妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊活 葉酸の知識

葉酸の「取りすぎ」で起こる症状や副作用の具体例と注意すべき点は?

更新日:


葉酸の「取りすぎ」で起こる症状や副作用の具体例と注意すべき点は?

妊活中や妊娠中の女性に葉酸が必要不可欠であることは、今や常識になりつつありますね。

2002年からは母子手帳にも葉酸の重要性が記載されており、厚生労働省は妊娠1か月前~妊娠3か月前は特に1日400μgを摂取することを推奨しています。

そんな葉酸にも、過剰摂取による副作用が報告されているのをご存じでしょうか?

今回は葉酸の過剰摂取による副作用について、詳しくリサーチしてみました。

参考にしてみてくださいね。

≫安全なおすすめ葉酸サプリランキングへ移動

 

改めて確認。なぜ葉酸は必要なの?

葉酸は水溶性ビタミンのため水に溶けやすく、熱に弱いというデメリットがあります。

食品中に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は体内吸収率が50%以下と低く、品質も安定しません。

ですので、サプリで合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)の摂取がどうしても必要となってきてしまいます。

葉酸摂取の重要性は以下とおり。

・細胞分裂や臓器形成をサポート

・赤血球の生成をサポートする(貧血予防)

・受精卵の着床率を上げる

・胎児の神経管閉鎖障害リスクの軽減

・母乳の出を良くする

・男性不妊の解消(精子の質を高める)

これらは妊活中や妊娠中の女性の間ではよく知られていますね。

その他にも、こんな効果があります。

・自律神経のバランスを整える

葉酸はビタミンB12と一緒に摂取すると自律神経を整えてくれます。

産後うつ予防にも。

・DNAやRNAなど遺伝子を構成する核酸の合成に不可欠

遺伝子の情報を元に新しい細胞は作られています。

細胞にエラーがあると、様々な病気の引き金になる可能性が高くなります。

・動脈硬化、認知症、脳梗塞予防

動脈硬化や認知症、脳梗塞などの原因物質であるホモシステインを無害なメチオニンに変換してくれる効果があります。

妊娠中毒症と言われる高血圧、たんぱく尿、むくみを軽減してくれる作用も。

高齢出産になるにつれ、こういったリスクも高くなりやすいのです。

葉酸の摂り過ぎによる副作用

葉酸が必要不可欠な栄養素なのは知っているけれど、副作用のリスクはあるのでしょうか?

本来は食品に含まれる葉酸量だけでは過剰摂取にはなりにくく、むしろ不足しがち。

食品による葉酸での副作用の事例は今のところありません。

ですが、葉酸サプリが当たり前のように普及している現代では、合成葉酸を簡単に摂れるようになりました。

葉酸の1日の上限摂取量は1,000~10,000μg。

妊娠時もこの上限摂取量は変わりません。

この値を上回ってしまうと過剰摂取になり、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害、むくみ、食欲不振、吐き気などの副作用の症状が出てきてしまいます。

また、妊娠30~34週にこの上限量を超えて摂取しまうと、赤ちゃんの喘息発症率もアップしてしまいます。

1日の葉酸摂取推奨量は、

・非妊娠時 → 240μg

・妊活中 → 640μg

・妊娠時 → 480μg

・授乳時 → 340μg

この値を目標に、摂取しすぎることのないように注意しましょう。

葉酸は造血作用がありますが、過剰摂取により血管が拡張され、心拍数も上がってしまうことがあります。

きちんと摂取量を管理しないと、ママだけでなく赤ちゃんにとっても大変危険です。

葉酸をサプリや加工食品から摂る場合、指定された容量以上を摂ることは絶対NGです。

葉酸の過剰摂取を避けるためには?

