妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

産後・授乳期

産後の骨盤矯正はいつから必要?おすすめの方法をご提案します!

投稿日:


産後の骨盤矯正はいつから必要?おすすめの方法をご提案します!

産後、開いてしまった骨盤は、出産前と同様に戻ることはありません。

そこは、歪んでしまった骨盤を正しく戻していく努力が早いうちから必要となります。

産後、スタイルの崩れてしまった女性が母としてだけで生きるのではなく、女性としても輝ける様力添えできたらなと考えています。

骨盤矯正とは?

骨盤は5つの骨から成っていて、この中心に位置する仙骨の歪みを正しい位置に戻すことを骨盤矯正といいます。

家事、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることで、歪みやずれ、開きなどを引き起こし、体のバランスが悪くなったり、冷え性や腰痛など体質の悪い変化をもたらすこともあります。

姿勢による歪みだけではなく、運動不足や出産によってもおこります。

産後の骨盤矯正を受けるタイミング

出産により骨盤が開いてしまったことにより、産後に体重を元に戻しても、体型が戻らないといったことは多々あります。

産後に骨盤矯正をする場合は、産後6カ月以内が良いとされていて、理由としては6カ月過ぎると産後柔らかくなっていたじん帯が硬くなり、骨盤を元に戻すことが難しくなってしまうからです。

かといって焦ることも禁物で、産後1カ月は出産の影響が残っているので、体調を見ながら始めるのか良いでしょう。

骨盤矯正はどこで施術を受けよう?

骨盤矯正を受けるにあたり、

・『整骨院』

・『接骨院』

・『整体院』

・『カイロプラクティック』

などを想像するかと思いますが、その中で、どこで施術を受ければ良いのかは悩み所です。

まずは、各所の違いを知っておきましょう。

整骨院と接骨院

整骨院と接骨院を調べると、違いがあるという意見や同じものという意見がありますが、整骨院を開業している友人に聞いたところ

「まあ、一緒かな…」

と言っていたので、まあ一緒という認識で良いのではないでしょうか。

整骨院と接骨院は、どちらとも国家資格である柔道整復師が施術を行いますが、整体的な意味としての骨盤矯正はしていません。

骨折や脱臼、捻挫などの怪我に対しての施術を主にしています。

もちろん国家資格であるので保険は適応されます。

整体院

整体は、体全体の骨格や関節の歪み、ズレの矯正など様々な症状の改善を試みることを言い、この施術を行うところを整体院と一般的に呼んでいます。

国家資格ではないので保険の適応は無く、その場所、その団体によって方法や理論は様々です。

骨盤を矯正するという観点から言えば、この整体院はそれに該当します。

方法や理論は様々となると、整体を行う施術師の練度のバラつきも幅が出てしまうので、施術を受けようと考えている整体院に行く前には、事前に口コミや評判を調べたうえで、自分に適したところへ行くのが良いでしょう。

