妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊活

35歳は高齢妊活?卵子の老化を知ってリスクにそなえよう

更新日:


35歳は高齢妊活?卵子の老化を知ってリスクにそなえよう

「卵子の老化」という言葉を聞いたことがありますか?

女性が年齢とともに妊娠しにくくなるのは、この「卵子の老化」が大きく関係しています。

昔は30歳で「高齢出産」と言われましたが、結婚する年齢が上がっている現代では35歳を過ぎると高齢出産になります。

この35歳というのはあくまで目安であり、40歳で自然に妊娠する人もいれば30歳になる前から妊娠しにくくなる人もいます。

けれど今のご時世、女性もめいっぱい働き、気づけばあっという間に30歳。

まわりに独身の友達も多く、結婚する必要を感じないまま過ごしてきた人も多いのではないでしょうか。

というか、35歳で「高齢」呼ばわりなんて失礼な話ですよね。

男性ならやっと仕事で一人前と認められて一番あぶらが乗っている時期です。

女性だって20代の頃のように無理はできなくても、気持ちはまだまだ若いはず。

今回はなぜ35歳以上の女性が妊娠しにくくなるのか、30代からの妊活で気をつけること、さらに不妊治療のメリット・デメリットもお伝えします。

高齢出産のリスクについてもお話するので少し怖いかもしれませんが、リスクを正しく認識することでそれに対する準備や対策もとれます。

知ることはすべてにつながる第一歩です。

では、一緒に見ていきましょう。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

卵子の老化と妊娠の関係

卵子の老化と妊娠の関係

髪や肌は日々新しく生まれ変わって行き、そのサイクルが遅くなることが老化につながりますが、実は卵子は日々新しいものが作られるわけではありません。

生理のたびに卵子が生まれるわけではないのです。

ここに「卵子の老化」の原因があります。

一生分の卵子は生まれる前に作られる

毎日のように新しく作られる精子とは違い、女性の卵子は生まれる前、つまり胎児の時に一生分作られます。

正確には卵子のもととなる卵胞が胎児の時に約700万個作られ、それが生まれるまでに約200万個に減ります。

生まれてから生理が始まるまでも年々減っていき、初めての生理を迎えるころには約30万個に。

生理で排卵する卵子は1~2個ですが、「卵子になろう!」と目覚める卵胞は毎月数百個あります。

その中で順調に育った1~2個だけが、卵子として排卵されるのです。

このように卵胞は年々減っていき、50代で閉経を迎える頃には1000個以下になります。

一般的に出産可能な年齢は閉経の10年ぐらい前までと言われています。

個人差がありますが40歳前後というところです。

卵子が老化すると妊娠力が下がる

3ヶ月単位で生まれ変わる人間の細胞の中で50年も生き続ける卵胞は、めずらしい存在です。

目覚めるまで体の中でずっと眠っている卵胞ですが、35歳を過ぎたことからその数、質とともに下がり始めます。

ただし個人の生活習慣により、35歳より早く「卵子の老化」が進む人もいれば40歳でも健康な卵子をたくさん持っている人もいます。

生理の時に排卵される卵子は、すべてが妊娠可能な力があるとは限りません。

健全な卵子が多いほど早く妊娠できますが、卵子の老化が進むと毎月きちんと生理が来ていても妊娠できる確率は下がっていきます。

卵胞の数がわかる検査がある

お肌や体力の低下といったわかりやすい老化と違い、卵子の老化は自覚症状がありません。

しかし「老化」というからには誰にでも、確実にやってくるものです。

今の自分にどのくらい卵子が残っているかがわかる検査があります。

婦人科で受けられる、AMH検査という血液検査です。

保険適用外ですが、この検査で血液中のAMHというホルモンの量を計り、いま卵巣に残っている卵胞の数を推測することができます。

ただし卵子の質まではわからないので、卵胞が少なくても卵子の質がよければ妊娠はできますし、その逆もあります。

実際に20代で卵胞が少ない体質の人もいますが、年齢が若いと卵子の質がいいので妊娠しやすいのです。

あなたが30代で結婚していて、これから子供が欲しいと考えているなら「35歳までは何とかなるだろう」と安心する前に、一度この検査を受けておくといいかもしれません。

30代から卵子の質が下がることは確かです。

卵胞の数が多いほど質のよい卵子が作られる確率も高くなります。

AMH検査は、自分がいつまで妊娠できそうかを考えるのに有効な検査です。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

