妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊活

子宮筋腫があっても妊娠できます!妊娠中に起こるリスクも知ろう

投稿日:

子宮筋腫があっても妊娠できます!妊娠中に起こるリスクも知ろう

子宮筋腫とは、子宮の筋肉からできる腫瘍(できもの)のことです。

30歳以上の女性の20%~30%がなる、よくある病気のひとつで、特に治療が必要ない場合もあります。

子宮筋腫があってもふつうに妊娠できる人、問題なく出産している人も多いので、心配しすぎることはありません。

ただし、筋腫の場所や大きさによっては妊娠の妨げになったり、妊娠中のリスクの原因になったりするので、きちんと検査することが大切です。

今回は、子宮筋腫と妊娠の関係についてご紹介します。

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫は、ガンとは違い良性の腫瘍で、見つかっても命の危険があるわけではありません。

できる場所は子宮の内側、外側、子宮の筋肉の中などです。なぜ子宮筋腫ができるのか、はっきりした原因はわかっていません。

女性ホルモンの作用によって大きくなるため、妊娠中に筋腫が大きくなる人もいます。

自覚症状がないことが多く、一般的に閉経すると小さくなるので、特に治療が必要ないこともあります。

その場合も、筋腫が増えていないか、大きくなりすぎていないかは定期的にチェックしていきます。

ただし妊娠を望んでいたり、すでに妊娠しているときは子宮筋腫がリスクになることもあります。

子宮筋腫の自覚症状

子宮筋腫はあまり自覚症状のない病気です。

そのため、ほかの病気で婦人科を受診したときや、妊娠したときに初めて見つかることも少なくありません。

子宮筋腫が原因で起こる症状には、次のようなものがあります。

・月経量が増える

・生理痛が重い

・月経のとき以外にも出血する

・骨盤まわりに痛みがある

・トイレが近くなる

もしあまりに生理痛が重かったり、月経以外の出血が続くようなら、ほかの婦人科系の病気であることもじゅうぶん考えられます。

おかしいと感じたら、自己判断せずに医師の診察を受けましょう。

子宮筋腫の見つけ方

婦人科で子宮筋腫の疑いがある場合、以下のような検査をすればすぐわかります。

・内診

・超音波(エコー)検査

・MRI検査

MRI検査は、腫瘍が大きくなっていたり、手術が必要なときにおこなわれます。

大きな腫瘍の中には、0.5%の確率で悪性の子宮肉腫が含まれていることがあるため、ほかの検査をすることもあります。

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫にはさまざまな治療法がありますが、大きく分けると次の3つになります。

