妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

産後・授乳期

産後育毛剤のおすすめの選び方!安さで選ぶと失敗する?

更新日:


産後育毛剤のおすすめの選び方!安さで選ぶと失敗する?

産後に抜け毛が増えてしまうことは珍しくありません。

基本的には、ホルモンバランスが整うことで、徐々に抜け毛の量も減っていきますが、中には抜け毛が増える一方で、髪のボリュームがダウンしてしまう人もいます。

そんなときにおすすめなのが、育毛剤を使ってヘアケアをすることです。

では、産後に使う育毛剤は、どのようなものを使えばいいのでしょうか?

ここでは、産後育毛剤のおすすめの選び方や、避けるべき育毛剤などについてご紹介しています。

≫ 産後育毛剤おすすめランキングへ移動

 

そもそも産後の女性が使える育毛剤ってあるの?

育毛剤って聞くと、男性が使っているイメージがあると思いますが、最近では男性用に負けないほど、女性用の育毛剤が多く販売されています。

そして、女性用の育毛剤は育毛成分はもちろん、女性ならではのしなやかで美しい髪を手に入れるための美髪成分が配合されていることも多いです。

また、女性用育毛剤の中には、産後脱毛症などの産後の抜け毛対策に優れている育毛剤も販売されています。

育毛剤には直接髪や頭皮に付けるタイプと、サプリメントタイプのものが販売されていますが、産後の女性が使える育毛剤の多くは塗るタイプの育毛剤となっています。

しかし、付けるタイプ育毛剤であっても、産後の女性にはふさわしくない育毛剤があることも確かです。

大切なのは事前にリサーチして、産後でも使えるかどうか見極めることです。

産後の育毛剤を選ぶためのポイントって?

産後の育毛剤を選ぶためのポイントって?

ではここで、産後の育毛剤を選ぶためのポイントをご紹介します。

ポイントを抑えて育毛剤を選ぶことで、自分にピッタリの育毛剤が見つけやすくなると思います!

産後の抜け毛の原因を解決できる育毛剤を選ぶ

産後に抜け毛は増える主な原因はホルモンバランスの変化によるものです。

妊娠中は2種類の女性ホルモンのうちプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します。

そして、胎盤がある程度まで大きくなると、プロゲステロンだけでなくエストロゲン(卵胞ホルモン)も分泌されるようになり、妊娠前よりも女性ホルモンが多く分泌されている状態になります。

出産後は、大量に分泌されていたプロゲステロンとエストロゲンが、急激に減少してしまうため、ホルモンバランスの大きな変化による影響で抜け毛が増えてしまうケースがあるのです。

ちなみに、産後に抜け毛が一気に増えてしまうことを産後脱毛症とも呼びます。

ほかにも、子育てによるストレスや髪が抜けることによるストレスなど、環境が変化したことによってストレスがたまり、さらにホルモンバランスが崩れて抜け毛を増やしてしまうこともあります、

産後の育毛剤を選ぶなら、ホルモンバランスの崩れによる脱毛を解決できる育毛剤を選ぶ必要があります。

もしくは、原因をダイレクトに改善できなくても、ホルモンバランスの崩れによるネガティブな影響をカバーできるような成分が配合されている育毛剤を選ぶのもおすすめです。

デリケートな肌にも使える育毛剤を選ぶ

ホルモンバランスの変化による影響で、産後の肌はとてもデリケートな状態になっています。

中には今まで使っても問題なかった化粧品が、肌荒れの原因になってしまうこともあります。

なので、育毛剤も化粧品のように、デリケートな肌にも使える育毛剤を選ぶのがおすすめです。

おすすめは、自然由来の成分を主に使っている育毛剤です。自然由来の成分は肌に優しく、低刺激なので産後のデリケートな肌にも使えます。

また、アルコールや界面活性剤など、刺激の強い成分が配合されている育毛剤は避けることがおすすめです。

授乳中でも使える育毛剤を選ぶ

育毛剤は頭皮から成分を浸透させるため、体内に成分がたまって母乳まで成分が回ってくるということはほとんど考えられませんが、配合成分によっては母乳に影響が出てしまう可能性もゼロではありません。

基本的に、女性用の育毛剤は授乳中でも使えることが多いですが念のため、授乳中でも使えるかどうか確認することがおすすめです。

産後は育毛剤の香りも大切!