女性のライフスタイルの変化により高齢出産が増えている

女性のライフスタイルの変化により高齢出産が増えている

20代のうちに結婚して子供を産むことが一般的だった昔と違い、今は女性のライフスタイルが多様化しています。

厳しい就職活動をくぐり抜けて必死で働き、30代になってやっと仕事とプライベートの両立がうまく回りだした人。

夢を追いかけている途上で出会った男性とつき合っているけれど、結婚するにはまだ不安がある人。

私は33歳で結婚しました。

その直後からまわりに「子供はいつ?」と聞かれ続けて、わかってはいましたが自分や夫の気持ちよりもまわりが先に進んでいっている気がします。

選択肢が多い今の世の中、20代は目の前のことしか見えていないのがふつうです。

彼氏がいても、まだまだやりたいこともあるし、結婚して子供がいる人生はもう少し先でもいいんじゃないか、と思えます。

私は20代後半でバックパッカーをしたことがあります。

海外で同じようにひとり旅をしていたのは、社会に出て数年がんばったものの「人生これでいいのかな?」と迷っている28歳前後の男女ばかりでした。

目の前に広がる荒野のような20代を渡り切り、自分にできること、できないことが徐々にわかってくるのが30代ではないでしょうか。

そこで改めて親のこと、家族を持つこと、子供をつくることについて考え始める人も多いはずです。

もはや「30代なかばで子供を望むこと」はめずらしくありません。

むしろ収入面の安定や精神的な余裕を考えると自然なことです。

しかし悲しいかな、人間の体は世の中の動きに合わせて進化してはくれません。

昔と比べても閉経の時期は同じですし、卵子の老化はすべての人にやってきます。

その現実にどう向き合えばいいのでしょうか。

不妊治療をした場合の妊娠率

不妊治療をした場合の妊娠率

妊娠しない原因は女性の年齢の他に子宮内膜症などの病気、ストレスや喫煙、男性の精子の問題など様々です。

ここに体外受精をおこなった女性の、年齢別の出産率のデータがあります。

体外受精とはまず卵子を取り出し、精子と出会わせて授精してから子宮に戻す方法です。

これだと精子に泳ぐ力がなくても授精が行えるので、自然な妊娠を待つより効率的です。

同じく体外受精をおこなった女性の流産率とともに、データを見てみましょう。

年齢 出産率 流産率
30歳  約23% 約6%
35歳  約18% 約8%
40歳 約8% 約14%
45歳 約1% 約24%

※出産率は授精しなかった場合も含む総治療数に対しての割合。流産率は治療により妊娠した総妊娠数に対しての割合。
(参照:日本産婦人科学会「ARTデータブック2012年」

人工的に卵子と精子を出会わせても確実に授精できるとは限らず、授精できてもそこから育つ力が卵子にない場合もあります。

ここでも卵子の老化が関係し、年齢とともに出産率は顕著に下がっていきます。

また40歳を超えるとせっかく妊娠しても流産してしまう確率も上がります。

TVではたびたび、40歳を過ぎた女性有名人の妊娠・出産が話題になります。それを見ると「医学も進歩してるし、40歳でもまだまだ産めるんだ」と思えますよね。

確かに昔に比べ、高齢出産のリスクとなる妊娠中毒症や難産に対してはできる対策が増えてきました。昔のようにお産で命を落とす人が減っているのは、まさに医学の進歩のおかげです。

しかし最先端の不妊治療を受けた人々でも、やはり35歳~40歳の間にどんどん出産率は下がっていくのです。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

