妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

男性にも考えてほしい、妊娠中のセックスについて

投稿日:


男性にも考えてほしい、妊娠中のセックスについて

妊娠中の女性の性欲って減ると思いますか、増えると思いますか?

これは本当に人それぞれで、まったく興味がなくなる人から、むしろ性欲が増す人まで、かなりの差があります。

私の友人も妊娠するまでは性欲旺盛で「妊娠中、控えめにできるかな~」と心配していましたが、いざ子どもができた途端に「まったくその気がなくなった」と驚いていました。

妊娠中は女性ホルモンが増えるため性欲が落ちたり、つわりや体質の変化によるストレスから「その気になれない」女性が多くいます。

一方、男性は自分の体に何か変化があるわけではないですから、健康であればあるほど、性欲は平常運転です。

この男女のギャップが時に不幸を生むことも。

女性からすると

「私が大変な時に自分の性欲しか考えられないの?」

となりがちですし、男性は男性で

「つらそうだから、自分が我慢しないと」

とストレスをためてしまいます。

妊娠中のセックスに対する考え方の行き違いが、のちの夫婦の不仲やセックスレスを生むことも。

今回は、妊娠中のセックスでしていいこと、反対にやってはいけないことを男女それぞれの立場から見ていきます。

妊娠中の奥さんと「セックスしたいけどどう接していいかわからない」と悩んでいる男性も、ぜひ読んでみてください。

体調が安定していればセックスはしていい

体調が安定していればセックスはしていい

妊娠中にセックスしたくなくなる大きな理由は「赤ちゃんに何かあったら怖いから」です。

流産してしまったらどうしよう、刺激を与えることで早産するのではないか。

しかしセックスが直接の原因で流産することはありません。

女性が無理をしていないのであれば、ふだん通りのセックスをして大丈夫です。

ただし以下のような場合はやめておきましょう。

・切迫流産、早産の経験や可能性がある

・お腹が張っている

・不正出血がある

・前置胎盤(胎盤が子宮の出口にかかっている状態)である

・医師から安静を指示されている

つわり中で気分がすぐれない時も無理せず安静にしてください。

経過が良好で、お医者さんから特に注意もされていないのであれば大丈夫です。

久しぶりにセックスする時、女性は痛みを感じたり、痛みを想像して体が硬くなってしまったりするので、リラックスできるよう男性は優しく接してあげてください。

コンドームは感染症予防に必要です

男性によっては「妊娠中は避妊しなくていい」と考えている人もいます。

確かにすでに妊娠しているわけですから避妊の必要はありません。

しかしコンドームは感染症を予防するのにも役立ちます。

妊娠中、女性の膣(ちつ)は傷つきやすい状態になっているので、コンドームは必ず使ってください。

使うとひっかかる、きついという男性は、女性の体がリラックスするまで無理に挿入しようとはしないでくださいね。

女性が苦しくない体位なら挿入は浅くしなくても大丈夫

妊娠中のセックスで気をつけるべきことは、挿入の深さよりも女性が苦しくない体位です。

お腹が圧迫されない横向きの「シムスの姿勢」が楽な場合もありますが、妊娠中期か後期かによっても快適な姿勢は変わります。

女性が我慢して無理な姿勢を続けても苦痛に感じるだけなので、お互いが楽しむためにも、二人で楽な体位を探してください。

激しすぎなければ、赤ちゃんに気を使って挿入を浅くしなくても大丈夫です。深く挿入しても赤ちゃんに届くことはありません。

お互いに相手を思いやる気持ちがあれば、妊娠中でも満足いくセックスができますよ。

オーガズムを感じてもいい

「女性がオーガズムを感じるとよくない」と我慢する人がいるそうですが、我慢してセックスしても楽しくないですよね…。

オーガズムを感じたからといって流産したりしませんから、安心してください。

気をつけるべきは

・お腹の張り

・無理な姿勢や激しすぎる動き

・長時間の冷え

です。リラックスして楽しめる範囲であれば、心配することはありません。

妊娠中にセックスが理由ですれ違わないために

妊娠中にセックスが理由ですれ違わないために

「妊娠中にセックスできるんだ!」と安心している男性のみなさま、確かにできます。

できますが、女性の気持ちが「本当にしたい」と思っているかの判断は難しいところ。

愛する夫に「セックスしたい」と意思表示されて毎回断ることに罪悪感を感じる女性は多いです。

