妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠『超』初期症状はいつ出るの?検査薬より早いその症状とは

更新日:

妊娠『超』初期症状はいつ出るの?検査薬より早いその症状とは

生理が来なくなったら妊娠、というのは誰もが知っていますが、それより早く結果が知りたい時もあります。

妊活中の人や、大きい仕事の予定が決まっている人、もしかしたらまだ妊娠を望んでない人も。

「妊娠したらすぐわかればいいのに!」と思いませんか?

実際、「妊娠してるのかな…どうかな…」とモヤモヤしている時が一番不安ですよね。

妊娠超初期症状は、検査薬や産婦人科で妊娠が確認できるより前に現れますが、生理前の症状ともよく似ているため勘違いなことも多いです。

今回は「それでも少しでも早く妊娠の可能性を知りたい」と考えるあなたのために、妊娠『超』初期症状についてご説明します。

妊娠超初期症状が出るのは排卵してから

妊娠超初期症状が出るのは排卵してから

セックスして精子と卵子が出会って受精したら、もう妊娠?そこから症状が出るの?と思うかもしれませんが、それはちょっと早すぎます。

妊娠したといえるのは、受精卵が子宮にたどり着いて「着床」したときです。

受精してから約1週間ほどで卵子は着床します。

妊娠超初期症状が起こるとしたらこのあたりから。

だいたい次の生理日の1週間前くらいでしょうか。

基礎体温を測っている人なら排卵日の目安はなんとなくわかると思います。

ちなみに精子は卵管の中で3日~5日間生き続けることができるので、排卵日前にしたセックスで妊娠することもじゅうぶんありえます。

おもな妊娠超初期症状の例

おもな妊娠超初期症状の例

この時期に現れる妊娠『超』初期症状にはどんなものがあるのでしょうか。

どの症状も感じ方には個人差がありますし、まったく何も感じない人もいます。

生理前の症状とも似ているため、妊娠だと思ったらふつうに生理が来た…ということもあるので、期待しすぎたり心配しずぎたりしないようにしてくださいね。

着床出血がある

すべての人に起こるわけではありませんが、着床後数日以内に生理とは違う少量の出血をすることがあります。

量や色には個人差があり、少なすぎておりもののように見えたり、逆に数日続いて生理と勘違いすることも。

不自然な出血があり「変だな」と思ったら、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬で確認しましょう。

