妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

葉酸サプリ

葉酸サプリの口コミから選んだ!【2017年最新版】ランキング!≪副作用の心配なし!≫

投稿日:

葉酸サプリの口コミ&比較!迷わず選べるランキング

葉酸サプリは、妊娠中だけでなく、妊活中や産後の授乳期にわたって愛飲されています。

ママたちは葉酸サプリを、健やかな赤ちゃんを成長させるために、赤ちゃんが生まれるそのずっと前から飲んで準備をしています。

それからママたちは葉酸サプリを、赤ちゃんを生んだ後も、おっぱいのためにのむことで身体づくりをしています。

また、妊娠に関係なく、家族の健康のためにご夫婦でお求めになるかたもいらっしゃいます。

このように葉酸は今大変普及していますから、市場にはたくさんの種類があります。

葉酸サプリを現在愛飲しているかたも、これからのむことを検討しているかたも、多くの方たちが健康について意識を高めていらっしゃることと思います。

一体どれがいいのか、何を選んだらいいのか、本当に迷ってしまいますね。

今回、この数多くの葉酸サプリの中から厳選し、その口コミと商品の比較をご紹介します。

葉酸サプリを選ぶ時のコツが、お分かりになれば幸いです。

これでもう、あまり迷わないで葉酸を選ぶことができそうですね。

そして、おすすめの葉酸の商品も、ランキング形式で発表しています。

葉酸の役割

そもそも葉酸は、身体の中でどんなはたらきをしているのでしょう。

葉酸は、水溶性ビタミンのB群の一種で、主に血液を作ったり、免疫の機能にかかわったりしています。

ビタミンは、身体を正常に働かせるために不足してはいけない栄養素なのです。

1日で必要とする所要量はごくわずかなのですが、それでも不足すると身体のさまざまな不調が出てくるのです。

葉酸のようなビタミンB群は、身体の中で消化酵素と共に食物の分解を助けて、エネルギーを作り出す役目があります。

その他に葉酸は、赤血球を合成するはたらきがあり、血液と深い関わりがあります。

ですから、葉酸が不足してしまうと貧血や口内炎などになってしまいます。

長期的に不足することで動脈硬化をきたすおそれもあるのです。

葉酸あるある

ここまでの説明で、

・「葉酸って、妊娠中だけ必要なんだと思ってた。」

・「葉酸は常日頃からきちんととらなければいけないのか。」

・「もしかして、不足していて動脈硬化になるかも!」

などと思ったがいらっしゃると思います。

そうなんです。当然だと思います。

厚生労働省が妊娠中の葉酸摂取を推奨するようになったのは、平成12年ですからつい数年前のことです。

その情報が普及したおかげで、葉酸の必要性についてわかってきました。

でも、考えてみると妊娠中だけ必要なわけではないし、一般的に葉酸摂取が少なくなっていることが懸念されます。

そうなのでしょうか?

葉酸の摂取に関する我が国の現状

平成12年の厚生労働省からの通知で、

「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸摂取に係る適切な情報の推進について」

によると、

「我が国においても、近年、二部脊椎(神経管閉鎖障害のこと)の発症が増加傾向にあること。

また食生活の多様化により、食物摂取の個人格差が大きくなり、葉酸摂取が不十分な者が増加する懸念もあること。」

とありました。

このように、葉酸の摂取が不足することが現状としてあり、今後も心配なことだというわけです。

ですから、葉酸の不足は妊婦さんだけに限った問題ではありません。

葉酸の摂取が少なくなったわけ

なぜ、葉酸の摂取が少なくなったのでしょう。

・外食の増加

・個食の増加

・野菜不足

・食生活の多様化

などがあげられます。

これに対して、葉酸を多く含む食物とは、

・緑黄色野菜

・果物

・納豆

などがありますが、いずれも調理が必要だったり、外で食べるには不向きだったりします。

家で調理しなければ、不足しがちな栄養素なのです。

また、葉酸の特徴として、

「水や熱に弱く吸収率50%」

とあり、電子レンジや蒸し料理などの調理の工夫が必要です。

さらに葉酸は、ビタミンC、B6、B12などと一緒に食べないと吸収がよくないのです。

こうしてみると、現代人の生活には摂取がなかなか困難な栄養素といえるでしょう。

妊娠中の葉酸の役割

卵子という細胞は、0.1mmほどの大きさです。

0.1mmの大きさとは、今よく使っているペンに0.5mm、0.3mmなどという表示がありますね。あのペンで、紙に軽く「ポン」とついたくらいの大きさです。

そのわずか0.1mmの大きさから、たった10ヶ月で3000gまでに成長するのです。

何ともすごいスピードですよね。

その成長過程で大切なのが、ママの身体にある栄養です。

赤ちゃんは、ママの栄養を頼りに大きく成長するんですね。

妊娠0週から7週にかけては、細胞分裂期と言われています。

この時期に分裂、増殖した細胞は、赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などを丁寧に作っていきます。

