妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠中におすすめできるお茶の種類や特徴とは?どのような効果が期待できる?

更新日:


妊娠中におすすめできるお茶の種類や特徴とは?どのような効果が期待できる?

妊娠中は胎内にいる赤ちゃんへの影響が気になって、食事に気をつける妊婦さんも多いと思います。

妊娠中は食べるのを控えたほうがいい食べ物もたくさんありますが、実は飲み物にも控えたほうがいいものがあります。

とくに、日常的に飲むお茶には注意が必要です。

ここでは、妊娠中におすすめできるお茶の種類や特徴、効果についてご紹介しています。

妊娠中に飲むお茶はなにがいいか困っている人はぜひ参考にしてみてください!

妊娠中のお茶選びはカフェインとカテキンに注目!

皆さんがよく飲むお茶にはたくさんのカフェインが入っています。

玉露茶となるとコーヒーの2.5倍ほどのカフェインが含まれているそうです。

しかし、カフェイン中毒が騒がれるのはコーヒーばかりですよね。

なぜコーヒーばかりがカフェイン中毒を騒がれるのかというと、お茶にはカテキンが含まれているからです。

カテキンがカフェインと結合することにより、カフェインの効果が抑えられてカフェイン中毒のリスクをかなり下げてくれます。

なので、日常生活をするうえでお茶をたくさん飲んでもあまり問題はありません。しかし、妊娠中となると話は別です。

そもそも妊娠中は通常時に比べてカフェインが分解されにくくなっているので、カフェインを大量に摂取してしまうとどんどん体の中にカフェインがたまっていってしまうのです。

カフェインがたまってしまうと、神経が敏感だったり興奮しやすい赤ちゃんが生まれやすくなってしまいます。

さらに、緑茶などに含まれているカテキンは、葉酸の働きを阻害してしまう成分です。

葉酸は赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素で、葉酸が不足すると先天性異常のリスクが高くなってしまいます。

せっかく葉酸をしっかり摂取しても、カテキンで邪魔をしてしまっては意味がありません。

なので、妊娠中はカフェインが含まれておらず、カテキンの含有量も少ないお茶を選ぶことがおすすめです。

授乳中もカフェインは控えたほうがいい

妊娠中だけでなく授乳中もカフェインの摂取は控えることをおすすめします。

母乳を通して赤ちゃんにカフェインが届いてしまいます。

新生児はカフェインの代謝がほとんど行われないため、摂取したカフェインの85%以上が変化しないまま尿として排出されますが、血中で半減するまで4日ほどかかってしまいます。

じつに成人の約30倍も長いのです。

コーヒー1杯程度のカフェインなら大丈夫だそうですが、やはりカフェインの摂取には気をつけたほうがいいようです。

妊娠中におすすめのお茶の種類と効果

妊娠中におすすめのお茶の種類と効果

ではここで、妊娠中におすすめのお茶の種類と効果についてご紹介します。

麦茶

・麦茶の特徴

クセがないので飲みやすくどんな料理にも合うお茶です。

ティーバッグタイプならスーパーで54リットル分で200円くらいで購入できます。

緑茶並みにおなじみのお茶である麦茶は、妊娠中でも安心して飲めるお茶です。

ミネラルが豊富で妊娠中のミネラル不足をカバーするのにおすすめです。

麦茶には体のほてりを鎮めたり、体をバテにくくしたりする効果があり、さらにピラジンという成分によって血行を促進してくれます。

そして、GABAによって血圧を下げることが可能なので、赤ちゃんに酸素や栄養を届けやすい体にしてくれます。

ルイボスティー

・ルイボスティーの特徴

アフリカでは一般的なハーブティーの一種で、クセがほとんどありません。

ただし、お茶の味に加えてミントのような清涼感があるので、苦手な人も多いかも。

スーパーにティーバッグでもペットボトルでも販売されています。

ルイボスティーには鉄分やカルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル分が豊富で、さらにポリフェノールも摂取できます。

体を温める効果があるので、冷え性を改善したり、むくみの開眼にも効果的です。

妊娠中のストレスを軽減してくれる効果も期待でき、さらに美容にもいいので、妊娠中の肌荒れが気になる人にもおすすめです。

たんぽぽ茶

・たんぽぽ茶の特徴

たんぽぽは漢方薬としても使わています。

たんぽぽ茶は焙煎されていて、コーヒーのような味わいなので、別名たんぽぽコーヒーとも呼ばれています。

飲みやすいノンカフェインのたんぽぽ茶は、ハーブティーとコーヒーの中間のような感じです。

鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。

さらに、イヌリンという成分が便秘解消や高血圧に効果的なうえに、糖尿病予防にも効果的なので、妊娠中の血糖値コントロールのサポートとして飲むのもおすすめです。

ダイエット効果も期待できるので、妊娠中の体重管理にもおすすめ。

母乳を出やすくする効果と、乳腺炎を予防する効果も期待できるそうなので、妊娠中だけでなく出産後にも飲み続けたいお茶です。

ローズヒップティー

・ローズヒップティーの特徴

ビタミンCの爆弾と言われているほどビタミンCが豊富です。酸味が強いですが、はちみつなどを入れることで飲みやすくなります。

ローズヒップティーには女性に嬉しい成分が豊富に含まれています。

とくに、ローズヒップの実には、ビタミンCやビタミンA、ビタミンE、リコピン、βカロテンなどが豊富に含まれています。

効果としては美容、美白効果、女性ホルモンのバランスを整える効果などが期待できます。

ローズヒップティーはお茶よりも実に成分が多く含まれているので、ティーバッグやハイビスカスとブレンドされているタイプではなく、実をそのまま食べることができるタイプを選ぶのがおすすめです。