妊娠中はもちろん、産後もニオイに敏感になっている人もいます。ニオイに敏感になると、ふだんは気にならなかったり、いい香りだと思っていても、受け付けられないほど不快になってしまうことがあります。

育毛剤の香りが自分好みでないと、それがストレスとなって、逆に脱毛を促進させてしまうことも考えられます。

なので、産後の育毛剤は優しい香りがするものか、無香料で香りのないものを選ぶのがおすすめです。

お試しができる育毛剤を選ぶ

どんなに肌に優しい育毛剤でも、産後のデリケートな肌には合わないことがあります。

なので、サンプルをもらえたり全額返金保証が付いているなど、初回にお試しができる育毛剤を選ぶのがおすすめです。

サンプルや全額返金保証などのキャンペーンは、ドラッグストアやバラエティショップで販売されている育毛剤より、ネット通販サイトで販売されている育毛剤で実施されていることが多いです。

絶対に選んではいけない育毛剤

絶対に選んではいけない育毛剤

では、育毛剤を選ぶポイントだけでなく、絶対に選んではいけない育毛剤の特徴もご紹介します。

添加物がたくさん配合されている育毛剤

添加物の多くは、肌に強い刺激を与えてしまいます。

中には、育毛どころか逆に髪を傷付けてしまう成分が配合されている育毛剤もあります。

また、添加物の刺激によって頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

頭皮環境の悪化は脱毛を促進させてしまう原因にもなるので、添加物が多く配合されている育毛剤は選ばないようにしましょう。

女性用の育毛剤の中には、無添加の商品もたくさんあるので、無添加の育毛剤の中から選ぶのがおすすめですよ!

値段が極端に安い育毛剤

値段が極端に安い育毛剤は、添加物が多く配合されていたり、水やアルコールが主成分で有効成分が微量しか配合されていないという場合があります。

高い育毛剤ほど育毛効果が期待できるというわけではありませんが、極端に安い育毛剤は逆にコスパが悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

ホルモンバランスに影響がある育毛剤

女性用として販売されている育毛剤には、ホルモンバランスに影響がある育毛剤はほとんどありませんが、男女兼用の育毛剤の場合は、ホルモンバランスに影響が出てしまうケースもあるようです。

また、女性用の育毛剤でも、サプリメントタイプの育毛剤の場合は、ホルモンバランスに影響が出てしまうケースもあります。

なので、産後は母乳への影響も考えて、サプリメントタイプではなく付けるタイプで、ホルモンバランスに影響が出ない育毛剤を使うようにしましょう。

どんな成分が配合されている育毛剤がおすすめ?

どんな成分が配合されている育毛剤がおすすめ?

では、産後の育毛剤にはどんな成分が配合されているのがおすすめなのかご紹介します。

おすすめの成分は以下の通りになっています。

・ホルモンバランスを整える成分

  • プラセンタエキス
  • ホホバオイル
  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
・血行促進効果(多くの育毛剤に配合されています)

  • トウガラシエキス
  • センブリエキス
  • シャクヤクエキス
  • 塩化カルプロニウム
・保湿成分

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • グリセリン
  • トレハロース
  • ヘチマエキス
  • アロエエキス
・毛母細胞を活性化させる成分

  • アデノゲン
  • ローヤルゼリー
  • ペンタデカン酸グリセリド

また、ほかにも雑菌の繁殖を抑える殺菌効果のある成分や、抗炎症効果のある成分などが配合されている育毛剤や、亜鉛など髪の原料となる成分が配合されている育毛剤などもおすすめです。

無添加で肌に優しい育毛剤を選ぼう

産後に使う育毛剤を選ぶなら、基本的には無添加のものを選ぶようにしましょう。

自分の肌がデリケートになっているのはもちろんですが、赤ちゃんへの影響も考えて、無添加の育毛剤を選ぶのが無難です。

ただし、育毛剤によっては、無添加でも肌に合わないこともあるので、返金保証などがある、お試しができる育毛剤を選ぶのがおすすめです。

もちろん、育毛剤だけでなくシャンプーを変えたり、髪にいい成分が含まれている食品を食べたりなど、ほかの部分でもきちんとケアすることも忘れないようにしましょう!

産後育毛剤のおすすめランキング!【2017年版】

ここまで産後育毛剤のおすすめの選び方をご紹介しました。

ここからは実際におすすめできる育毛剤を当サイト独自のアンケートで集めた人気育毛剤をランキング形式でご紹介します。

気になるものがありましたら、まずは公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

1位:リジュン おすすめ度:

2位:ベルタ育毛剤 おすすめ度:

産後用

3位:ケノミカ(Kenomika) おすすめ度:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-産後・授乳期

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.