着床出血はいつから?生理との違いや期間は?痛みはある?

「妊娠したかなと思ったらまた生理…。今回もダメかな。」なんて思った人!ちょっと待ってください。もしかするとその出血、生理ではなく妊娠の合図である「着床出血」かもしれません。

中には着床出血が起きない人もいますが、妊娠したときに着床出血が起きた人も意外と多いんですよ!

では、生理との違いや期間、タイミングなど、着床出血とはいったいどのようなものなのかをご紹介します。

着床出血とは?

まずは着床出血についてご紹介します。着床出血は名前のとおり、受精卵が着床したときに起こる出血のことです。

受精卵は細胞分裂をしながら、卵管から子宮へと向かい、子宮にたどり着くと胚盤胞となった受精卵は子宮内膜に着きます。

着床するときに胚盤胞の厚くなっている部分が、子宮内膜に根をおろしますが、そのときに子宮内膜や周辺の血管を傷付けてしまうため、出血してしまいます。

ただし、誰にでも起こるわけではなく、血管などを傷つけることなくうまく着床できれば、着床出血は起きません。

また、1度着床出血を経験した人でも、次の赤ちゃんのときに同じように着床出血が起きるというわけではありません。

着床出血のタイミングと期間

着床出血が起きるタイミングはだいたい生理予定日の数日前から、生理予定日周辺に起こることが多いです。

出血量は通常の生理と変わらない場合もあれば、おりものに少し血が混ざっていた程度など、人によって違います。

ただし、あまりに出血量が多い場合は、子宮頸がんや子宮体がんなどの、不正出血を起こす病気の可能性も考えられるので、きちんと検査しておくことをおすすめします。

また、着床出血が続く期間も人によって違い、かなりの個人差があります。人によっては生理と勘違いしてしまうこともあるようです。

着床出血と生理の違い

生理予定日周辺に起こり、人によっては生理と出血量が変わらない着床出血。しかし、生理だと勘違いして放置してしまうと、赤ちゃんの成長に影響が出てしまう可能性があります。

ここでは、着床出血と生理を見分ける方法・違う点についてご紹介します。

ニオイ

着床出血と生理ではニオイに違いが出ることがあるようです。

ただし、わずかな違いなので、見分けるのが難しいかもしれません。

・着床出血…子宮内膜が傷ついたことで出てくる新しい血なので、ニオイはほとんどありません。また、テクスチャは切り傷のときの出血のようにさらっとしています。

・生理…作られてから時間が経過した血が出てくるので、血生臭さや、鉄っぽさが強いニオイがします。

・着床出血…おりもの状で茶色くドロっとしている。うっすらとピンク色、真っ赤な鮮血

・生理…赤黒くドロっとしている、赤茶色、真っ赤な鮮血

着床出血の色は人によって異なり、色で生理と見分けるのは少し難しいかもしれません。人によっては生理でも、着床出血にような色の人もいます。

そのため、色では違いはほとんど出ないでしょう。

痛み

着床出血にも生理同様に痛みを感じることがあります。生理痛のように子宮の奥から鈍く思い痛みというよりも、チクチクした感じの痛みだと言われています。

しかし、医学的根拠がないうえに、生理痛でも同じような痛みが出ることもあるので見分けはつきにくそうです。

ただし、着床出血を経験した人の多くは、痛みを感じることがあったそうなので、どんな痛みがあるか、ふだんの生理と痛みは違うのか比べることをおすすめします。

基礎体温

着床出血と生理は、見ただけではほとんど違いはわかりません。

しかし、着床出血が始まると、体はすでに赤ちゃんを成長させるための体へと変化しています。

そのため、生理なのか着床出血なのか見分けるなら、基礎体温を見るのがいちばんわかりやすいでしょう。

通常は約2週間毎に高温期と低温期をくり返します。排卵日を過ぎると高温期に突入し、生理がくるころには体温が下がり低温期となっていますが、着床すると高温期がずっと続き体温が下がりません。

高温期が続いているのに出血があったという場合は、着床出血の可能性を考えてもいいかもしれません。

排卵出血と着床出血の違いは?

