妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠糖尿病の症状や原因の具体例とは?予防するためにはどうする?

投稿日:


妊娠糖尿病の症状や原因の具体例とは?予防するためにはどうする?

妊娠中はどんな人も血糖値が上がりやすい状態になっています。

そのため、妊娠中に糖尿病になる、いわゆる妊娠糖尿病を発症してしまう人も少なくないです。

妊娠糖尿病はどんな人でも発症してしまう可能性があり、流産などのリスクを高めてしまいます。

では、妊娠糖尿病とはどのような病気なのか、予防や対策法はどうかなどをご紹介します。

妊娠糖尿病ってどんな病気なの?

妊娠糖尿病とは、妊娠中に起きる糖代謝異常のことです。

血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が、妊娠中に初めて発見された場合、妊娠糖尿病ということになります。

なお、妊娠前から糖尿病と診断されている場合や、明らかな糖尿病と診断された場合などは、妊娠糖尿病ではありません。

なお、糖尿病と妊娠糖尿病の違いとしては、妊娠糖尿病は出産後、胎盤が排出されることで自然治癒することがほとんどですが、糖尿病の場合は出産後に自然治癒することはありません。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病は、自覚症状がほとんどないため気付きにくいです。

喉が乾きやすくなる、頻尿になるなどの症状がありますが、妊婦の人や月経前症候群でもよく見られる症状であるため、自覚症状だけで診断することは難しいです。

なので、ほとんどは妊娠中の検査によって判明します。

なお、妊娠糖尿病は悪化すると、胎児も高血糖の状態が続くため、母子ともに影響が及びます。

とくに、合併症を引き起こすリスクが高くなります。

母親への影響

・妊娠高血圧症候群

・肩甲難産

・網膜症

・腎症

・羊水量の異常

などを引き起こしやすくなる。

胎児への影響

・流産

・胎児発育不全

・巨大児

・胎児機能不全

・形態異常

・心臓の肥大

・多血症

・低血糖

・電解質異常

・黄疸

・子宮内胎児死亡

など起こる可能性が出てきます。

また、巨大児の場合は難産になる可能性があったり、胎児のインスリンが過剰分泌されていると、出産後に新生児低血糖に陥る可能性もあります。

どうすれば妊娠糖尿病ってわかるの?

妊娠糖尿病は自覚症状がほとんどないため、検査して診断するしかありません。

自覚のないまま悪化してしまわないように、妊娠初期から随時血糖値をはかるスクリーニングを行います。

なお、食前食後問わず血糖値が高い場合(随時血糖値が100mgdl以上)や、血糖値が上昇しやすい体質の場合は、ブドウ糖負荷試験を行い、妊娠糖尿病を診断します。

ただし、妊娠初期に異常が見られなくても、妊娠中期(24~28週ごろ)に妊娠糖尿病に陥るケースもあるため、再度スクリーニングを行います。

妊娠糖尿病の原因

妊娠をすると、胎盤から血糖値を上げやすくするインスリン拮抗ホルモンなどが分泌されるため、血糖値が上昇しやすくなります。

さらに、妊娠中期以降は、血糖値を下げるインスリンが効きにくくなるため、血糖値がより上昇しやすくなります。

そのため、いつも変わらない食事をしていても、妊娠後は血糖値が高い状態が続きやすくなってしまうのです。

どんな人が妊娠糖尿病になりやすい?

妊娠糖尿病はふだん血糖値が低めの人など、どんな人でも発症するリスクがありますが、妊娠糖尿病になりやすい人となりにくい人がいます。

では、どのような人が、妊娠糖尿病になりやすいのでしょうか?