でも、奥さんに無理させてまで本当にセックスしたいでしょうか。

中には毎回、キツく拒否されるという男性もいるかもしれません。

そういう時は女性が「本当に限界の時」です。身体的にも、精神的にもです。

今までのような性生活ができなくなると、それまでいい関係を保っていた夫婦ほど、どうしていいかわからなくなります。

セックスが二人の生活の全てじゃないにしても、大切なコミュニケーションの手段であることは間違いないですよね。

ケンカしてもセックスで仲直りできるのは、性欲に負けたからではなく、セックスで言葉以上の愛情の交換ができるからです。

ではそんな大切な「夫婦のセックス」で、すれ違いが起きてしまうのはどのような時でしょうか。

男性がやってはいけないのは挿入だけのセックス

男性は、奥さんの体調に気をつかうあまり急いで挿入して終わらそうとしていませんか?

女性は体調が思わしくない時、気分がのらない時に挿入だけのセックスをされると「体だけが目当てなの?」と考えてしまいます。

冷静に考えれば結婚もしているしそんなわけない、とわかるのですが、気分が落ち込んでる時は悪い方に考えが行くものです。

女性にとってセックスは大切なスキンシップの時間なのに、その過程を省略されるとただ「早く終わらないかな」と思うだけの苦痛の時間に変わります。

「久しぶりだから確実にセックスしたい」と焦るのではなく、ゆっくり、スキンシップを重視して女性の不安をとりのぞきましょう。

体より心の交流を大切にする女性が、男性の早急なセックスを嫌がらないのには理由があります。

・断ると不機嫌になるから

・断って浮気されると嫌だから

・本当はゆっくりしたいけど言えない

女性の体を冷やさないようにとか、体調のいい時をねらって、となると急ぐ気持ちもわかります。

つき合い始めの頃のようにていねいにとまでは言いませんが、妊娠中は相手を思いやる「新しいセックスのかたち」が生まれるチャンスです。

挿入にはこだわらず、二人でまったりしたり、いつもよりじっくりスキンシップの時間をとったりして、「夫婦ふたりだけの生活」を楽しむようにしてください。

特に妊娠中は、お腹だけでなく胸も触られると痛くなったりしますから、いつも以上に優しく触れるようにしてくださいね。

女性がやってはいけないのは100%の拒絶

妊娠したら、ぜんぜんセックスしたくなくなった。

その気がないそぶりも見せているのに、夫はしょっちゅう求めてくる…。

こういう男性は、あなたの体調を思いやらず、自分の性欲のことだけを考えていると思いますか?

答えはNOです。

本当に性欲だけなら、わざわざ「その気がない空気を前面に出している」相手に意思表示したりしません。

だって断られたら傷つきますから。

確かに男性の性欲の波は女性より大きいですが、それがあなたに向くのは愛情とスキンシップを求めているからです。

女性は子供の頃から性の対象として消費されているので、男性が触ってきただけで即セックスに結びつけてしまうのかもしれません。

しかし相手は見知らぬ男性ではなく、あなたが選んだ夫です。

すべての行為はあなたへの愛情からスタートしています。

それがあなたの望むかたちとは違っていたとしてもです。

女性が妊娠中にセックスする気にならないのは、ホルモンバランスもあって仕方がないことです。

だからといって冷たく拒絶したり、手も触らせない空気を出すと、男性は愛情表現の方法を失ってしまいます。

もちろんお互いに気づかって我慢しなければならない部分はあります。男性の方が父親になる自覚が薄く見えることもあるでしょう。

だからといって、相手を傷つけていい理由にはなりません。

表には出さなくても、あなたの態度で彼が傷ついていることに気づいてください。

傷ついた人間はいろんな反応を示します。黙ったり、怒ったり、楽しくもないのに笑ったり。

つらい時に「つらい」と言えたり泣いたりできるのは、ある意味女性の特権です。

「言いすぎた」と思ったら、その時点で修復してください。

セックスできなくても、積極的なスキンシップや二人の時間をゆっくりとることで、愛情を示しましょう。

この妊娠期間中のすれ違いが、あとあとセックスレスを招いたり、夫婦の不仲の始まりになってしまうことがあります。

そうならないためには、お互い少しの歩み寄りが大切です。

もし相手が傷ついたことに「ざまあみろ」と思ってしまうなら、あなたには限界が来ています。

その場合は、何よりもまず自分をいたわる時間が必要です。

セックスの不安や悩み、誰に相談する?

セックスの不安や悩み、誰に相談する?

