基礎体温の測り方やグラフの見方!高い時や低い時は?妊娠した時は?

基礎体温を測ったほうがいいとわかっていても、基礎体温を測ることになんの意味があるのだろ?と思ったことはありませんか?

体温なんていつも同じくらいって思っている人も多いかもしれませんが、女性はホルモンバランスの変化によって体温も変化するようになっています。

なので、基礎体温を測ることで、体の状態、ホルモンバランスの状態、隠れた病気の可能性など、さまざまなことを知ることができるのです。

今回は、基礎体温の正しい測り方から、基礎体温のグラフの見方についてご紹介します。

基礎体温の正しい測り方とは?

まずは基礎体温の正しい測り方についてご紹介します。

用意するものは体温計と基礎体温表です。基礎体温を測るとき、ふつうの体温計を使っている人も多いと思いますが、より正確に知るなら、基礎体温専用の婦人体温計を使うことがおすすめです。

通常の体温計は、小数点第1位までしか測定できませんが、婦人体温計は小数点第2位まで測定できるので、より正確な体温を知ることができます。

つぎに測り方ですが、測るタイミングは朝目覚めてすぐのタイミングです。

体を動かすと体温が上がってしまうので、寝たままの状態で、体温計を口にくわえて測ります。

体温計をくわえるときは、口は軽くとじる程度で、体温計は手で抑えて安定させましょう。

測るときのポイント

基礎体温を正しく測るときのポイントは、毎朝できるだけ同じ時間に測ることと、起きてから基礎体温を測り終わるまでは、起き上がるのはもちろん、動いたりしないようにしてください。

体温計を当てる場所は、舌の裏の奥の方にある、舌小帯という中心部分のすじの横です。

よく舌の上で測っている人がいますが、上だと体温に誤差が出やすくなるため、かならず裏側で測りましょう。

基礎体温のグラフの見方って?

