妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

産後・授乳期

産後の抜け毛はまた自然と生えてくる!その原因と対策

更新日:


産後の抜け毛はまた自然と生えてくる!その原因と対策

産後の抜け毛で悩んではいませんか? 抜け毛は、出産後3~4か月たってから始まります。

知識として知ってはいても、いざゴソッと髪の毛が抜けると、ホラーのようで怖いですよね。

「こんなに抜けて本当に大丈夫……?」

と心配になるかもしれません。

今回は、産後の抜け毛の基礎知識と、対策方法についてご紹介します。

抜け毛は産後3か月ごろに始まり、約1年続く

抜け毛は産後3か月ごろに始ま

抜け毛は産後すぐに始まるのではなく、3か月を過ぎたあたりから始まります。

抜け方は人によってそれぞれですが、お風呂で髪の毛を洗っているときに大量に抜けたり、毎日掃除が必要なほど部屋中が髪の毛だらけになって、驚くことも多いです。

また髪だけが抜ける人もいれば、体毛も抜けて薄くなる人もいます。

全体的にどさっと抜ける人、生え際だけ抜ける人、ほとんど抜けない人。

いろんなパターンがありますが、赤ちゃんが1歳になる頃には、また生えてくる人がほとんどです。

しかし、理由もわからずに髪の毛が抜けるとやっぱり心配ですよね。

産後の抜け毛は、どうして起こるのでしょうか。

抜け毛の一番の原因はホルモンバランスの変化

妊娠中、女性のホルモンは大きく変化します。

特に、黄体ホルモンであるプロゲステロンの量が大幅に増え、子宮の環境を整えたり、体温を上げたりします。

プロゲステロンには髪の毛の成長を促す作用もあります。

それにより本来なら抜けるはずの毛が、妊娠中は成長し続けます。

しかし出産が終わると、ホルモンバランスは妊娠前の状態に戻ります。

プロゲステロンの量も一気に減り、今まで抜けずに残っていた髪の毛が一気に抜け出すのです。

このように産後の抜け毛の主な原因は、ホルモンバランスの変化が原因です。

誰にでも起こることなので、あまり心配する必要はありません。

ホルモンバランスのほかに、次のような理由で抜け毛が増えることもあります。

・ストレス

・寝不足

・食事の栄養バランスのかたより

産後3か月というと、産褥期が終わり、本格的な育児が始まって2か月目あたり。

思い通りにならない育児のストレスや、授乳による寝不足がピークになります。

毎日3食きっちり食べるのも難しい時期ですよね。

そんなときに、どんな抜け毛対策ができるでしょうか。

産後の抜け毛の対策方法

産後の抜け毛の対策方法

それでは産後の抜け毛対策を9つ紹介します。

ストレスをためない

育児に対してストレスをためないでいることは、不可能です。

だからせめて、抜け毛のことはあまり気にしないでおきましょう。

産後の抜け毛は、ホルモンバランスが元に戻れば、自然とおさまります。

遅い人だと産後2年ぐらいかかる場合もありますが、徐々にましになっていきます。

「産後は髪の毛が抜けるものだ」と受け入れて、気にしすぎないようにしましょう。

できるだけ睡眠をとる

抜け毛が悪化する原因としては、睡眠不足が考えられます。夜にしっかり寝られない間は、昼でもチャンスがあれば寝るようにしてください。

目を閉じて横になるだけでもOK。赤ちゃんが静かな間に、大急ぎで家事をする必要はありません。

睡眠不足が続くとストレスがたまり、精神も健康状態も悪くなります。

寝るのは赤ちゃんだけでなく、お母さんの仕事でもあります。

ちょっとのスキマ時間でも、休んでくださいね。

たんぱく質・ビタミン・ミネラルをとる

髪を育てるのに欠かせない、たんぱく質、ビタミン、ミネラル。どれも子育て中に不足しがちな栄養素です。

産後ダイエットのため肉を食べなかったり、調理が面倒だからと魚を食べないと、たんぱく質が不足します。

料理する時間がなければ、せめて豆腐や納豆で、大豆からたんぱく質をとりましょう。

加工食品ばかり食べていると、ビタミンとミネラルが不足します。特に授乳中は、これらの栄養素が必要です。

ふだんの食事に気をつけることに加えて、サプリなどで意識的にとるようにしてくださいね。

頭皮を清潔に保つ

頭を洗うと余計に抜けちゃうからと、シャンプーしないのは逆効果です。

しかし、今までと同じシャンプーを使っていると、頭皮への刺激が強い場合も。抜け毛の期間だけ、石鹸シャンプーなど低刺激のものに変えるといいですよ。

髪にいい洗い方、乾かし方もご紹介します。

1. シャンプーを泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗う