結果的に妊娠でなくても、いつもと違う出血があった場合は一度婦人科で相談することをおすすめします。

体温が上がり、ひたすら眠い

妊娠すると高温期が続きます。そして猛烈な眠気に襲われることも。

基礎体温を測っている人は、いつもより高温期が長く続いたり、体温がさらに上がっていたら妊娠の兆候かもしれません。

体温が上がることで寒気を感じる人もいます。風邪だと思っていたら妊娠していた、ということもありえます。

また妊娠中の眠気は時にすさまじく、我慢しきれないほどの眠気に負けそうになります。

これらは生理前の症状と似ているので、わかりづらく勘違いを起こしやすいです。

普段はそこまで体温が上がらないのに今回はかなり熱っぽいとか、反対にまったく眠くならないなど、いつもの生理前とは違う特徴が出たら妊娠かもしれません。

胸やお腹が張る

妊娠超初期から、ホルモンの関係で胸がパンパンに張ることがあります。

乳首も敏感になり、触ると痛みをともなうためセックスしずらくなることも。

お腹も張り、子宮の動きによって下腹部がキューっと締め付けられたり、チクチクした痛みを感じる人もいます。

何も感じない場合もあるので、胸やお腹に変化がないからといって絶対妊娠していないわけではありません。

頭痛や腰痛が起こる

妊娠初期は血流をよくするホルモンが出て頭の血管が広がるので、頭痛が起きやすくなります。

人によっては吐き気をともなうほど重い頭痛が数週間続くことも。

まずは無理せず安静にしてください。

妊娠の疑いがあるときは、市販の鎮痛剤は飲まない方がいいでしょう。

あまりにつらい頭痛が続くようなら、妊娠の可能性を告げた上で医師の診察を受けてください。

さらに妊娠すると骨盤をゆるめるホルモンが出るので、腰痛になる人もいます。

匂いに敏感になり、食事の好みが変わる

妊娠初期に、今まで平気だった匂いや好きだった香りまで苦手になるこがことがあります。

妊娠に気づく前からお酒の匂いが気になって飲めなくなる人もいますから、人の体って不思議ですよね。

食べ物の好き嫌いが逆になったり、タバコがまずく感じるなど、味覚も変化していきます。

妊娠の可能性がある時は、特に変化を感じていなくても念のためお酒やタバコを控えましょう。

妊娠初期は赤ちゃんの脳や脊髄をつくる大切な期間です。

あとから後悔しないためにも、いつ妊娠しても大丈夫な状態にしておいてください。

すぐにつわりが始まる人も

昔のドラマではよく、みんなでごはんを食べている最中に急に「オエッ」と気分が悪くなり「まさか…妊娠?」というシーンがありました。

そんなに早くつわりってくるものなのでしょうか。

実はつわりは早い人だと排卵日の2週間後、ちょうど生理予定日あたりに始まります。

いきなり吐くというよりも、徐々に吐き気や胃のムカつきを感じるようになります。

ピークはもう少しあとですが、つらいなら無理せず、水分だけはしっかりとるようにしてください。

ほかにも色々ある、妊娠超初期症状

妊娠超初期症状には、こんなものもあります。

・頻尿や便秘・下痢になる

・おりものが変化する

・肌の調子が悪い

・体がダルく、やる気が出ない

・ささいなことでイライラする

いかがでしょう。

こうやって見てみると、やっぱり月経前症候群(PMS)に似ていますよね。

妊娠を望んでいる人もそうでない人も「妊娠したかも!?」と思うととたんに体の変化に敏感になります。

PMSにストレスが加わって、いつもよりイライラしたり、生理が遅れるなんてこともあります。

妊娠『超』初期症状はあくまで目安です。

妊娠しているかはっきり知るには、検査薬が使える生理予定日の1週間後まで待たなければなりません。

検査薬は正しく使えば99%妊娠がわかる

検査薬は正しく使えば99%妊娠がわかる

妊娠検査薬はパッケージに「99%以上の正確さ」と書いているものが多いです。

が、それも正しく使用してこそです。使い方は説明書に書いてありますので、まずよく読みましょう。

次回の生理予定日から1週間後以降に検査するものが一般的です。

生理不順や自分の生理周期がよくわからない人のために、いつから検査薬を使えばいいか計算できるサイトもあります。

妊娠検査薬 | いつから 検査可能日について - アラクス

フライング検査で陰性でも油断は禁物

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後からでないと正確な結果が出ません。

にも関わらず、早く知りたくて生理予定日ぐらいから検査薬を使ってみる「フライング検査」をする人も多くいます。

こういった早すぎる検査は正確さに欠けるため、妊娠しているのに陰性になる人がいます。

フライング検査で「あ~、妊娠してなかったんだ」と安心して、いつも通りの生活に戻るのはちょっと早い。

少なくとも生理予定日1週間後にもう一度検査して、本当に陰性かどうか確かめるべきです。

何度も言いますが妊娠初期は赤ちゃんの体の基本部分が作られる大切な期間。

妊娠してないと本当にはっきりするまでは、お酒やタバコを控え、体を冷やさない生活を送ってください。

産婦人科で妊娠がわかるのは妊娠5~6週目から

産婦人科で妊娠がわかるのは妊娠5~6週目から

世間ではよく「妊娠何ヶ月」と言いますが、実際に妊娠すると「妊娠何週目」と数えます。

妊娠0週とは、受精や着床した時ではなく前回の生理初日からの1週間です。

つまり「まだ妊娠してない期間」から数え出します。

そうすると、排卵して受精した時が妊娠2週目くらい。

そして次回生理予定日がだいたい妊娠4週目となります。

産婦人科ではっきり赤ちゃんの心音が確認できるのは、妊娠6週目前後です。

なので妊娠5週目より早く産婦人科に行っても、まだ妊娠しているかどうかわからないことがあります。

それより早く妊娠しているか知りたい時はまず検査薬を使いましょう。

検査薬で妊娠がわかっても、それが正常妊娠とは限りません。

子宮外妊娠や流産の危険性があるかなど、早めに産婦人科で確認する必要があります。

「妊娠してることは検査薬でわかったけど、忙しいから産婦人科はもっとあとで行こう」という考えは危険です。

妊娠初期は、再検査がない限りは1ヶ月に1度の受診ですむことが多いです。

最初に行った病院で必ず産まなければいけないわけではないので、検査薬で陽性が出たらできる限り早く受診してください。

産婦人科でするのは3つの検査

婦人科は受診したことがあるけど産婦人科ははじめて、という人も多いですよね。

妊娠している場合、産婦人科で最初に行うのは次の検査です。

・尿検査

・超音波検査

・内診

超音波検査とはエコー検査ともいい、お腹に超音波をあてて子宮の様子を見ます。

週数が早くまだ赤ちゃんがしっかり確認できない場合は、次回の診察時になることもあります。

産婦人科の内診、一体何をするの?

