妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠中の肌荒れがひどい!対策とおすすめのスキンケアは?

投稿日:


妊娠中の肌荒れがひどい!対策とおすすめのスキンケアは?

待ち焦がれた憧れのマタニティライフ。新しい命の誕生を今から待ち望んでいることでしょう。

一方で身体の変化について行けず、つわりに悩まされている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、

・「妊娠中の肌荒れ対策を知りたい」

・「妊娠中に肌荒れ対策におすすめのスキンケアを知りたい」

と思っている女性のために、実際に妊娠中に肌荒れを経験した方、妊娠中の肌荒れにおすすめのスキンケアの口コミ&評判を徹底解説いたします。

妊娠中に肌荒れか起こりやすい理由とは?

妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンと、エストロゲンという女性ホルモンが急激に増えるため、体内のホルモンバランスが乱れるため、乾燥や肌荒れに悩まされる方が多いようです。

また妊娠中は、優先的にお腹の赤ちゃんに栄養や水分が送られるため、ママの体の栄養や水分が不足しがちです。

そのため、肌にトラブルが起きやすくなってしまうのです。

とくに妊娠初期は、つわりで食事が取れなかったり、偏食になったりと食生活の乱れにより栄養バランスが崩れ、肌荒れが起こりやすくなります。

人によって、つわりの症状は様々ですが、肌荒れのおもな原因は下記の5つです。

・ホルモンバランスの乱れ

・栄養や水分不足

・食べづわり

・便秘による肌あれ

・ 妊娠による精神的ストレス

+  ホルモンバランスの乱れ(クリックで開きます)

妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されるため、ホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になってしまいます。

このホルモンは、子宮を整える役割をするため、出産するまで分泌し続けます。

妊娠して体質が変わったと感じるのはこのホルモンの変化によるもので、脂性肌や乾燥肌など肌質の変化により、肌荒れが起こりやすい状態になってしまうのです。

+ 栄養や水分不足 (クリックで開きます)

妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養や水分が送られるため、ママの体は栄養や水分不足になりがちです。

とくにつわりで栄養が不足する妊娠初期には、肌荒れに悩まされる方が多いようです。

+ 食べづわり(クリックで開きます)

妊婦さんの中には、何かを食べていないと気持ちが悪く感じる「食べづわり」と呼ばれる症状が出る場合があります。

また、甘いものや脂っぽいものばかりが食べたくなる方も。

糖分や油分の取りすぎは、当然肌にも悪い影響を与えます。

+便秘による肌荒れ(クリックで開きます)

妊娠中はホルモンバランスの乱れや水分が不足するため、便秘になりがちです。

便秘をすると体の中に老廃物がたまるため、新陳代謝が悪くなり肌荒れの原因となります。

+ 妊娠による精神的ストレス(クリックで開きます)

妊娠すると赤ちゃんが授かった喜びとともに、出産や育児の不安が伴うもの。

またホルモンバランスの乱れにより、精神が不安定になり、涙もろくなるママもいるようです。

精神的なストレスが肌荒れを引き起こす場合もあります。

妊娠中の肌荒れ対策

妊娠中は肌が過敏になるため、肌トラブルが起きないよう予防や対策をするといいでしょう。

また、スキンケアを敏感肌用に変えるのも効果的です。

妊娠中の肌荒れ対策のポイントは、

・ 肌を清潔に保ち、敏感肌用のスキンケアにする
・ 生活のリズムを整え、ビタミンやミネラルを意識して摂る
・ 肌の乾燥を防ぎ、水分補給をまめにする

と良いでしょう。

+ 肌を清潔に保ち、敏感肌用のスキンケアにする(クリックで開きます)

肌が敏感になっている場合は、敏感肌用の石鹸や洗顔料に変えたり、スキンケアそのものを見直すのがおすすめです。

妊娠中はプロゲステロンの影響で皮脂の分泌量が多く、ニキビや吹き出物が増える原因となるため、余分な皮脂を洗い流してしっかりと保湿することが肌トラブルを防ぎます。

+ 生活のリズムを整え、ビタミンやミネラルを意識して摂る(クリックで開きます)