何もせずに様子を見る

子宮筋腫があっても、何も問題がなければ特に治療の必要はありません。

ただし定期的に診察して、大きくなっていないか、ほかの場所にできていないかはチェックします。

出血などの症状が重くなったり、妊娠の妨げになるようなときは、次のような治療をおこなっていきます。

薬で治療する

薬を使う場合、出血や痛みを止める薬を使う方法と、筋腫そのものを薬で小さくする方法があります。

筋腫は薬で一時的に小さくなりますが、薬をやめるとまた大きくなったり、ほかの場所に再発することも考えられます。

手術する

子宮筋腫の場所が妊娠や出産の邪魔になると医師が判断した場合は、手術で筋腫をとることもできます。

また、筋腫に栄養を与える動脈を閉鎖して、筋腫を小さくする手術もおこなわれています。

やはり手術となるとリスクがあり、場合によっては手術後、子宮の安全のために帝王切開での出産を勧められることもあります。

子宮筋腫は、どの治療法を選んでも再発の可能性があります。

また手術後は、3か月~半年のあいだ避妊しなければなりません。

不妊治療と同時進行で治療を進めるときは、医師とよく相談して最善の方法を選んでください。

子宮筋腫は不妊の原因になることがある

子宮筋腫は不妊の原因になることがある

不妊にはさまざまな原因が考えられ、子宮筋腫が必ずその原因になるとは言い切れません。

しかし筋腫の場所や大きさによって、次のような状態を作ることがあります。

受精卵が子宮に着床しにくくなる

筋腫ができることで子宮内膜が通常とは違う状態になったり、子宮の中が変形したりすると、受精卵が着床しにくくなります。

子宮の変形は、初期流産の原因になるとも考えられています。

精子がうまく移動できない

筋腫が卵管の近くにあったり、筋腫により子宮がうまく収縮できなかったりすると、精子の移動を妨げます。

そのため、精子が卵子と出会う確率を下げてしまいます。

卵管を圧迫し、精子や卵子が通ることができない

筋腫が卵管を塞いだり、変形させたりして、精子や卵子を通りにくくすることがあります。

そうなると、やはり受精しづらくなります。

子宮筋腫が不妊の原因になることが明らかな場合は、手術をおこなうことで妊娠しやすくはなります。

しかし、不妊の原因にはまだ解明されていない部分もあり、単純に筋腫をとったからといって妊娠できるとは限りません。

妊娠を望んでいるのになかなかできない場合は、年齢に関係なく、早めに婦人科の検診を受けてください。

特に子宮筋腫は自覚症状がないため、知らずに時間だけが過ぎてしまうともったいないです。

不妊治療を始めるのはちょっと……と思っている人も、婦人科でブライダルチェック(不妊の原因となる病気の検査)を受けておくと安心です。

子宮筋腫が起こす妊娠中のトラブル

子宮筋腫が起こす妊娠中のトラブル

子宮筋腫があっても問題なく妊娠し、出産する人は多いです。

妊娠中はホルモンの関係で筋腫が大きくなることがありますが、出産後また小さくなり、治療が必要ない場合もあります。

ただし、筋腫の場所や大きさによっては次のようなリスクを招きます。

流産

筋腫により子宮の形が変形し、妊娠初期の流産を招くことがあります。

早産

筋腫が感染したり、変性による痛みで子宮が収縮したりすると、早産に至ることがあります。

赤ちゃんが小さく生まれると、あとで重い障害が出る可能性が高くなります。

胎位異常

筋腫が邪魔をして、お腹の中の赤ちゃんが通常のポジションをとれず、逆子などになる場合があります。

常位胎盤早期剝離

赤ちゃんへ栄養を送る胎盤付近に筋腫があると、出産前に胎盤が剥がれてしまうことがあります。

胎盤が剥がれると赤ちゃんに栄養が送れなくなり、緊急の帝王切開が必要となります。

妊娠中は、よほど赤ちゃんに悪影響がない限り、筋腫の治療はおこないません。

子宮筋腫が必ずリスクを引き起こすわけではありませんが、 筋腫が大きくなっていないか、増えていないかはきちんと健診で確認していきます。

もし子宮口近くに大きな筋腫がある場合、出産時に赤ちゃんが通れないため、帝王切開することになります。

子宮筋腫が変性することによる痛み

妊娠中は赤ちゃんの成長に従い子宮が大きく変化します。

まれに、その変化の過程で子宮から筋腫に血液が行き渡らなくなり、壊死(えし)することがあります。

この状態を変性といい、激しい痛みが出てきます。

それにより子宮が収縮し、流産を起こすこともあります。

筋腫が変性したときは、必要に合わせて痛み止めを使いながらの経過観察が必要です。

子宮筋腫の治療法は医師とよく相談しよう

子宮筋腫の治療法は医師とよく相談しよう

子宮筋腫にはさまざまな治療法がありますが、子宮を摘出する以外、完全に筋腫をなくすことはできません。

排卵があり、筋腫を育てる女性ホルモンが出続けている限り、新たな筋腫が出てくる可能性は残ります。

妊娠するために子宮筋腫の治療を考えているのなら、まずは医師とよく相談してください。

手術で一時的に筋腫を取り除くことは可能ですが、そのあと数ヶ月~半年間は避妊しなければなりません。

不妊治療は時間との戦いですから、その間ストップしても大丈夫なのか、それとも手術せずに不妊治療を進めるのか、よく考えましょう。

もし医師の説明に不安を感じる場合は、ほかの病院でセカンドオピニオンを聞くことをおすすめします。

手術にはリスクがともないますから、きちんと説明を受けて自分で決められる環境が理想的です。

また、「今のところ治療の必要はない」と言われた場合も、定期的に受診して筋腫の大きさをチェックしてください。

命に関わる病気ではないので油断しがちですが、筋腫の場所によっては妊娠前に治療しておいたほうが安全なものもあります。

まずは子宮筋腫があるかどうか検査しよう

子宮筋腫には有効な予防法はなく、誰にでも起こる病気です。

筋腫があっても問題なく妊娠、出産している人も多いですが、場所や大きさによっては不妊や妊娠中のトラブルを招くことがあります。

これから妊娠を望んでいる人は、婦人科のブライダルチェックなどで、子宮筋腫がないか早めにチェックすることをおすすめします。

最後に、不妊や妊娠中のトラブルは子宮筋腫だけが原因で起こるものではありません。

食事や運動、ストレスを溜めない生活など、全体的な生活習慣を見直すことで、妊娠の確率を上げたり、妊娠中のリスクを下げたりできます。

きちんと検査を受けたら、あとは自分のできることを進めていけば大丈夫です。

心配しすぎて、ストレスにならないように注意してくださいね。

(参照:子宮筋腫 - 日本産科婦人科学会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-妊活

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 AllRights Reserved.