30代、40代の妊活ですべきこと

30代、40代の妊活ですべきこと

一般的に「避妊しないで1年妊娠しなければ検査を受けましょう」と言われますが、30代からの1年は貴重な時間です。

毎月の排卵で必ず授精可能な卵子ができるとは限りませんから、数ヶ月~半年、排卵日前のセックスを試してみて妊娠しなければ、一度婦人科へ行きましょう。

今すぐできる妊活に適した生活習慣もご紹介します。

・かたよった食生活をやめ、1日3食バランスよく食べる

・基礎体温や排卵検査薬でおおよその排卵日を予測し、その1週間前から複数回セックスする

・禁煙する

・睡眠時間をきちんととり、ストレスのない生活をする

20代でも生理不順だったり母親が妊娠しづらい体質だったなど、心配なことがあるなら検査を受けるのに早すぎるということはありません。

不妊外来の方が専門的な検査が受けられますが、いきなり不妊外来には行きづらい人は、婦人科でも検査ができるか問い合わせてみましょう。

クリニックのホームページで詳しい検査内容が見られる場合もあるので、どんなことをするかチェックしてから行くと安心ですよ。

早めに検査した方がいい理由

不妊外来で相談したからといって、いきなり不妊治療を勧められるわけではありません。

まずは血液検査で性病や婦人科系の病気にかかっていないか確認します。

クラミジアなどの性感染症はセックスからだけではなく、ストレスでかかることもある病気です。

また子宮内膜症などの病気になっていた場合も、妊活より先にそれらの治療が必要です。

自覚症状がない病気もありますので、妊娠を考える前から婦人科系の検査は定期的に受けておきましょう。

他にも先ほど紹介した卵胞の数を予測するAMH検査や、排卵時期を予測する超音波検査(エコー)も受けられます。

特に超音波検査では基礎体温より精度の高い排卵日予測ができ、それに合わせてセックスする「タイミング法」をおこなうことができます。

今までなかなか妊娠しなかった人も、「タイミング法」を続けることで自然に妊娠できる確率が上がります。

検査には保険がきくものと自費になるものがあり、一部の検査については取り扱っていないクリニックもありますので、行く前に確認しましょう。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

不妊治療のメリットとデメリットを知ろう

不妊治療のメリットとデメリットを知ろう

女性の年齢が上がると、いくら食生活や規則正しい生活をこころがけても妊娠しづらくなっていきます。

また妊娠しない原因は女性にだけあるわけではなく、男性の精子の質の問題である可能性もじゅうぶんあります。

なかなか妊娠しないと思ったら、本当は女性だけでなく男性も一緒に検査を受けた方がいいのです。

男性は、月経周期に合わせて何度か検査しなければいけない女性と違い、基本的には精子と血液の検査ぐらいで済みます。

しかし夫婦で妊活のこと、不妊の検査について話しづらいこともあるのではないでしょうか。

タイミング法で自然に授かるならまだしも、人工授精や体外受精は命を操作するようなイメージで抵抗があるという人もいます。

夫婦でこの認識がずれていると話し合いが必要です。

孫を心待ちにしているお互いの両親に、不妊治療のことを話せず苦しい思いをすることもあるでしょう。

そうまでして、不妊治療をする意味があるのでしょうか。

次は不妊治療のメリットとデメリットをお話します。

不妊治療のメリット

不妊治療をするのは言うまでもなく「赤ちゃんがほしいから」です。自分たちで子作りをがんばる以上のどんなメリットがあるのでしょう。

・自己流ではなく検査をもとにした排卵日がわかる

・妊娠をさまたげる病気にかかっていないか知ることができる

・男性側に原因があるかがわかり、その対処ができる

・人工授精(精子を取り出して子宮に直接送り込み、授精しやすくする治療)で自然妊娠よりも確率を上げる

・体外授精(卵子を取り出して授精させ、子宮に戻す治療)で高齢でも出産のチャンスが得られる

通常、治療は 「タイミング法」→「人工授精」→「体外授精」の順で進みます。

女性の年齢が上がるほど次のステップへ進む間隔も短くなります。

「できるかぎり自然に妊娠したい」「体外受精は最後の手段にとっておきたい」と待てば待つほど、卵子の老化は進んでしまう現実があります。

本当に妊娠したいと思うなら、早めに次のステップへ上がる決断をした方がいいでしょう。

不妊治療のデメリット

見たくない現実ですが、不妊治療のデメリットもまとめてみました。

・女性は月経周期や排卵時期に合わせて何度も通う必要があり、仕事との両立が大変

・保険のきかない治療や検査に高額のお金がかかる。

・体外受精は身体的にも負担がかかる。

・それなのに確実に妊娠できるとは言えない

・治療のたびに「妊娠したかも」→「ダメだった」という気分の浮き沈みを味わうことになる

・男性が不妊治療に非協力的な場合、夫婦間の不仲の原因となることがある

ほかにも、女性が「夫に負担をかけたくない」と思ってしまい相談せず、結果的に無理解をまねくケースや、不妊治療を知らない親戚や友人の言葉に傷つくこともあります。

長引けば長引くほど、想像以上に孤独と精神的ストレスに襲われる不妊治療。

始める前に夫婦で話し合い、お互いに支え合える関係を作っておくことが、治療を乗り切る一番の方法です。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