つぎに、基礎体温のグラフの見方についてです。

こちらは基礎体温のグラフをかんたんに表したものになります。アプリでもアナログでも、実際の表はもっと細かくなっているので、もっとわかりやすいと思います。

基礎体温のグラフ

まず、縦軸は体温で、横軸は日にちになっています。その日の体温の部分に印を付けて、印と印をつなげると、表のように折れ線グラフになります。

折れ線グラフにすることで、体温が低いときと高いときの差がよく分かるようになります。

基礎体温は低温期と高温期がある

基礎体温を測ると、体温が低い時期と高い時期が定期的にくり返されているのがわかると思います。

基礎体温のグラフ2

まず、体温が低い時期を低温期、体温が高い時期を高温期と言います。低温期と高温期は生理周期に対応してわかれています。

生理周期にもよりますが、低温期と高温期はそれぞれ11~15日程度でくり返されています。

低温期でいちばん体温が低くなっている日の前後が排卵日付近で、妊娠しやすい時期となっています。

排卵が終わると、徐々に体温が高くなっていき、高温期に突入します。

高温期は受精卵を着床しやすくするために子宮内膜を厚くする時期です。

卵巣に黄体が作られ、黄体ホルモンが(プロゲステロン)の分泌が多くなります。

高温期が終わると、徐々に体温が低下していき、子宮内膜がはがれて血液といっしょに排出されます。

要するに、高温期が終わると生理がくるということです。

生理が終わると、排卵の準備が始まります。

卵巣の中にある卵胞が育って、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が多くなります。

そして、排卵が起き徐々に体温が上がり高温期へ突入します。

基礎体温のグラフからわかること

基礎体温をグラフにすることでわかることがいろいろあります。

ここでは基礎体温グラフからわかることをまとめています。

・生理周期がわかる

まずは生理周期です。生理周期はだいたい1ヶ月程度と言われていますが、一般的には28~35日程度となっています。

なので、人によって1週間ほど差があるということです。

なお、28~35日以内であれば、1週間程度のズレが生じても問題ないとされています。

もし、生理周期が22日以内なら「頻発月経」、39日以上なら「稀発月経」の可能性があります。

頻発月経の場合は卵胞の成長が不十分で、稀発月経の場合は排卵のトラブルがある可能性があります。

生理周期を把握することで、体で起きているトラブルの可能性も知ることができます。

・妊娠しやすい日がわかる

多少のズレはありますが、低温期から高温期に移行する前の、いちばん体温が低くなる日の前後に排卵が行われます。

妊娠しやすい日は排卵の3~4日前から1~2日後となっています。

グラフを付けることで妊娠しやすい日が把握できるようになります。

・排卵がされているかどうかがわかる

正常に排卵が行われている女性は、低温期と高温期がきちんとわかれています。

しかし、排卵が正常に行われていない女性の場合は、低温期と高温期にわかれていません。

もし、体温がつねに一定で変化がなく、低温期と高温期にわかれていない場合は、排卵されていない可能性があります。

きちんと生理がきていたとしても、無排卵月経である可能性が高いです。


 妊活アリビオ
妊活アリビオ

・妊娠しているかどうかがわかる

妊娠をすると、黄体ホルモンの分泌が増加します。

黄体ホルモンの分泌が増加するときは、高温期のときなので、妊娠をすると高温期が続く状態になります。

なお、黄体ホルモンは妊娠後期まで続くため、妊娠中は基礎体温自体が上昇します。

14日以上の高温期が続くと、妊娠している可能性があると言われていますが、妊娠していない女性でも17日ほど続くことがあります。

なので、14日目以降も体温が下がることなく高温期が続く場合は、妊娠の可能性を疑ったほうがよいでしょう。

より正確に把握するためには?

基礎体温のグラフは数字からでしか、体の状態を把握できません。

より正確に状態を把握するためには、グラフに情報を詳しく書き込むことをおすすめします。

基礎体温に影響のあることを書き込もう

以下のような行動は基礎体温に影響がでやすくなります。

なので、以下のような行動をしたときは、そのことをきちんと書き込んでおきましょう。

・睡眠時間が4時間以下、もしくは起床する4時間前以内に1度目覚めるなど

・就寝が深夜2時すぎもしくは、起床が午前5時前

・前日のアルコール摂取

・寝汗を多くかいているとき

必要な情報を書き込む

また、体の状態など、必要な情報を書き込むことも、より正確に状態を知るためには必要です。

以下のことがあったらグラフに書き込むようにしましょう。

・生理日

・性交渉をした日

・不正出血、オリモノなどの症状

・排卵検査薬や妊娠検査薬の結果

・ピルなどのホルモン剤を飲んだ日

ほかにも、不妊治療をしている場合は、病院に行った日や検査結果、処方された薬と飲んだ日なども書き込むといいでしょう。

たくさんの情報を書き込むことで、より正確に隠れた病気やトラブル、妊娠に対する体の状態などを把握できるようになります。

気分の変化を書いておくのもおすすめ!

女性はホルモンバランス次第で気分の変化がありますよね。

この日どんな気分だったかというのも書き込んでおくと、ホルモンバランスの状態が把握しやすくなると思います。

例えば、高温期は黄体ホルモンが分泌される時期なので、月経前症候群などでイライラしたり感情的になりやすかったりします。

もし、高温期にイライラしたりしているなら、ホルモンバランスの影響だとわかりますし、低温期でイライラしたりすることがあるなら、ほかに原因があるということもわかります。

ホルモンバランスの影響なのか、ほかに原因があるのかを把握するためにも、気分の変化をかんたんにメモ程度でいいので書き込んでおきましょう。

基礎体温を測って体調管理をしよう!

基礎体温を測ることって正直面倒な行為だと思います。

しかし、しっかり継続的に測り続けることで、体の状態や隠れた病気などに気付くことができるようになります。

とくに、妊娠を望んでいる妊活中の人は、排卵日をしっかり把握することが大切になってくるので、基礎体温を測ることは妊娠に大きく貢献することだと想います。

医療機関で受診する場合も、基礎体温をしっかり測っておけば、よりスムーズに、正確に妊娠の可能性や、病気の可能性を知ることができるので、ぜひいまからでも、基礎体温を測ることを始めてみてはいかがでしょうか。

注目記事

【必見】妊活サプリの成分別おすすめランキング!

妊活に取り組むとき、悩みを解決するために、妊活サプリの力を借りてみてはいかがでしょうか。

葉酸はいつまで飲むべき?時期別の摂取量とは

妊娠すると必要な葉酸の量が増えるため、サプリなどでとった方が良いとしています。

【おすすめ葉酸サプリランキング】選び方のポイントも紹介!

葉酸はビタミンBの一種で、血液をつくったり細胞の成長を助けたりする栄養素です。 妊娠するとなりやすい貧血の予防や、赤ちゃんの成長を助ける作用があります。