・血糖値が上がりやすい体質の人

・肥満

・家族に糖尿病の人がいる

・35際以上の高年齢

・以前に巨大児を出産したことがある人

・原因不明で習慣流産歴がある人

・原因不明で周産期死亡歴がある人

このような条件に当てはまる人は、スクリーニングを積極的に受けるようにしましょう。

血糖値を下げて妊娠糖尿病を予防&対策する方法

では、妊娠糖尿病を予防する方法や血糖値を下げる方法など、妊娠糖尿病の対策についてご紹介します。

まず、妊娠糖尿病の予防に大切なことは、妊娠期の血糖値をコントロールすることです。食事をすると、血糖値が上昇することは仕方のないことですが、ある程度はコントロールすることが可能です。

では、血糖値をコントロールする方法をご紹介します。

血糖値コントロールで大切なのは食事

血糖値をコントロールするには、食事で血糖値を急激に上げすぎないことが大切です。

血糖値を急激に上げてしまうと、インスリンの必要量が多くなってしまうからです。

まず、食事はGI値(グリセミックインデックス)が低い食品を中心に摂取するようにしましょう。

GI値とは、その食品はどれくらい血糖値を上げるのかというものを数値化したものです。

GI値の低さや高さには規則性はなく、糖質に比例するわけではありませんが、精製されていないものほど低くなっている傾向があります。

要するに、白米よりも玄米や発芽米、小麦粉よりもライ麦や全粒粉のほうがGI値が低いということです。

ただし、すべての食品のGI値を気にしなければならないというわけではなく、大切なのは主食のGI値に気を付けることです。

また、GI値の高い食事でも、難消化性デキストリンなど、血糖値の上昇を抑える食品を食事にとりいれるのもおすすめです、

食べ方に気を付けて血糖値をコントロール

食事内容に気を付けるだけでなく、食べ方にも気を付けることで、血糖値をコントロールすることができます。

まずは、よく噛んで食べることを意識しましょう。よく噛むことで、食事がゆっくりになり、インスリンの分泌が緩やかになります。

また、食事の順番にも気をつけましょう。いきなり炭水化物を摂取すると、急激に血糖値が上昇して、インスリンが過剰分泌してしまうので、血糖値が上がりにくいサラダやスープなどから食べるようにしましょう。

サラダやスープなどをある程度食べてから、肉や魚などのメインをある程度食べ、最後に炭水化物を食べるようにしましょう。

教育入院で血糖値をコントロール

糖尿病は食事療法と運動療法によって生活習慣を改善するという教育入院というものがあります。

医療機関によって、教育入院の内容は異なりますが、糖尿病でなくても教育入院は可能です。中には、徹底的に血糖値をコントロールするために、教育入院をする妊婦の人もいます。

なにをすればいいのか、血糖値をコントロールするにはどうしたらいいのか、具体的に知りたい人や、徹底してコントロールしたい人は、教育入院をしてみるのもひとつの手段です。

教育入院は、治療に対して積極性がある人ほど治療効果が見込めるため、みずから進んで教育入院をする妊婦の方には効果的だと思います。

血糖値を下げるサプリメントもおすすめ

最近では血糖値を下げる効果が期待できるサプリメントも販売されています。血糖値が上がりやすい人や、血糖値が気になる人に、このような血糖値を下げるサプリメントはおすすめです。

いつもの食事にプラスするだけの気軽さも、サプリメントのメリットです。気軽に血糖値コントロールするなら、サプリメントも検討してみましょう。

妊娠糖尿病を予防するには不摂生は禁物!

バランスのよい食生活、GI値に気をつけた食生活を心がければ、血糖値をコントロールすることができ、ある程度妊娠糖尿病を予防することができます。

とくに、妊娠糖尿病になりやすい人は、妊娠中の血糖値コントロールは大切です。

不摂生な食事はせず、1日3食健康的に、ゆっくりしっかり食事を摂るようにしましょう。

妊娠中はどうしても、食生活が偏りがちですが、偏った分は調子のいいときに補ったり、サプリメントで補ったりするようにしましょう。

妊娠糖尿病は悪化するとそのまま糖尿病になってしまうケースもあります。

赤ちゃんのためにも、出産後の自分のためにも、悪化させないように、発症させないように、対策することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.