夫婦間のセックスの悩みって親にも相談できないし、共通の知人にも言いにくいですよね。

親しい友人に相談できればいい方ではないでしょうか。

夫婦で話し合ってみても、「自分はこうしたい」という気持ちの押し付け合いだと逆効果になってしまいます。

妊娠中にセックスしてもいいかなどの相談は、産婦人科の医師や助産師さんにもできますよ。

誰にも言えないからとネットの相談や口コミを見るのもいいですが、最終的に向き合うべきは他人の意見ではなく目の前のパートナーです。

ひとりでぐるぐる考えるより、夫婦で話し合うことが大切です。

もし今まできちんとセックスについて話し合ったことがないのなら、いいチャンスかもしれません。

お互いを傷つけないように注意しながら、今まで言いたくても言えなかったことを伝えて、改善できる道を探しましょう。

夫婦のセックスは育てるもの

夫婦のセックスは育てるもの

「つき合い始めはよかったな。すごく優しかったし、時間もかけてくれた」

そう思っているなら、きっと相手も同じことを思っています。

変わったのは相手だけではありません。あなたも昔と比べて変わったことがあるはず。

相手は優しいから言わないだけです。

しかし人は時間と共に変わるもの。夫婦の関係だっていつまでも同じところにとどまってはいません。

ましてや妊娠、出産という大イベントを経験して、今までどおりという方が無理があります。

過去の思い出がすてきであるほど、今の日常がさびしく見えることがあります。

あの頃のセックスはスペシャルな期間、非日常的ではありませんでしたか?

当時と同じ情熱をもってセックスできるならそれはそれで素晴らしいことですが、そうじゃなくても変化を残念に思うことはありません。

夫婦の関係が時と共に変化していくように、セックスの形も変化していくからです。

つき合いはじめの激しい気持ちをぶつけ合ったセックスから、穏やかな愛情を伝え合うセックスへ。

セックスも成長するのです。

二人の関係が前へ進んでいるのに、セックスだけ過去へ戻すことはできません。

過去は過去、輝く思い出として置いておいて、今は目の前のパートナーと、未来を見ることを始めませんか。

産後のセックスはいつからOK?

産後のセックスはいつからOK?

出産後、いつからセックスできるかというのも気になるところですよね。

通常お医者さんのOKが出るのは産後1か月~2か月ほどですが、女性の性欲が戻るまでに半年ほどかかる場合もあります。

また、育児の疲れでセックスどころじゃなくなる女性も多いです。

慣れない育児に家事、そして寝不足と女性の負担は本当に大きいもの。

男性は「何をしていいかわからないから」とノータッチでいるのではなく、積極的に育児に参加してください。二人の子どもですから。

女性も、慣れない手つきの夫に「そんなんじゃダメ!」と怒っておきながら「何も手伝ってくれない」と言うのはやめましょう。

最初からぜんぜん手伝う気がない男性は少ないですよ。赤ちゃんに接する時間が短い男性が不慣れなのは当たり前です。

妊娠中より、生まれたあとの方がセックスの時間はとれないかもしれません。

そんな時に余裕を持って相手を気づかえるかどうかは、妊娠中にちゃんと向き合ってきたかによります。

妊娠中のセックスの問題は、出産までの期間限定で終わるものではないのです。

今後の夫婦生活をよりよいものにするためにも、妊娠中、産後関係なく真剣に考えていきましょう。

優先すべきは体よりも心の交流

優先すべきは体よりも心の交流

「セックスしたいけど言えない」

「冷たく拒絶されたからもう言いたくない」

「セックスしたくないのに我慢して受け入れている」

「セックスの内容に満足していない」

などなど。

体の問題に見えて、実はすべて心の問題です。

そのことを無視して、体だけをつなげようとしてもうまくは行きません。

でも、言葉で表せないことをセックスやスキンシップで伝え合うこともできます。

言葉も態度も、一番大切なのは「パートナーへの思いやり」です。

自分勝手な言葉やひとりよがりなセックスは、相手をただ我慢させるだけ。

疲れている時やネガティブな時ほど、嫌な言葉は一晩寝かせて、優しい言葉と態度だけ出すようにしましょう。

それでも相手が冷たかったら、あなたのせいではなく本人に余裕がないだけのこともあります。

夫婦ですから、いい時も悪い時もあります。

理想的な関係を築いていくためには、まだまだ努力が必要です。

失敗することもありますが、それでも前を向いて少しずつ、がんばっていきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.