高齢出産のリスクを知ろう

高齢出産のリスクを知ろう

35歳以上が高齢出産と呼ばれるのは、妊娠しづらいからだけではありません。

それ以外によく言われるのが

・高血圧や糖尿病などの生活習慣病、子宮筋腫などの婦人科系の病気が起こる可能性が増える

・帝王切開の割合が増える

・早産の可能性がある

・卵子の染色体異常により、ダウン症児など先天性異常の子供が生まれる確率が上がる

などです。

高齢出産が母子ともに命の危険をともなったのは昔の話で、現在ではリスクがあるとはいえ、きちんと病院で対処すれば安全に出産できます。

ですから現在のお母さんたちの主な心配事は、染色体異常により何か問題がある子供が生まれてくるのではないか、というものです。

40代でダウン症児が生まれる確率は1%

女性の年齢とともに卵子の中の染色体異常が増え、それによって授精しても卵が育たなかったり、赤ちゃんに生まれつきの異常が起こったりします。

よく知られているのはダウン症児が生まれる可能性で、40代の出産だと100人に1人の割合と言われています。

これを多いと見るか、少ないと見るか。

赤ちゃんを願う親なら誰でも「健康な子供が生まれてほしい」と思います。

しかも今は出生前診断により、生まれる前に赤ちゃんに問題があるかどうか知ることすらできてしまいます。

がんばって妊活してやっと授かった子供に先天性の異常があるかもしれないと言われたら…。

冷静でいられないのは当たり前です。

知らないから余計に不安になる

私の夫の妹はダウン症です。

私より夫の方が、ダウン症の子供を育てる親の苦労をよく知っています。

ダウン症と一言でいっても程度があり、ひとりでの生活が難しい人から就職し仕事ができるようになる人まで、さまざまなタイプがいます。

夫の妹もそうですが、ダウン症の人はとても純粋で、他人を疑わず子供のような心を持っています。

夫や彼の両親が苦労しているのは妹の存在ではなく、親戚や身近な人々の無理解です。

ダウン症の95%は遺伝以外の原因で起こりますが、それを知らない身内から心無いことを言われたり、世間の無関心や差別をひしひしと感じたりします。

あなたが子供を産むことで得たいと思っている幸せな家庭は、ダウン症やほかの問題を抱えた子供とでは叶わないものでしょうか。

きれいごとだけでは乗り越えられないこともたくさんありますから、自分の本当の気持ちを考えた方がいいです。

都会ならまだしも、偏見がきつい地域もありますよね。

さまざまな先天性異常の情報を集めると、イメージだけが先走って怖くなってしまいます。

もし未来の生活がうまく想像できないなら、ダウン症のご両親が書かれているブログを読んでみてください。

赤ちゃんが生まれてから独り立ちするまでをずっと日記でつづっている人もいます。

そこには生まれてきた子供に対するとまどいと、そこからどう前向きな気持ちになったか、貴重な体験が書かれています。

いろいろな人のブログを読むうちに、「ダウン症」といっても子供は一人ずつ違うということにも気づくでしょう。

知らないから怖いことはたくさんあります。知ることによって新たに生まれる感情もあります。

そしてあなたなりの考えが出てきたら、ぜひ夫婦で話し合ってください。

リスクには「不確実さ」という意味があります。

どんな赤ちゃんがあなたのもとにやってくるか不確実だからこそ、しっかり向き合って、準備をしておきましょう。

≫ 高齢妊活におすすめ!妊活サプリランキングへ移動

 

