受精を経て生まれた子供の数は24人に1人、それだけ治療を受けている夫婦が多いということです。(参照元:日本産科婦人科学会「ARTデータブック2013年」

そのため、不妊治療のクリニックも数多くあります。

その中からどうやって選べばいいのか、ポイントをお伝えします。

家や職場から通いやすい立地や診療時間

女性は月経周期に合わせて検査や治療をおこなうため、1ヶ月の間に何度も通わなければいけなかったり、排卵に合わせて急に「また3日後に来てください」と言われたりします。

そうなるといくら有名できれいなクリニックでも、家や職場から遠いところは現実的に通えません。

また診療時間が仕事時間に丸かぶりだと、通院のたびに仕事を早退したり休んだりする必要があります。

職場に不妊治療のことを言いづらく、ウソをついて休むことがストレスになる人もいます。

もし通えそうになければ無理をせず、治療の途中でもクリニックを変えてください。

新しいところに検査結果を引き継げる場合もあります。

産婦人科は妊婦さんが多い

不妊治療のために産婦人科に通う場合、待合室で妊婦さんやほかの乳児を見る機会があります。

クリニックによっては不妊外来の待合室が別になっているところもありますが、そうでないところも多いです。

不妊治療が長引くと、妊婦さんや赤ちゃんを見るとストレスに感じることがあります。

ちょっと精神的にきつそうだと思ったら、不妊治療専門のクリニックを選んだ方がいいでしょう。

公式サイトは必ず見よう

不妊治療になんとなくのイメージはあっても、実際どんなことをするのか、どのぐらいのお金がかかるのか、不安はつきませんよね。

そんな時にぜひ参考にしてほしいのが、クリニックの公式ホームページです。

多くのクリニックが、検査や治療の方法、それにかかる料金を細かく掲載しています。

また女性の治療の年齢制限を設けているところや、体外受精に力を入れているところ、自然妊娠を重視しているところなどクリニックによる治療方針の違いもわかります。

選択肢が多すぎて迷う場合は公式サイトやブログに目を通して、考え方が一番合いそうなところに行ってみるといいでしょう。

先生が合わなければほかを探そう

不妊治療のクリニックだからと言って、すべての医師や看護師が不妊の人の気持ちに理解があるとは言えません。

治療中はささいな一言で落ち込んだり、ストレスがたまることも多いです。

クリニックの先生が合わなかったり、治療方針に疑問を感じたらほかを探しましょう。

不妊治療は「手術で治る」というものではなく、医師によって治療方針も異なります。

クリニックによっては検査結果が引き継げるところもあります。

納得いかない治療を続けるぐらいなら、思い切ってクリニックを変えてみるのもひとつの方法です。

不妊治療をして妊娠した人の割合

不妊治療をして妊娠した人の割合

「35歳を過ぎると妊娠しづらくなるっていうけど、不妊治療も発達してるし何とかなるでしょ」という考え方は危険です。

まず、不妊治療は妊娠を手助けするものであり、うまく卵子が受精できたとしてもそこから赤ちゃんが育つかどうかは卵子や子宮の力次第です。

卵子を取り出して精子と出会わせる体外受精(顕微授精含む)をおこなった女性の、年齢別の出産率と流産率を見てみましょう。

年齢 出産率 流産率
30歳 23% 6%
35歳 18% 8%
40歳 8% 14%
45歳 1% 24%

※出産率は受精しなかった場合も含む総治療数に対しての割合。流産率は治療により妊娠した総妊娠数に対しての割合。
(参照:日本産科婦人科学会「ARTデータブック2012年」