そのため血液を作る葉酸は、この時期大量に消費されるのです。

細胞分裂や増殖に葉酸が重要な役割を担っていることから、妊娠中は不足しないよう葉酸サプリを摂取するように推奨されているのです。

気をつけたいところとしては、先に妊娠0週からと説明しました。

この時期から細胞分裂が始まっているので、妊娠前から不足しないように葉酸を摂取しておくことが大切です。

十分な栄養状態で妊娠することが、本来赤ちゃんにとって最も望ましいのです。

このことをふまえて日頃から、きちんとした食事から栄養をとる、不足しがちな栄養素を補うなどの工夫が必要です。

葉酸サプリ不足によるリスク

葉酸は、「神経管閉鎖障害」や、「口唇裂」、「口蓋裂」のリスクを下げるという大切な役割を果たします。

神経管というのは、妊娠初期に器官として形成されます。

神経管は後に脳や脊髄という中枢神経系の器官になるものです。

神経管の形成の時に、何か異常があってうまくいかなければ正常に成長できません。

これが、神経管閉鎖障害です。

神経管閉鎖障害は、無脳症や、二部脊椎など胎児の奇形や身体の麻痺につながります。

流産や死産になることもあります。

神経管閉鎖障害は、妊娠前から妊娠初期のうちに十分に葉酸を摂取することで予防できると言われています。

予防できる確率は、他に遺伝的要因などもありますので、100%ではありません。

大体70%ほど低減できるということです。

また葉酸不足は、「口唇裂」、「口蓋裂」の原因にもなります。

口唇裂は、唇がうまく形成されずに割けたように見える状態です。

口蓋裂は、口の中の上のあご、いわゆる口蓋と言いますが、そこのところがうまく形成されずに割けたように見える状態です。

口蓋裂ですと、お口のなかと、鼻の穴が一部つながってしまいます。

神経管閉鎖障害ほどの深刻に命に関わる先天性異常ではありませんが、500人に1人と頻度としては高いのです。

赤ちゃんは、おっぱいがお口でうまく吸えないため、特別な方法での授乳が必要になります。

何しろお顔のことなので、ママの心配ははかりしれません。

これに対して葉酸は、遺伝的な要因もあるため100%ではないものの、発症の可能性を低下させることができます。

これらの情報が急速に浸透し、妊娠中の葉酸サプリが愛飲されるようになりました。

葉酸サプリの選び方

葉酸サプリには、新しい命をはぐくむ目的がありますので、安全性が重視されます。

安全な葉酸サプリを選ぶポイントを、ご紹介します。

厚生労働省が推奨している葉酸量0.4mg

厚生労働省は、葉酸サプリからの1日の摂取量を0.4mgとしています。

この推奨している量を満たしていないと、サプリとしての役割ははたせません。

モノグルタミン酸型葉酸サプリ

厚生労働省が推奨する葉酸サプリは、モノグルタミン酸葉酸サプリです。

表示をよく読みましょう。

ビタミンB12の配合

ビタミンB12は、葉酸と協力してはたらく成分です。

DNAの合成や細胞分裂のはたらき、血液の成分の合成にも必要な成分です。

また、葉酸の再利用も助けますから、葉酸摂取には、このビタミンB12を同時に摂取することが大切です。

ビタミンB12のほかにも、妊娠中に必要なビタミン、ミネラルがバランスよく配合されているものが好ましいです。

化学合成添加物の有無

葉酸サプリには、食品添加物が多く入っているものもあります。

保存料、香料、甘味料などは、赤ちゃんには、必要ありません。

葉酸サプリは毎日摂取するものです。

表示をよく読んで、なるべく添加物が入っていないものを選びましょう。

放射能チェック

原発の事件以降は、放射能チェックが重要といわれています。

放射能は、胎児に奇形や障害のリスクを高めますから十分に注意が必要です。

原材料について放射能チェックをしっかり実施している会社であるか、確認しましょう。

葉酸サプリの副作用

妊娠中というと、サプリの摂取について当然副作用を心配する方も多いかと思います。

食品であれば微量しか含まれない栄養素でも、サプリメントであれば、簡単に過剰に摂取してしまうこともあるでしょう。

サプリメントで過剰に摂取した場合は、副作用のリスクがあるといわれています。

厚生労働省は、妊娠中の葉酸目標摂取量を、食事以外にサプリメントで0.4mg(400μg)を推奨しています。そして過剰摂取量を1mg(1000μg)以上としています。