1番有名なところで言えば、カラダファクトリーなどが該当し、全国各地に点在していますので気になる方は、公式サイトで口コミや評判を調べてみるのも良いでしょう

一回の料金は整体の方が高いですが、年間通う事を考慮し、回数の角度から見ますと整骨院や接骨院よりも、こちらの方が大幅に安くなります。

おすすめ整体院「カラダファクトリー」

整え得

カラダファクトリーは時期によっていろいろお得なキャンペーンをやっています。

また予約もしにく人気店ですが、WEBからは空き状況を確認し、予約することができるのでおすすめです。

詳細は公式サイトをチェックしてみてください。

産後骨盤矯正が大人気の整体院! → カラダファクトリーの公式サイトをチェックしてみる

カイロプラクティック

脊髄に関する指圧療法であり、手を使った施術が主です。

民間医療であり、国家資格ではないので施術者の技術もまちまちであるイメージもありますが、アメリカを始め世界80カ国で公認とされています。

神経、筋、骨格の歪などを整え自然に回復に導くもので、骨盤矯正もこれらに含まれます。

出産により弛んでしまった骨盤が元に戻ることはまれであり、出産後はなるべく早い段階で整体やカイロプラクティックを受けたほうが良いとされています。

産後骨盤矯正の方法

産後の骨盤矯正をする方法は様々なものがあり、それだけ産後のスタイルの変化に悩んでいる方がいるということでもあります。

ここでは、骨盤を矯正するに当たり、その様々な方法を挙げますのでぜひご参考に。

体操

・腰まわし

立ち上がった状態で両手を腰に当て、足を肩幅まで開き、左右に3回ずつゆっくり回します。

回す際に違和感があれば、そこに歪みが生じている可能性があります。

・骨盤を押し込む

立ち上がった状態で腰の両サイドに手を当て、内側に適度に力を入れ押し込むようにする。

・お尻の引き上げ

あぐらを組むように座り、足の裏を合わせた状態で、右手で右のお尻を、左手で左手のお尻をそれぞれつかみ、上に引き上げるようにしながら前屈運動をする。

・腰を捻る

床にお尻をつけて両足を前に投げ出すように座り、体を左右どちらかに捻る。

捻るときに両手はお尻の後ろに持っていき、息を吸いながらもとの位置へもどし、左右の残りの方向も同様の動きで捻る。

スクワット

骨盤を矯正する運動のひとつに、骨盤スクワットというものがある。これは、骨盤を支えるインナーマッスルを鍛え、手軽に骨盤矯正を行えます。

簡単かつ効果があるので、ぜひ以下を参考にやってみてください。

なお、このスクワットでは体重を膝ではなく、お尻にかけるようにイメージして行うことで効果が一層増します。

注意として、この運動は負担がかかるので、毎日やるのでは無く、1日やったら1日~2日はインターバルを開けるようにしてください。

・骨盤矯正に効果的なスクワットの手順

  1. 立ち上がった状態で両足を肩幅くらいに開き、つま先をできる限り外側に向けるようにする。
  2. ゆっくりと時間をかけながら限界まで腰を落として行き、限界に到達したら、ゆっくりと腰の位置をもとに戻します。
  3. 外側向けていたつま先をできる限り内側に向けて、同様に時間をかけながら腰を落とし、限界に到達したらゆっくりと腰の位置をもとに戻します。

骨盤ベルト

産後開いてしまった骨盤を、出産前に戻す方法として体操などを挙げましたが、出産後は体力が戻りきっていなかったり、赤ちゃんのお世話などで時間を作るのが難しい場合もあります。

そんなときに活用できるのが骨盤ベルトであり、腰に巻いて装着しているだけなので気軽に使うことができます。

注意点としては、あまりきつく巻きすぎないことと、購入時に自分のウエストを改めて計ったうえで、自分に合ったサイズのものを選びましょう。

各メーカーで様々ですが、だいたい3000円~7000円くらいで購入できます。

ヨガ

通常のヨガを発展させ、産後の女性の体に合わせたプログラムで行われるもので、骨盤矯正はもちろんのこと、胸や背中の筋肉をほぐしたりダイエットとしての効果もあります。

特筆すべきは、産後緊張したままの精神さえも解きほぐすリラックス効果があるということ。

産後ヨガを始める時期は、一カ月健診のときに医師から運動して良いと判断されてから始めるようにしましょう。

おすすめヨガスタジオ

身近になりつつあるヨガですが、いまや全国のヨガスタジオが拡大しています。

  • 「高いんじゃないの?」
  • 「本当に効果あるのかな?」
  • 「申込まで踏み出せない!」

と様々な理由から、後回しになっていませんか?