高度な不妊治療を行っても、必ず妊娠できるわけではありません。

年齢が上がるほど受精卵がうまく育たず、せっかく妊娠しても流産してしまう確率も上がります。

不妊治療にも限界がある

不妊治療は「妊娠しづらい原因をとりのぞくこと」が主な目的です。

排卵日を予測し、妊娠しやすいタイミングを知る。

卵子や精子に受精する力がなければ人工授精や体外受精をおこなう。

受精卵を子宮に戻し、着床して胎児として育っていくのをサポートする。

不妊の理由が明確にわからないことも多いです。

治療が長引けば、それだけ女性の年齢も上がり妊娠しづらくなっていきます。

少しでも若いうちに治療を始めたほうが成功率は上がります。

治療を終える時期も決めておく

不妊治療ですぐに妊娠する人もいれば、何年も妊娠しない人もいます。

その間の女性の精神的、肉体的負担は大きく、また経済的にも厳しくなることから、途中で治療を断念せざるを得ない人も出てきます。

クリニックが決まり、今後の治療方針がわかったら

・何歳まで治療を続けるか
・治療費はいくらまでかけるか

を夫婦で話し合っておきましょう。

中には、生理のたびに精神的な浮き沈みを生む不妊治療自体が大きなストレスとなり、治療をやめてリラックスした瞬間に妊娠したという人もいます。

ストレスは不妊の大きな原因です。

不妊治療がつらくなりすぎたら、いったん中断して気持ちを休ませることも大切です。

不妊治療費助成制度を知っていますか

不妊治療費助成制度を知っていますか

保険がきかない人工授精や体外受精を何度も繰り返すと、治療費はあっという間に100万円を超えます。

人口受精も体外受精も1回ごとに毎回検査があり、排卵の薬を使い、精子や卵子を採取し…と治療費はふくれあがっていきます。

お金の工面に頭を悩ませる前に、あなたが住んでいる町で「不妊治療費助成制度」があるか調べてみてください。

体外受精と顕微受精をおこなっている夫婦のみが対象ですが、治療費が一番高いのはこの2つなのできっと役立ちます。

インターネットで「不妊治療費助成 住んでいる場所の地名」で検索すると、申請方法などが記載された行政のサイトが出てきます。

2016年12月現在、助成の対象となる主な条件は3つです。

・体外受精および顕微受精が必要と医師に診断された、法律上の夫婦(籍を入れていることが必要)
・治療開始時の妻の年齢が43歳未満(43歳は対象外)
・夫婦の所得の合計が730万円以下

金額は1回の治療につき15万円まで(初回のみ30万円)、40歳までは最大で6回、40歳から43歳までの女性には3回給付されます。

ただし採卵をしない凍結胚移植など、一部の治療については1回7万5千円までとなります。

こちらの厚生労働省のページにも詳しく書かれていますが、お住まいの地域で検索した方が具体的な申請方法もわかって便利です。

40歳未満の女性なら最大105万円が支給されますから、体外受精・顕微授精を始める際にはぜひ利用してください。

(参照元:厚生労働省「不妊に悩む夫婦への支援について」

不妊外来に行く前にやるべきこと

不妊外来に行く前にやるべきこと

不妊治療に向かう前に、必ずやらなければいけないのが生活習慣の改善です。

どんなに排卵の薬を飲んでも、ビタミン剤を飲んでも、もとの生活習慣が悪ければ妊娠する力はつきません。

不妊治療をしながら悪い生活習慣を続けることは、お金をかけて痩身エステに通いながら毎日ケーキを食べるようなものです。

妊活を始める時に最低でも実行して欲しいことは次の3つです。

・3食しっかり食べる
・よく寝る
・お酒、タバコの量を減らす

朝ごはん抜きや炭水化物抜きは栄養がかたより、月経不順やホルモンバランスの乱れを生みます。

妊活中は栄養バランスを考えて、ごはん、肉、魚、野菜、豆類、果物をまんべんなく食べるようにしましょう。

またストレスは妊活の大敵です。

まったくストレスなく過ごすことは無理ですから、せめてよく寝て疲れをため込まないようにしてください。

ストレスがたまると増えがちなのが、お酒やタバコです。

両方とも赤ちゃんの成長に悪影響を与える可能性があります。

特にタバコは卵巣機能を弱め、妊娠率を下げるという報告もあります。

いきなりやめるのが無理でも徐々に量を減らしたり、ほかのストレス発散方法を試したりして、いつ妊娠しても大丈夫なように準備しておきましょう。

妊娠するにはお医者さんの力だけでなく、あなた自身の体のエネルギーも必要です。

元気な赤ちゃんを産むために、そのあとの子育てのためにも、夫婦で健康的な生活を目指してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-不妊

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 AllRights Reserved.