葉酸の過剰摂取による副作用は、食欲不振、吐き気、不眠症、むくみ、紅斑、かゆみ、呼吸障害などがあり、胎児の喘息のリスクもあるといわれています。

避けた方がよい葉酸サプリ

葉酸サプリは、副作用を起こさないためにも以下のような点にご注意ください。

過剰摂取の配慮がない

海外性のサプリにあるのですが、葉酸過剰摂取量の1000μgを越えているものもあります。

副作用の原因になりますから注意が必要です。

販売元の情報が少ない

販売元には、企業として実績が浅く販売知識も乏しいところもあります。

長年企業として使命をもってサプリメントを販売してきたところでは、信頼と実績があります。

安心できる製品を販売しているかどうか、販売実績を確認することも重要です。

余計な添加物

毎日摂取することを考えて、余計な添加物の入っていないものを選びましょう。

購入する妊婦さんたちのことを考えれば、添加物について配慮して、説明書が記載されているはずです。

ビタミンAの過剰摂取量

ビタミンAは、体内で蓄積されやすく容易に過剰摂取に陥ります。

3000μg以上の摂取では、胎児への健康リスクが懸念されますから、ビタミンAについて配合の量に配慮されているか、見極めが必要です。

口コミから選ぶ!おすすめ葉酸サプリランキング!

これまで説明した内容をふまえて、おすすめの商品を1位からランキング形式でご紹介します。

どの点で優れているか、口コミはどうかについてもご説明しています。

第1位:オーガニックレーベルの葉酸

・栄養補給に推奨されている穀物キヌアスプラウトから抽出したモノグルタミン酸の葉酸サプリ。

・天然の成分を使用していて完全無添加。

・マカやザクロ高麗人参、ローヤルゼリーが含まれる。

・マカが配合されているため妊活向けの葉酸サプリ
第2位:SAZUKARI(サズカリ)