女性の体は生理以外にも出血することがあります。とくに多いのが、排卵時に起こる排卵出血です。

排卵出血も着床出血と間違えられやすいため、違いをよく理解しておくとよいでしょう。

・量

  • 排卵出血…わずか
  • 着床出血…生理と同じくらいからおりものに少し混ざる程度まで(個人差あり)
・期間

  • 排卵出血…高温期に移行すると止まるため1~2日程度
  • 着床出血…1日~1週間程度など(個人差あり)
・痛み

  • 排卵出血…下腹部に軽い痛み
  • 着床出血…チクチクした痛みが多い

出血があったら妊娠検査薬を使って大丈夫?

妊娠検査薬の結果をより正確に出すためには、妊娠中に分泌されるhCGホルモンが増えている時期にやるのが重要です。

妊娠検査薬はhCGホルモンに反応して、妊娠の有無を判別するため、妊娠をしていてもhCGホルモンの分泌が少ない時期に妊娠検査薬を使っても正確な検査結果を出すことができないのです。

hCGホルモンが尿に出始めるのは、着床してからだいたい3~4日ほどです。

なので、出血があってすぐに検査するのはおすすめできません。

もし、本当に着床出血だったのか、妊娠しているのかと正確に知りたい場合は、生理予定日の1週間後を目安に妊娠検査薬を使うことをおすすめします。

着床出血があったときの対策

着床出血があるころは妊娠超初期で、ほとんど妊娠を感じられるような自覚症状はありません。

しかし、妊娠はすでに始まっており、赤ちゃんの成長にとても大切な時期であるため、万が一妊娠していたときのことを考えて行動をするのがいいでしょう。

たとえば、飲酒や喫煙を日常的に行っている人は、出血が確認できてからしばらくは控えるようにしましょう。

もちろん、薬でも影響が出るので控えることをおすすめします。

もちろん、出血がただの不正出血や生理の出血であり、着床していない可能性もあるのですが、つねに妊娠したときのために対策をしていれば、いざというときもきちんと対応できるようになると思います!

また、妊娠前から葉酸を摂取するといいと言われているので、性行為を行った時点で葉酸を摂取し始めることをおすすめします。

葉酸は妊娠中だけでなく、常日ごろから摂取しておきたい栄養素なので、妊娠していなくても摂取したところで損をすることはないでしょう。

妊活中の人や妊娠を望んでいる人はぜひ、積極的に葉酸を摂取してみてくださいね。

着床出血は個人差が大きい

着床出血はかなり個人差が大きく出る出血だと思います。

量はおりものに少し混ざる程度だったり、生理と同じくらいだったり、期間もニオイも色も、すべて個人差が大きく出ます。

生理とはまったくメカニズムが違うので、同じではありませんが、個人差により生理と勘違いしてしまうのも仕方のないことです。

もし、妊娠を望んでいるのならば、その出血が本当に着床出血かどうか、より正確に確認するためにも、基礎体温をしっかり付けることをおすすめします。

見た目だけでは生理とほとんど違いはありませんが、基礎体温だけはハッキリと違いが出やすいです。

健康的に赤ちゃんを成長させるためにも、より早く妊娠を察知することが大切なので、基礎体温を測ることを毎日の週間にしておくことがおすすめです。

妊娠前~妊娠初期の大事な栄養「葉酸」は摂取していますか?まだの方は下記関連記事を参考にしてみてください。

 妊活アリビオ 
妊活アリビオ

注目記事

【必見】妊活サプリの成分別おすすめランキング!

妊活に取り組むとき、悩みを解決するために、妊活サプリの力を借りてみてはいかがでしょうか。

葉酸はいつまで飲むべき?時期別の摂取量とは

妊娠すると必要な葉酸の量が増えるため、サプリなどでとった方が良いとしています。

【おすすめ葉酸サプリランキング】選び方のポイントも紹介!

葉酸はビタミンBの一種で、血液をつくったり細胞の成長を助けたりする栄養素です。 妊娠するとなりやすい貧血の予防や、赤ちゃんの成長を助ける作用があります。