・むやみにサプリと加工食品を併用しない

スーパーやコンビニなどで売られている機能性のシリアルやお菓子などの加工食品にも、葉酸が配合されているものがあります。

葉酸サプリと併用すると、当然過剰摂取になる危険性が出てきてしまいます。

サプリに含まれている合成葉酸は、天然葉酸よりも体内吸収率が高いため、余分なものは体内に蓄積されていきます。

蓄積されればされるほど肝臓や腎臓に負担がかかってしまい、老廃物の排出がスムーズにできなくなってしまいます。

過剰摂取を防ぐには、以下の条件をなるべくクリアするようにしましょう。

・外国産の葉酸サプリではなく、国内産を選ぶ

海外産の葉酸サプリの服用も過剰摂取になりうる要因です。

国ごとに人種や骨格が異なり、含有されている葉酸も必要とされる量にも差があります。

日本人の体質には合わないこともありますので、日本人向けに開発された国内産の葉酸サプリを使用することも、過剰摂取を避ける方法のひとつです。

・高品質のサプリを選ぶ

アレルギー体質の人が合成サプリを摂取すると、何らかのアレルギー反応が出る場合もあります。

安すぎる葉酸サプリはなるべく避け、品質の良いものを選ぶことも大切です。

・添加物がたくさん使用されたものはなるべく避ける

葉酸サプリに含まれている添加物(ショ糖脂肪酸エステル)は胎児の染色体異常を招き、ダウン症などのリスクも上がります。

香料、着色料も胎児の喘息やアトピーのリスクを高めてしまいます。

添加物が多く含まれる葉酸サプリはなるべく避けましょう。

≫安全なおすすめ葉酸サプリランキングへ移動

 

葉酸過剰摂取によるその他のリスク

葉酸サプリを摂り過ぎてビタミンB12欠乏症の発見が困難になることもあります。

ビタミンB12欠乏症は動物性食品を全く摂取しないベジタリアンの人がサプリでビタミンB12を補給しないときに起こりやすい症状。

ビタミンB12欠乏症の主な症状は、

・悪性貧血(巨赤芽球性貧血)

・立ちくらみ

・四肢のしびれ

・歩行困難

・記憶喪失

・認知障害

高齢になるにつれて合成葉酸をとりすぎるとこれらの症状の発見を遅らせることも。

ダイエットなどで普段あまり動物性のものを食べない人や、アルコールの過剰摂取などで葉酸不足の人も注意した方がいいでしょう。

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)に関しては、葉酸・ビタミンB12どちらが欠乏しても起こりやすくなるので、注意してくださいね。

摂取量に要注意!葉酸が含まれる加工食品

葉酸クッキー、葉酸グミ、葉酸ヨーグルト、葉酸牛乳、葉酸入りの青汁やお茶など、葉酸の加工食品が数多く出回っています。

これらの食品は通常の食事に加えてたまに摂る分にはいいのですが、サプリと併用し続けると過剰摂取になる恐れがあります。

葉酸が含まれる加工食品の懸念点は、葉酸の過剰摂取だけではなく、塩分や糖分、乳製品の過剰摂取にもつながる可能性が高くなりやすいのです。

手軽に摂取できるため、サプリを併用したい場合は、必ず1日の葉酸上限摂取量を超えないように気を付けること。

また、葉酸の過剰摂取だけでなく、塩分・糖分・乳製品の過剰摂取は、授乳中のママの乳腺炎のリスクをも高めてしまいます。

質のいい母乳のためにも、これらの加工食品の摂取量には十分気を付けてください。

広告の謳い文句に踊らされないこと!

葉酸サプリを販売しているメーカーの中には、一見「天然葉酸」と歌いながらも、実際に調べてみると「合成葉酸」を使用していた、という事例も報告されています。

天然葉酸と合成葉酸の吸収率に差があるのは既にご説明しましたが、天然葉酸のつもりで摂っていたサプリが実は合成葉酸だった場合、加工食品などで葉酸を多めに摂っていたりすると知らないうちに過剰摂取になる可能性も出てきてしまいます。

購入する際は、

・信頼できるメーカーであるか

・大手のメーカーであるか

・本当に安全なのか

をきちんと比較していくこともも大切です。

安心できるおすすめの葉酸サプリはコチラ!

これまで葉酸の過剰摂取に伴う危険性を解説してきました。

しかし過剰摂取が危険だからといって、葉酸サプリを飲むことをやめてはいけません。

前述したようにきちんと安全基準を満たした葉酸サプリを選ぶとともに、普段のバランスのいい食事をしていれば滅多のことがない限り、心配することはありません。

当サイト調べで、かつ、妊活中・妊娠中の女性から人気のある葉酸サプリを5つ人気順にご紹介しておきますので、葉酸サプリ選びに迷う場合は、ご参考にされてみてください。

1位:ララリパブリック おすすめ度:

  • 国産野菜にこだわった厳選野菜を使用
  • 妊活中・妊娠中に方に必要な葉酸にプラスし、普段の食事にプラスした栄養素を重点的に配合
  • 品質管理・衛生管理が徹底している
  • 飲みやすさやデザインまで女性の「うれしい」にこだわりがあり
  • 世界の葉酸サプリ部門で広く認められているブランド力
2位:プレミン葉酸サプリ おすすめ度:

  • 安心・安全の徹底に追及した葉酸サプリ
  • GMP認証よりも厳しい審査基準をクリアしたNSF GMP認証工場で製造
  • 定期コースの回数製薬は一切なし
  • 妊活~妊娠中の重要成分「ビタミン」・「ミネラル」以外の余計な成分は一切なし
  • 男性用のプレミンもあるので、夫婦そろって妊活に専念できる
3位:ママニック葉酸サプリ おすすめ度:

  • 発売から1年ちょっとで人気・売上第1を獲得!
  • 葉酸を中心とした女性に不足しがちな栄養成分を絶妙配合!
  • 多数の女性向け雑誌で妊活アイテムとして掲載実績あり!
  • モンドセレクション受賞実績あり!
  • 15日間全額返金保証!
4位:はぐくみ葉酸 おすすめ度:

  • オーガニックレモンから搾った葉酸を使用
  • 厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型の葉酸を使用
  • 15種以上の自然由来のビタミン・ミネラルも配合
  • 妊活・妊娠中の女性から圧倒的な支持
  • 10日間の安心の返金保証制度あり
  • 継続の縛りなし
5位:ベルタ葉酸 おすすめ度:

  • 知名度No1の葉酸サプリ!
  • 数ある葉酸サプリの中でも売り上げ・満足度・人気度でNo1.の圧倒的商品力
  • 公式サイトからの定期便ならお得に購入できる
  • 役所もベルタ葉酸を推奨するほどの人気
  • 妊活中、妊娠中に必要な成分はすべて配合
  • 女性に限らず夫婦で飲むことができる

▼信頼できる葉酸サプリ選び方とおすすめ葉酸サプリを厳選して紹介していますので、興味がある方はこちらの記事もチェックしてみてください。▼

関連葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方

まとめ

以上、葉酸の摂り過ぎによる副作用や関連するリスクなど、色々な事例をご紹介してみました。

赤ちゃんだけでなく、ママ自身の為にも葉酸は必要。

でも体にいいからといって摂り過ぎることはかえって体に悪いのです。

体にいいというだけで同じ成分を摂り過ぎることは、当然過剰摂取になり、体内のバランスを崩してしまう可能性が出てきてしまいます。

体調を崩してしまっては本末転倒なのは言うまでもありませんね。

食事以外にも言えますが、何事もバランスを考えることが重要。

ネットで何でも調べられる時代だからこそ、本質を冷静に理解する力も必要です。

なんでも鵜呑みにするのではなく、情報の出どころやメリット・デメリットを十分理解したうえで、自分に合った葉酸の摂取方法を選ぶように心掛けてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


妊婦さんに聞いた!妊活中・妊娠中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2017年12月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

【1位】ララリパブリック ユーザー評価の平均

ララリパブリックは世界3か国の人気ランキングが1位の自他とも認める人気葉酸サプリです。

価格も通常・定期ともに比較的に安く、配合成分も妊活中・妊娠中・産後のすべての期間において、大活躍できる葉酸サプリです。

厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」葉酸がきっちり配合されているのはもちろんのこと、無添加でその他デリケートな時期で必要なカルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、安心して飲み続けることができます。

公式サイトララリパブリックの公式サイトをチェック

【2位】プレミン葉酸サプリ ユーザー評価の平均

プレミン葉酸サプリは全成分・含有量を開示している唯一の葉酸サプリです。

その信頼性・安全性から多くの妊活中~妊娠中の方から支持されております。

またその証明に製造工場がGMP認証の審査基準が一つの指標になっていましたが、プレミン葉酸サプリに関してはGMP認証より厳しいNSF GMP認証工場で製造されております。

どこよりも妊活から出産までの女性のことを思った安全性に追及している葉酸サプリなので、支持されるわけですね。

公式サイトプレミン葉酸サプリの公式サイトをチェック

【3位】ベルタ葉酸サプリ ユーザー評価の平均

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊活, 葉酸の知識

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.