初めての産婦人科の内診。何をするのか不安だと思います。

産婦人科では内診の時、まず下着を脱いでイスのような内診台に乗ります。(ベッドの場合もあり)

内診台の足の部分にカーテンがあることが多く、診察の様子は見えないようになっています。

カーテンの向こうで、医師が膣(ちつ)に器具や指を使って子宮の様子を調べます。

初めは緊張するかもしれませんが、内診はエコーだけではわからない子宮の異常を見つけるための大切な検査です。

ちょっと抵抗がある人は、女医さんのいる産婦人科がいいかもしれません。

男性のお医者さんでも内診は毎日の慣れた作業ですので、こちらが気にしすぎることはないです。

私も昔、婦人科系の検査を受けておこうと受診した際に内診を受けました。

下着を脱ぐ時は診察室に誰もいない状態になりますし、内診自体も5分とかからずに終わりました。

痛みもまったくありません。

器具を使うので、体を緊張させないようにした方が違和感や痛みは感じないと思います。

その時の医師はベテランの男性でしたが、慣れた様子で淡々と進むのでまったく抵抗ありませんでしたよ。

当時はまだ20代半ばでしたし、若い男性医師の方が嫌だったかもしれません。

ちなみに出血があっても内診は受けられます。妊娠の可能性があり、不正出血している場合はすぐに診察を受けましょう。

産婦人科を受診するときの持ち物と服装

産婦人科に行く時は以下のものを持っていきましょう。

・健康保険証

・基礎体温表(つけている人だけ)

・生理用ナプキン

基礎体温表はなくても大丈夫です。

内診時に少し出血することがあるので、念のため生理用ナプキンがあれば安心です。

妊娠が確定すると役所に母子手帳をもらいに行きます。

その時に妊娠検診費用の補助券がもらえますので、必ず持って行きましょう。

産婦人科は人気のところだと予約しても1時間以上待つことあります。そんな時に暇つぶしの本があると苦になりません。

次に、検査にそなえたおすすめの服装もご紹介します。

・血液検査のため、そでがまくりやすい服

・おなかを出しやすい上下セパレートの服

・スカートまたは脱ぎやすいズボン

内診がスムーズに受けられるよう、ボトムスや下着、くつ下、くつは脱ぎやすいものを選んでください。

妊娠初期に気をつけること

妊娠初期に気をつけること

妊娠がはっきりわかったら、お腹の赤ちゃんのために食生活や習慣を整えていきましょう。

妊娠中は次のことを特に意識してください。

・バランスのよい食生活

・じゅうぶんな睡眠

・禁煙(人のタバコの煙も吸わない)

・お酒、カフェイン飲料の飲みすぎに気をつける

・ストレスをためない

・体を温める

・適度な運動

いきなり全部実行するのは難しいですよね。

つわりも始まる中、大切なのは「無理しない」ということ。

ふだんから真面目で無理しがちな人は、赤ちゃんが生まれてからもがんばりすぎてしまいます。

今のうちから、「自分の気分や体調に合わせてゆっくりする」ということをうまく身につけてください。

今回紹介したような症状がなくても生理が2週間以上遅れている場合や不正出血など、気になることがあれば婦人科を受診するようにしましょう。

一度行って慣れておくと、いざ妊娠した時も焦らずスムーズに行くことができますよ。

(参照:妊娠の発見と出産予定日の算出: 正常な妊娠: メルクマニュアル 家庭版

【おまけ】妊娠初期のケアで決まる!妊娠線予防について

妊娠線や正中線は妊娠中の肌トラブルとして、妊婦さんを悩まします。

しかしきっちり、初期の頃からケアすることで、妊娠線・正中線は防ぐことができます。

妊活アリビオでも関連記事を公開しておりますので、ぜひご確認ください。

↓↓人気のある妊娠線ケア商品はコレ↓↓

妊娠初期からきっちりケア!妊娠線予防の代名詞!

公式ベルターマザークリームの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.