・天然酵母をベースにしたモノグルタミン酸型の葉酸。

・腸内環境を整える乳酸菌いり。

・ビタミン、ミネラル、鉄分配合。

・母乳の質を高めるルイボス末入り。

・女性に優しい大豆イソフラボン入り。
第3位:ママナチュレ葉酸サプリ

・天然酵母をベースにしたモノグルタミン酸型の葉酸。

・腸内環境を整える乳酸菌いり。

・ビタミン、ミネラル、鉄分配合。

・母乳の質を高めるルイボス末入り。

・女性に優しい大豆イソフラボン入り。
第4位:ベルタ葉酸サプリ

・妊娠前、妊娠中、授乳中でも安心の無添加

・酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸サプリ

・原料の放射能チェックや残農薬チェックを徹底調査済み

・ビタミンAやEの過剰摂取に配慮した配合

・口コミ①:選んだ理由は、天然の葉酸サプリで無添加だし、高品質の美容成分を配合しているから。

・口コミ②:30日間飲み終わった感想は、疲れなくなった。肌のトーンがあがって化粧のりがよくなった。
第5位:ママニック葉酸サプリ

ママニック

・妊婦さんに必要な栄養を広くバランスよく配合。

・徹底した安全チェック、安心の無添加。

・単品購入から返金保証付き。
第6位:ララリパブリック

・葉酸サプリとして海外でも人気あり。

・余計な添加物が一切なし。

・大麦若葉やケールなどの栄養価の高い野菜を配合。

・お得な定期コースが一回からでも停止可能。

・口コミ①:選んだ理由は、2015年にアメリカで1位を獲得した実績から。

・口コミ②:30日間飲み終えて、貧血が改善して立ちくらみがなくなった。
第7位:はぐくみ葉酸

・有機レモンから抽出したモノグルタミン酸型葉酸サプリ

・管理栄養士の食事サポート付き。

・ビタミンB6配合でつわりの時も安心。

・お得な定期コースがいつでも解約できる。

・口コミ①:選んだ理由は、葉酸だけでなく自然由来の成分にこだわりがある。

・口コミ②:30日間飲み終えて、立ちくらみがなくなった。
第8位:愛され葉酸サプリ
第9位:AFCの葉酸サプリ

・価格が安く安全性が高い。

・安全な食品添加物を使用している。

・ビタミンは8種類配合。

・口コミ①:選んだ理由は、お手頃価格だったから。

・口コミ②:30日間飲み終えて、体調を崩すことなくつわりもひどくならずに済んだ。
第10位:美的ヌーボプレミアム

・天然原料から抽出されたモノグルタミン酸完全オーガニック葉酸サプリ。

・栄養成分を多く含むため高齢出産ややせ体質の方むき。

・赤ちゃんの発育に必要なDHA・EPAを配合。

・価格はそれなりに高い。

まとめ

葉酸サプリについて、その役割や必要性をご紹介しました。

葉酸は、身体を正常に働かせるために不足してはいけない栄養素です。

食物をエネルギーに変えたり、血液の成分を合成することにも深い関わりがあります。

妊娠中はというと、胎児の器官形成に不可欠で、不足してしまうと胎児に異常をきたしてしまうということでした。

厚生労働省は、妊婦さんに神経管閉鎖障害の予防のために、葉酸サプリの摂取を推奨しています。

このように葉酸サプリは必要な栄養素とされていますが、商品が数多くあり迷ってしまうほどです。

商品の良さをポイントをしぼって口コミと共にご紹介しました。

もう迷わないで選べるおすすめランキングとして、

ということでした。

大切な赤ちゃんのために、かけがえのないお仕事を毎日しているママたちに、心から応援しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

妊婦さんに聞いた!妊活中から飲んでおくべき葉酸サプリTOP3【2017年6月版】

妊活中に葉酸サプリを飲んだ方がいいというのは、いまや有名な話ですよね。

というのも、厚生労働省が葉酸サプリを推奨するということがあり、瞬く間に妊活中の方へ広がり、必要不可欠な妊活アイテムとなりました。

しかし、それと同時に葉酸サプリを販売する会社が急激に増え、

  • どの葉酸サプリが安全なのか
  • どの葉酸サプリが人気なのか
  • どの葉酸サプリが効果を実感できるか

という選択肢が増えてしまいました。妊活中や妊娠中はもっと別のことに集中していたいというのが本音です。

そこで「妊活アリビオ」では現役の妊婦さん30人にアンケートを実施し、効果を実感できたという葉酸サプリを厳選しました。

葉酸サプリの選択肢に悩まれている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

【1位】ベルタ葉酸サプリ

葉酸サプリといえば「ベルタ葉酸サプリ」というほど知名度・人気ともに高い商品ですね。

楽天の売れ筋商品にも常に上位にいて、売り上げ・満足度・人気度ともに堂々の自身をもって提案できる葉酸サプリです。

もし葉酸サプリを購入検討をしているのであれば、「ベルタ葉酸サプリ」からはじめれば安心です。

また公式サイトからの購入だと、お得な割引もきくので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

公式サイトベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック

 

【2位】オーガニックレーベル葉酸 おすすめ度:

売れている商品を選びがちの葉酸サプリですが、満足度のレベルで考えているとこの「オーガニックレーベル葉酸」が一番です。

成分もきっちり含まれていて、何よりコスパがとてもいいみたいで、継続して使用することが大前提の葉酸サプリでは何よりも嬉しいですよね。

妊活中だけに限らず、妊娠中・産後にも必要なものなので、堂々の一位に選ばれたのだと感じております。

公式サイトオーガニックレーベル葉酸の公式サイトをチェック

 

【3位】SAZUKARI(サズカリ)

SAZUKARI(サズカリ)は多くの妊活中~産後の女性の方々に指示をされている葉酸サプリです。

なかでも、吸収率の高いアグリコン型イソフラボンが配合されているため、妊活のために結果を出せるカラダ作りができると人気を呼んでいます。

また不安がある遺伝子組み換え大豆や農薬などは一切しようしておらず、心配無用で妊活をサポートしてくれます。

公式サイトSAZUKARI(サズカリ)の公式サイトをチェック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-葉酸サプリ

Copyright© 妊活アリビオ , 2017 All Rights Reserved.