妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠中のダイエットは禁物?痩せるために妊婦がするべき正しいこと

投稿日:


妊娠中の妊婦ダイエットは禁物?痩せるために妊婦がするべき正しいこと

妊娠するのは喜ばしいことですが、その反面体重の増加は悩ましい問題ですね。

母親である前に女性であり、出産後に体型が大きく崩れることは何よりも恐怖ですし、実質上の問題として妊娠中に過度に体重が増えることは、お腹の中の赤ちゃんにも影響し、様々なリスクも伴ってきます。

ここでは、妊婦が痩せるためにするべきことを記載しましたので、ぜひ参考にしてください。

妊娠中に太ることのリスク

妊娠中に行うダイエットのことを語る前に、まず知っておかなければならないのが、妊娠中に太ることで起きうるリスクについてです。

過度なダイエットもそうですが、妊娠中に太ってしまうことで胎児に与える影響のほうが、より怖しい結果を間接的に引き起こしてしまう可能性があります。

妊娠の中期~後期にかけては胎児に栄養を与えるため、妊婦は太りやすくなります。

出産までに増やす体重は、一般的には8kg~10kg程度と言われていますが、これを大きく超えてしまうと、『妊娠高血圧症候群』や『妊娠糖尿病』などを発症することもある他、産後の女性が悩み続ける『妊娠線』が出来てしまったりもします。

そのため、自分のためにも、そして、なによりもこれから産まれてくる赤ちゃんのためにも、肥満には多少ナーバスになる必要があります。

でも、過度のダイエットをしたり、食事を減らしたりすると胎児に良くありませんので、何事もやりすぎには注意してください。

妊娠高血圧症候群

妊娠中に高血圧になり、そこから血管障害、臓器障害、尿蛋白などを発症する疾患です。

妊娠高血圧症候群になる原因はまだはっきりとしたことは分かっていませんが、肥満(BMI25以上)である場合、発症しやすいという結果が出ていますので注意する必要があります。

この疾患により、胎児に送る酸素や栄養が行き届かなくなり、胎児発育不全や胎児機能不全を引き起こす可能性があります。

妊娠糖尿病

妊娠して血糖値が上がりやすくなることが原因で発症し、この状態が妊娠して初めて確認されたものを妊娠糖尿病といいます。

出産が終わってしまえば治ってしまうものですが、胎児に与える影響として、早産や妊娠高血圧症候群、羊水過多症や巨大児、最悪の場合は子宮内で胎児が死亡してしまうこともあります。

家族の誰かがが糖尿病であったり、肥満であることも妊娠糖尿病になりやすいと言われています。

妊娠線・正中線

産後の女性を悩ませ続ける妊娠線ですが、これは、胎児の成長により皮膚が引っ張られることで、表皮の下にある真皮が裂け出来てしまいます。

肥満もそうですが、急激な体型の変化が原因といえます。

胎児にエネルギーを与えるため、妊婦は皮下脂肪を蓄えやすくなっていて、いつも通りの食事を摂っていただけで、いつの間にか太っていたなんてことは多々あります。

よく噛んでゆっくり食べたり、動物性脂の摂取をできる限り控えるなど、急激な体型変化に注意すれば回避することは充分可能です。

体質にもよりますが、妊娠線を100%消し去ることは出来ませんので、できる限り避けたいところです。

妊娠中のダイエット

妊娠中のダイエットといっても、筋トレをしたりマラソンをしたりといった激しいものは、お腹の中の赤ちゃんに負荷を与えてしまい、場合によっては流産なんてことにもなりかねませんので厳禁です。

妊娠中に太ることのリスクで言ったように、8㎏~10㎏の体重増は許容範囲であり、というより胎児が約3㎏、胎盤と羊水が1㎏~1.5㎏、血液循環量と脂肪が約4㎏と胎児が成長するにつれ増加するのが正常であるので、それよりも急激で大幅な変化が無い限りは、無理な食事制限や運動について思案をめぐらすのはかえってストレスです。

このあたりの数値による判断は産婦人科などによっても若干の差があるので、医師の判断に委ねるのが楽なのかもしれませんね。

とは言え、母である前に女性なのですから、妊娠中の胎児に影響を及ぼすことのないダイエットについては知っておくべきでしょう。

食事によるダイエット

胎児に栄養を送るうえで、妊婦は脂肪などを蓄えやすい体へと変わります。

体重の増加を恐れ、食事量を減らしたり食べなかったりした場合は低出生体重児で産まれてしまうなんてこともあります。

体重を気にする女性が増えたのか、30年前に比べると低出生体重児で産まれてくる赤ちゃんの比率が2倍以上になっているデータがありますので注意してください。

また、ごく最近の研究結果として、体内で栄養が不足していた赤ちゃんは、将来肥満になりやすいことがわかっています。

これは、少ない栄養で生きるために体内にいるときに母親から書き込まれた遺伝子といえるので、赤ちゃんの将来のためにも、以下を参照にバランスの取れた正しい食事をしましょう。

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛み、ゆっくり食べることで満腹中枢が刺激され、過食を防ぐことができます。また、胃腸の負担も軽減できます。