妊娠中は初期のつわりだけでなく、赤ちゃんの成長に伴い母体もどんどん変化していきます。

そのため、睡眠や生活のリズムの乱れが肌トラブルの原因になりかねません。

とくに夜10時から深夜2時の睡眠中に分泌される成長ホルモンは肌の、ダメージを受けた肌を修復してくれる効果があるため、規則正しい生活と食生活で生活のリズムを整えましょう。

栄養バランスのいい食事も美肌づくりには欠かせません。

どうしても、食事が喉を通らない場合は、栄養補助食品やサプリメントなどに頼る方法もあります。

医師と相談しながら、無理のない食生活を心がけましょう。

+肌の乾燥を防ぎ、水分補給をまめにする(クリックで開きます)

妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養を運ぶため、血液の量が増加します。

そのため、普段から水分をマメにとっている人でも水分量が不足してしまいます。

水分量が減ると肌が乾燥しやすくなり、ニキビや肌トラブルが起こりやすくなってしまうので、まめに水分補給をするように心がけましょう。

妊娠中におすすめのスキンケア法

ここからは、妊娠中におすすめのスキンケア法についてご紹介します。

基本的には、

1.洗顔

2.化粧水

3.乳液

4.美容液

5.クリーム

で、妊娠前とは変わりませんが、ホルモンバランスにより皮脂分泌量が活発になっているため、洗顔は丁寧に行うことをおすすめします。

また、その後の化粧水などのスキンケア化粧品も肌の状態によって、刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

洗顔料を選ぶ時のポイントは、

・保存料、添加物が少ない

・天然由来の洗浄成分

・保湿成分が配合されている

ものがおすすめです。

ニキビや吹き出物が出ていると、つい乳液やクリームなど油分の多いものを倦厭しがちですが、肌の油分が不足すると乾燥を招いてしまうので、かえって肌荒れが悪化してしまいます。

乳液やクリーム、必要に応じてオイルを加えるなど、油分もしっかりと補うようにしましょう。

妊娠中におすすめのスキンケア化粧品とは?

ここからは口コミによる評判で人気の高いスキンケア商品をご紹介します。

メモ

おすすめスキンケア化粧品「メディプラスゲル」

メディプラスゲル

  • 販売元:株式会社メディプラス
  • 価格:3,996円→初回限定2,996円(税込・送料込)
  • 容量:180g(約2ヶ月分)
  • 肌タイプ:全ての肌タイプ
  • 保湿成分:コラーゲン、プラセンタ、玉造温泉水、ヒアルロン酸、高濃度セラミドなど(※無香料・無着色・低刺激)

↓公式サイトならお得に購入できます↓

妊娠中におすすめのスキンケア化粧品「メディブラスゲル」とは?

人気の「メディプラスゲル」とは、化粧水、乳液、美容液、クリームが一体化したオールインワンタイプのスキンケアです。

約66種類もの美容成分配合で、肌摩擦によるダメーシを減らし、ハリと弾力のある肌へと導きます。

モンドセレクション3年連続金賞のお墨付きで、口コミによる評判が高い印象です。

妊娠中はスキンケアも億劫になりがちですが、1本でスキンケアが完了するのも嬉しいですね。

口コミには、

「ツヤとハリの違いにびっくり!さすが美容成分たっぷりの濃厚ゲルですね。

首回りなど差が出やすい部分もしっかりケアしています」(42歳女性)

「妊娠中は身体が重くてきつく、短時間でスキンケアを済ませたいと思っていました。

しっかり浸透していく感じで、保湿を実感。一本でスキンケアができることに驚きました!

普段はしない肌荒れが気になっていましたが、この無添加のゲルを使ってからは肌荒れがなかったです。」(30〜34歳女性)

など、口コミでも評判の高い商品です。

また、オールインタイプの利点を活かして、妊娠後期は妊娠線の予防にも使えるのが嬉しいという口コミもありました。

妊娠中は様々なトラブルに見舞われるため、ブルーな気分になることも多いと思いますが、赤ちゃんに会える日はもう直ぐです。

トラブルと上手に付き合いながら、楽しいマタニティライフを送りましょう。

公式≫ メディプラスゲルの公式サイトチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.