でも大丈夫です。もしあなたがヨガスタジオに興味があるのでしたら、有名どころのほとんどがお手軽に試せる体験コースが用意されています。

申込をするかどうかで検討しているのであれば、一度体験コースに申し込んでみるのも手ですよ。

おすすめは「ビクラムヨガ」と「ヨガプラス」

【ビクラムヨガ】

ビクラムヨガの店舗は、銀座・新宿・大阪・京都・札幌にあります。

公式サイトビクラムヨガの体験コースの詳細はこちら

ビクラムヨガ

【ヨガプラス】

ヨガプラスの店舗は関東・関西中心に19店舗(2017年6月現在)あります。

公式サイトヨガプラスの体験コースの詳細はこちら

ヨガプラス

全国に店舗数が多いおすすめのヨガスタジオ「LAVA」と「カルド」

LAVAの店舗は「東京/神奈川/千葉/埼玉/北海道/青森/宮城/群馬/静岡/石川/新潟/岐阜/愛知/大阪/兵庫/京都/岡山/広島/福岡/差が/熊本/大分/鹿児島」と全国各地にあります。

詳しい住所などは公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイト → ホットヨガスタジオLAVAの体験コースの詳細はこちら

カルドの店舗は「北海道/宮城/東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/静岡/大阪/京都/奈良/滋賀/岡山/福岡」を中心に48店舗ございます。

詳しい住所などはこちらも公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイト ホットヨガ・ヨガの「カルド」の体験コースの詳細はこちら

ホットヨガのカルド

ピラティス

ピラティスのエクササイズは胸式呼吸で行われ、この呼吸法に合わせエクササイズをするだけでインナーマッスルが鍛えられ骨盤の位置が修正されていきます。

体に負担をかけることなく骨盤矯正に効果があるとされ、産後早い段階から行えるのが魅力のひとつです。

始める時期の目安は、ヨガと同様、一カ月健診のときに医師から運動して良いと判断されてからです。

おすすめピラティススタジオ

ピラティススタジオはまだまだ、全国に専門のスタジオがまだ少ないです。

そんな中、首都圏・関西を中心に48店舗ある「ピラティススタイル」が人気です。

特に人気な層はやはり「産後の骨盤矯正」で利用する方が多いみたいです。

店舗情報やレッスンの詳細・キャンペーン情報などは公式サイトでチェックできますので、興味ある方は見てみるといいでしょう。

またこちらもヨガと同様に、体験コースが用意されているので、いきなり入会は不安だという方は体験コースだけでも試してみるのもいいでしょう。

公式サイト → ピラティススタイルの体験コースの詳細はこちら

その他の矯正方法

最近は、骨盤の歪みを気にする女性が増えたせいか、様々な方法や、おもしろい器具があったりしますので、一部ご紹介させていただきます。

・バランスボール

もはや知らない人はいないというくらい、そのポジションを確立してしまったバランスボールですが、ボディラインを引き締めるだけではなく、骨盤矯正にも効果が期待できます。

腰周りや下半身など、意識して動かすことにより骨盤を支える筋肉を鍛えることができ、さらにはボールの上に座り足を動かすことで関節を柔軟にし、骨盤を整えることができます。

基本的にイスとして座るだけでも効果があり、そこから左右に動いてみたり、片足を上げることで、より一層の効果が期待できます。

産後の骨盤矯正を目的とする場合は、産後2カ月経ってから始めることをおすすめします。

・骨盤枕

バランスボールほどポジションを確立はしていませんが、最近はテレビなどで紹介されるなどして知名度も上がっています。

骨盤矯正だけではなく、ヒップアップやストレッチにも使えるもので、腰のくびれに敷くポール型と、腰全体を乗せる枕型の2種類があります。

どちらも座るだけで効果が得られるものであり、名前通り枕として使うことはできますが、その場合効果は得られません。

まとめ

骨盤矯正の方法をいくつか紹介しましたが、産後に骨盤矯正をする場合は、骨盤を修正しやすい早い時期が良いとされるので、迷って時期を逃すことのないように注意し、自分に合ったものを選択しましょう。

個人的には後悔するくらいなら、プロの手を借りることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-産後・授乳期

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.