ごぼう茶

・ごぼう茶の特徴

カフェインレスなので妊活中でも安心して飲むことができます。

少し苦味がありますが、さっぱりしていて飲みやすいです。

ごぼう茶にはホルモンの分泌を促進するアルギニンが含まれています。

ホルモンバランスの崩れによって妊娠しにくい人や、不妊症の人に効果的です。

また、ごぼう茶には血行促進効果も期待できるため、体をあたためて生殖機能を活性化させることも可能です。

ほかのお茶とブレンドされているごぼう茶の場合は、苦味も少なくなりとても飲みやすい一方で、ごぼう茶の効果を最大限発揮できません。

もし、ブレンドタイプのごぼう茶を飲む場合は、妊活におすすめのお茶とブレンドされているものを選ぶとよいでしょう。

杜仲(とちゅう)茶

・杜仲(とちゅう)茶の特徴

杜仲とは落葉高木のことで、漢方薬として使われており、カフェインレスのお茶です。

苦味と甘味があり、クセのある不思議な味がします。

杜仲茶はビタミンB群やミネラル分が豊富なお茶です。

杜仲茶が妊娠中におすすめな理由はカフェインレスという点だけでなく、メタボ予防にも効果的だからです。

妊娠中は体が重くてだるくてなかなか運動するのは辛いものですが、食事といっしょに杜仲茶を飲むことで、老廃物の排出を促し、内臓脂肪の蓄積を予防してくれます。

ただし、クセが強いので、苦手な人も多いのが特徴です。

黒豆茶

・黒豆茶の特徴

香ばしくて麦茶や煎茶に近く、苦味もないので飲みやすいです。

アイスでもホットでも美味しく飲むことができます。

ノンカフェインなので妊娠中でも安心して毎日飲み続けることができます。

黒豆茶には血流を促進する効果や、リラックス効果、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

妊娠後期になるとむくみがひどくなる妊婦さんも多いですが、黒豆茶の血行促進効果によって、むくみの予防・改善へとつなげることができるので、黒豆茶は日常的に飲むお茶として妊娠中におすすめです。

ノンカフェインのフルーツティーもおすすめ

ここで紹介したお茶以外でも、ノンカフェインなら基本的にOKです。

紅茶専門店に行くと、オレンジジンジャーティーやピーチパインティーなどのフルーツをミックスしたノンカフェインティーもたくさん販売されています。

フルーツティーは砂糖を入れなくても甘くて飲みやすいので、甘いものを控えたほうがいい妊娠中にもおすすめです。

妊娠中はノンカフェインのお茶がおすすめ!

妊娠中のカフェインの摂取は、赤ちゃんに影響が及ぶ可能性があるためおすすめできません。

緑茶などには多量のカフェインが含まれているので、妊娠中はぜひ、ノンカフェインのお茶を飲むようにしてください。

ノンカフェインでなおかつ妊娠中にうれしい効果が期待できるお茶はたくさんあります。

中にはクセが強くて飲みにくいお茶もありますが、きっと自分にぴったりなお茶があると思うのでぜひ見つけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


妊婦さんに聞いた!妊活中・妊娠中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2018年7月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

第1位:ベルタ葉酸サプリ ユーザー評価の平均

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

第2位:ララリパブリック ユーザー評価の平均

ララリパブリックは世界3か国の人気ランキングが1位の自他とも認める人気葉酸サプリです。

価格も通常・定期ともに比較的に安く、配合成分も妊活中・妊娠中・産後のすべての期間において、大活躍できる葉酸サプリです。

厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」葉酸がきっちり配合されているのはもちろんのこと、無添加でその他デリケートな時期で必要なカルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、安心して飲み続けることができます。

公式サイトララリパブリックの公式サイトをチェック

第3位:プレミン葉酸サプリ ユーザー評価の平均

プレミン葉酸サプリは全成分・含有量を開示している唯一の葉酸サプリです。

その信頼性・安全性から多くの妊活中~妊娠中の方から支持されております。

またその証明に製造工場がGMP認証の審査基準が一つの指標になっていましたが、プレミン葉酸サプリに関してはGMP認証より厳しいNSF GMP認証工場で製造されております。

どこよりも妊活から出産までの女性のことを思った安全性に追及している葉酸サプリなので、支持されるわけですね。

公式サイトプレミン葉酸サプリの公式サイトをチェック

▼葉酸サプリの選び方や人気葉酸サプリをもっと詳しく知りたいならコチラ▼

葉酸サプリおすすめランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2018 All Rights Reserved.