案ずるより産むが易し

あれこれ心配するよりも実行してしまった方が簡単だ、という意味の「案ずるより産むが易し(やすし)」

ストレスは不妊につながります。

いろいろ心配事はつきませんが、考えすぎて頭の中がぐるぐるし出したら、不安要素にひとつずつ向き合っていきましょう。

「私ってまだ妊娠できるの?」と思うなら、クリニックでAMH検査を受ける。

「夫が妊活に協力してくれない」と寂しく思うなら、ちゃんと自分の気持ちを伝えて話し合う。

「いつまで続くかわからない不妊治療が負担だ」と感じたら、かかるお金や期間を計算して、ここまでがんばるというラインを決める。

「高齢出産で赤ちゃんに何か問題があったら…」と悩むなら、「何かあったらどうなる?」とその先まで調べてみる。

準備できることはたくさんあります。

反対に、一回考えるのをやめてのんびりして、ストレスを癒すことから始めることも大切です。

心が疲れているとネガティブなことしか考えられなくなりますし、行動する気力もわいてこないからです。

あなたが今まで生きてきた時間、ついやしてきた人生になにひとつ無駄なものはありません。

「赤ちゃんがほしい」という気持ちがあるなら、今からできることをひとつずつやっていきましょう。

高齢妊活に必要な妊活サプリって?

高齢妊活は夫婦ともに、悩みはつきないものです。

そんな中、日々の準備が特に必要になってくる時期といっても過言ではありません。

いまは妊活サプリといわれる、卵子の老化を防ぐ効果があったり、産まれてく元気な赤ちゃんの栄養を事前に摂取したりとやるべきことはたくさんあります。

そんな35歳以上での妊活において、人気のある妊活サプリを次にご紹介します。

絶対に摂らないといけないというわけではありませんが、少しでも正しい高齢妊活をするのであれば、飲まないより飲むほうがいいでしょう。

1位:マカナ

  • 安心・安全・高品質の日本産のマカを配合
  • 厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸400μgを配合
  • 先輩ママさんからの口コミで異例のスピードで販売戸数20,000個突破!
  • 無添加(香料・保存料・着色料未使用)で妊活に必要な栄養素をたっぷり配合
  • 定期初回購入は3,980円で2回目以降は5,980円!(通常価格は6,580円)※送料無料
2位:ベビウェル

  • 販売者:株式会社グレイン
  • 価格:単品1袋 16,000円(税別)、カプセルセット定期コース(2袋) 24,000円(税別)※8000円もお得!
  • 容量:1袋90粒(約1ヵ月分)
  • 主成分:オリゴ乳酸、オレアビータ、馬プラセンタ、マカ、モノグルタミン酸型の葉酸
3位:ララリパブリック

  • 国産野菜にこだわった厳選野菜を使用
  • 妊活中・妊娠中に方に必要な葉酸にプラスし、普段の食事にプラスした栄養素を重点的に配合
  • 品質管理・衛生管理が徹底している
  • 飲みやすさやデザインまで女性の「うれしい」にこだわりがあり
  • 世界の葉酸サプリ部門で広く認められているブランド力

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


妊婦さんに聞いた!妊活中・妊娠中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2017年11月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

【1位】ララリパブリック ユーザー評価の平均

ララリパブリックは世界3か国の人気ランキングが1位の自他とも認める人気葉酸サプリです。

価格も通常・定期ともに比較的に安く、配合成分も妊活中・妊娠中・産後のすべての期間において、大活躍できる葉酸サプリです。

厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」葉酸がきっちり配合されているのはもちろんのこと、無添加でその他デリケートな時期で必要なカルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、安心して飲み続けることができます。

公式サイトララリパブリックの公式サイトをチェック

【2位】プレミン葉酸サプリ ユーザー評価の平均

プレミン葉酸サプリは全成分・含有量を開示している唯一の葉酸サプリです。

その信頼性・安全性から多くの妊活中~妊娠中の方から支持されております。

またその証明に製造工場がGMP認証の審査基準が一つの指標になっていましたが、プレミン葉酸サプリに関してはGMP認証より厳しいNSF GMP認証工場で製造されております。

どこよりも妊活から出産までの女性のことを思った安全性に追及している葉酸サプリなので、支持されるわけですね。

公式サイトプレミン葉酸サプリの公式サイトをチェック

【3位】ベルタ葉酸サプリ ユーザー評価の平均

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊活

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.