和食メインの食事

洋食や中華が良くないというわけではなく、塩分、糖分、油分が少なく、カロリーも他に比べて低いことから、和食をメインにすることをおすすめします。

運動によるダイエット

お腹が大きくなれば必然的に運動量も減っていき、運動不足になれば体重も増加するという悪循環…。

運動は体重をコントロールするだけではなく、悪阻の緩和や自律神経の乱れも防止してくれるので、ぜひ取り入れたいところですが、何度も言うように過度の運動は禁物です。

以下を参照に有酸素運動を適度にすることが大切です。

ウォーキング

脂肪を燃焼させるには適度なウォーキングが1番手軽です。血行を促進し、代謝も活発になるだけではなく、妊娠中になりやすい、むくみの解消へも繋がります。

近所をぐるりと回ったり、公園へ散歩してみたり、買い物するのも良いかもしれません。私生活の中で無理なく取り入れていくのが成功の秘訣です。

時期としては、胎盤がしっかりとしてきた16週目~28週目くらいの、妊娠安定期から始めるのが良いとされています。

ただ、体調が悪いときは、少しでも流産のリスクを抑えるためにも迷いなく避け、安静にしましょう。

マタニティスイミング

妊婦のためにプログラムが組まれたもので、インストラクターが付くのが基本ですが、中には助産師が在籍しているところもあるので、安心して活用できます。

水の浮力によってお腹への負担が少なく、ダイエットするには理に適っていて、通常の水泳のように泳いだり、プールに浸かりながら呼吸法を学んだり、水中でエクササイズをしたりと豊富にプログラムが存在します。

また、泳げない人でも水中をウォーキングするだけで充分な効果が期待できます。

体重増加を抑制するだけでなく、ストレスのケアにも効果があるのでおすすめします。

ウォーキングと同様、16週目以降の安定期から始めることができますが、医師から許可をもらったうえで、スクール先のメディカルチェックを受けるようにしましょう。

マタニティヨガ

通常のヨガとは若干違い、インナーマッスルを鍛えるという根幹を基礎としつつも、妊婦のことを考えてつくられたヨガであり、出産に必要な基礎体力もつけることができるものです。

体に負担がかからないストレッチを中心に、呼吸法やポーズで筋肉をほぐします。

筋肉が柔らかくなれば、安産にもつながりますので、これもまた理に適っているといえます。

体重増加を抑制するだけでなく、腰痛や冷え性の改善、自律神経のバランスを整えリラックスもでき、さらには瞑想しながらお腹の赤ちゃんとコミュニケーションを取ることができ、母親であることの自覚も芽生えさせてくれます。

このマタニティヨガは医師からの許可があれば、13週目くらいから可能ですが、体調が悪いときや、貧血気味、食事の前後2時間は控えるようにしましょう。

その他のダイエット

体重の把握

毎日体重を計り、記載することで体重の増加を抑制できます。

記載することによってモチベーションも上がりますし、増加した体重を確認すれば、ついつい間食してしまう行動も自分の中で抑制できます。

毎日同じ時間の同じタイミングで計れば、きちんとした体重の推移もわかります。

また、レコーディングダイエット同様何を食べたかまで記載し、栄養のバランスを確認するところまで出来れば、より効果的です。

便秘の解消

妊娠すると腸の働きが弱くなり便秘になりやすくなります。

なかなか痩せられないなんて場合は、もしかしたら便秘が原因なのかもしれませんので、以下の方法で解消していきましょう。

食物繊維を摂る

・穀物

・豆類

・芋類

・海藻

・根菜

など、一般的に言われている食物繊維が豊富な食べ物を摂取しましょう。

水分をしっかり摂る

水分が不足すると、便が硬くなり排便されにくくなります。

ミネラル豊富な冷たい硬水を飲むと、腸の働きを促すだけでなく、腸を刺激もしてくれます。

また、食物繊維と一緒にとるようにすれば、より一層効果的です。

腹式呼吸

呼吸を意識し、腹式呼吸に変えることで便秘の解消の手助けができます。

普段の生活に取り入れつつ、気が付いたときだけでも取り入れるようにしましょう。

まとめ

過度のダイエット厳禁であることを肝に銘じつつも、以上のことを踏まえつつ、頑張って美しい母親になってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


妊婦さんに聞いた!妊活中・妊娠中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2017年12月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

【1位】ララリパブリック ユーザー評価の平均

ララリパブリックは世界3か国の人気ランキングが1位の自他とも認める人気葉酸サプリです。

価格も通常・定期ともに比較的に安く、配合成分も妊活中・妊娠中・産後のすべての期間において、大活躍できる葉酸サプリです。

厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」葉酸がきっちり配合されているのはもちろんのこと、無添加でその他デリケートな時期で必要なカルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、安心して飲み続けることができます。

公式サイトララリパブリックの公式サイトをチェック

【2位】プレミン葉酸サプリ ユーザー評価の平均

プレミン葉酸サプリは全成分・含有量を開示している唯一の葉酸サプリです。

その信頼性・安全性から多くの妊活中~妊娠中の方から支持されております。

またその証明に製造工場がGMP認証の審査基準が一つの指標になっていましたが、プレミン葉酸サプリに関してはGMP認証より厳しいNSF GMP認証工場で製造されております。

どこよりも妊活から出産までの女性のことを思った安全性に追及している葉酸サプリなので、支持されるわけですね。

公式サイトプレミン葉酸サプリの公式サイトをチェック

【3位】ベルタ葉酸サプリ ユーザー評価の平均

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.