2. すすぎ残しのないよう、しっかりすすぐ

3. タオルで髪の毛をはさむようにして乾かす

4. ドライヤーは髪に近づけすぎないようにする

ポイントは、髪も頭皮もゴシゴシこすりすぎないことです。産後は、お風呂にゆっくり入っているヒマなんてないと思います。

急いでいても、力まかせに洗い過ぎないように、気をつけてくださね。

また、カラーやパーマは市販の薬剤を使うより、美容院で「産後です」と伝えてやってもらうのがベター。

ただせっかくカラーリングしてもどんどん抜けてしまうので、抜け毛が落ち着くまでは待ったほうがいいでしょう。

頭皮のマッサージをする

ストレスで頭皮がカチコチに凝っていると、血流が悪くなり、発毛が遅れることがあります。

考えごとや悩みごとが多くて疲れているときは、こめかみから頭全体、首のうしろにかけて、両手で揉むようにマッサージしてみてください。

お風呂でするのもおすすめです。

ショートカットにする

髪の毛が長いと、抜けたときの量も多くなります。掃除が大変になってきたら、髪を切るのもひとつの方法です。

赤ちゃんが活発に動くようになると、長い髪の毛は引っ張られて痛いことも。

せっかく伸ばした髪を切るのはもったいないですが、抜け毛の間だけでも短くしてみると、スッキリしますよ。

帽子をかぶるときは蒸れないように注意

髪が抜けて薄くなった頭や、生えかけの産毛のような髪を隠したいときに便利なのが、帽子です。

しかし長時間かぶりっぱなしだと、頭皮が蒸れて不衛生になったり、きつい帽子のしめつけで血行が悪くなったりします。

夏はメッシュ素材のキャップや、つばが広くゆったりしたタイプなど、通気性の良いものを選びましょう。

冬も、ニット帽などを室内でかぶり続けるのはおすすめしません。

髪型やヘアアクセでうまく隠す

髪の分け目をいつもと変えてみたり、ヘアバンドなど大きめのアクセを使うことで、抜けた部分を目立たなくすることができます。

広い範囲が気になるなら、一部にだけつけられるヘアウィッグも便利です。

どうしても気になるなら、婦人科か皮膚科で相談

いくら「産後は抜け毛が増えるもの」とわかってはいても、どんどん髪の毛が薄くなっていったり、長期間抜け毛が止まらなかったりすると「どこか悪いんじゃ……」と心配になりますよね。

そんなときは、婦人科か皮膚科で相談しましょう。

どちらを受診する場合も「産後である」ことを伝えてくださいね。授乳中でも飲める漢方や、生活習慣のアドバイスがもらえて安心できますよ。

中途半端に生えてきた髪の毛、どうすればいい?

中途半端に生えてきた髪の毛、どうすればいい?

産後1年ほどたつと、徐々に新しい髪の毛が生えてきます。

抜け毛も減って、ほっとひと安心。

すると今度は、生えかけの短い髪がぴょんぴょん跳ねるように出てしまいます。跳ねない長さに伸びるまで待つしかないのですが、外出時は大人しくさせたいですよね。

生えかけの髪の毛は、こんなふうに対策してみてください。

・髪全体をふんわりさせて、短い毛を目立たなくする

・ワックスでほかの髪に混ぜ込む

・くしにヘアスプレーを吹き付け、短い髪を押さえるようにとかす

ヘアアイロンでセットすることもできますが、赤ちゃんの様子を見ながらだとちょっと怖いですよね。

髪の毛を整えるヒマがないときは、もう帽子で出かけてしまいましょう。

産後の抜け毛は、生えてくるのを気長に待とう

産後の抜け毛は病気ではないので、有効な治療法というものがありません。

高いシャンプーや育毛剤を試しても、頭皮の問題ではなくホルモンが原因なので、効果があるかは疑問です。

「産後は髪が抜けるもの」と割り切って、生えてくるのを気長に待つのが一番。

産後1年ほどで髪は生えますが、完全に元に戻るのには2年ぐらいかかる場合もあります。

見た目が気になるなら、美容院で薄い部分を目立たなくする髪型にしてもらうといいですよ。

妊娠中の体の変化は出産を機におさまりますが、産後の変化はゴールが見えなくて、不安ですよね。

抜け毛以外にも便秘や腰痛など、さまざまな体のトラブルが起こり、ユウウツになってしまいます。

肉体的にも精神的にもつらくなったら、決して無理をせず、甘えられる人がいるなら甘えてください。

この先何年も続いていく育児ですから、焦らず、急がず、気長にいきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-産後・授乳期

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.