生理が来ない…そんな時多くの人は「妊娠」が頭に浮かぶのではないでしょうか。

しかし、妊娠を検査薬でチェックができるのは生理予定日の1週間後。
妊活中や仕事の都合など様々な理由から「妊娠したらすぐにわかればいいのに」と思う人も多いようです。
実際「妊娠してるのかな……どうかな」とモヤモヤしている時が一番不安ですよね。

検査薬で陽性反応が出る前の時期を妊娠超初期とよび、その時期に現れる症状は妊娠超初期症状といいます。
ただし、生理前の症状ともよく似ているため、妊娠初期症状なのかが明確にならないこともあります。

今回は確実でなくても、少しでもはやく妊娠の可能性が知りたいと考える人に向けて妊娠超初期症状について詳しく紹介します。

妊娠超初期症状が出るのは受精卵が着床してから

セックスして精子と卵子が出会って受精したら、もう妊娠?その日から症状が出るの?と思うかもしれませんが、少し早すぎます。

妊娠したといえるのは、受精卵が子宮にたどり着いて「着床」したときです。
受精卵は約1週間かけて子宮内膜に着床し、この時妊娠が成功したとなります。
妊娠超初期症状が起こるとしたらこのあたりから。
だいたい次の生理日の1週間前くらいです。

ちなみに精子は、卵管の中で3日~5日間生き続けることができるといわれています。
そのため、排卵日前にしたセックスで妊娠することも十分あり得ます。

妊娠超初期症状の例

では、妊娠超初期症状とは具体的にどのような症状があるのでしょうか。
例をもとに紹介していきます。
どの症状も感じ方には個人差があり、なかには全く感じない人もいます。

生理前の症状とも似ているため、妊娠だと思ったら生理が来た…ということもあるので、期待しすぎたり心配しずぎたりしないようにしてくださいね。

着床出血がある

受精卵が子宮内膜に着床する時に、子宮内膜や周辺の血管を傷つけることがあり、その時に起こる出血を「着床出血」といいます。
ホルモンの影響や、血管を傷つけることなく着床が成功することがあるため、すべての人に現れる症状ではありません。

量や色には個人差がありますが、なかには出血が数日続く人もいるため、生理と勘違いしてしまうケースもあるようです。
生理と見分けがつきにくい着床出血ですが、ニオイや色がとは少し異なります。

着床出血と生理の見分け方について詳しく知りたい方は「着床出血はいつから?生理との違いや期間は?痛みはある?」の記事をチェックしてください。

出血後すぐはまだ検査薬で測定できないので、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬で確認をしましょう。
また、結果的に妊娠していなくても、いつもと違う出血があった場合は一度婦人科で相談することをおすすめします。

体温が上がり、眠くなる

妊娠中は我慢しきれないほどの眠気におそわれることも…。

体温が上がり、眠くなる原因は「プロゲステロン」という女性ホルモンにあります。
妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌され、hCGがプロゲステロンの生産を促します。

プロゲステロンは体温中枢に作用するため、基礎体温を高めて眠気を感じやすい状態になるのです。

基礎体温を測っている人はいつもより高温期が長く続いているようであれば妊娠の可能性があります。
基礎体温について知りたい方は基礎体温の測り方やグラフの見方!高い時や低い時は?妊娠した時は?も合わせてチェックしてみてください。

また、今測っていない方でも、基礎体温を測ると、排卵日や妊娠の可能性も確かめやすいのでオススメですよ。

胸やお腹が張る

プロゲステロンの影響で胸が張ることがあります。
乳首も敏感になり、触ると痛みを伴うこともあるようです。

お腹も張り、子宮の動きによって下腹部がキューっと締め付けられたり、チクチクした痛みを感じる人もいます。
個人差があり、何も感じない場合もあるので胸やお腹に変化がないからといって絶対妊娠していないわけではありません。

頭痛や腰痛が起こる

プロゲステロンの影響で頭の血管が広がるので、頭痛が起きやすくなります。
人によっては吐き気をともなうほど重い頭痛が数週間続くことも。
まずは無理せず安静にしてください。

また、妊娠するとリラキシンと呼ばれる子宮周りの靭帯をゆるめるホルモンが出るので、骨盤が不安定になり腰痛になる人もいます。

妊娠の可能性があるときなので、頭痛や腰痛を抑えるために、市販の鎮痛剤は飲まない方がいいでしょう。
薬の種類によりますが、なかには奇形のリスクが伴うものもあります。

つらい頭痛が続くようなら、妊娠の可能性を話した上で医師の診察を受けてください。

参考:エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92 P66-67

匂いに敏感になり、食事の好みが変わる

妊娠初期に、今まで平気だった匂いや好きだった香りまで苦手になることも。
食べ物の好き嫌いが逆になるなど、味覚の変化があるといわれています。

また、喫煙者やよくお酒を飲む人のなかには、タバコの煙が苦手になったり、お酒の匂いを受け付けなくなるという方もいるようです。
妊娠初期は赤ちゃんの脳や脊髄をつくる大切な期間です。
妊娠の可能性がある時は、特に変化を感じていなくても念のためお酒やタバコを控えましょう。

妊娠超初期のタバコやお酒については「妊娠前のタバコや飲酒、いつまでOK?わかっていてもやめられないあなたへ」で詳しく紹介しています。

すぐにつわりが始まる人も

昔のドラマではよく、みんなでごはんを食べている最中に急に「オエッ」と気分が悪くなり「まさか…妊娠?」というシーンがありました。
そんなに早くつわりってくるものなのでしょうか。

実はつわりは早い人だと妊娠超初期を迎える頃にはじまります。

いきなり吐くというよりも、徐々に吐き気や胃のムカつきを感じるようです。
つらいときは無理せず、嘔吐した時には脱水症状になりやすいので水分をしっかりとるようにしてください。
すでにつわりのような症状がある人は「つわり」はいつからくる?ピークのときは?症状軽減のための対処法や食べ物も解説」もチェックしてみてください。

ほかにも色々ある、妊娠超初期症状

妊娠超初期症状には、こんなものもあります。

  • 頻尿や便秘・下痢になる
  • おりものが変化する
  • 肌の調子が悪い
  • 体がダルく、やる気が出ない
  • ささいなことでイライラする

ここまで妊娠超初期症状について紹介してきましたが、生理前に感じる症状【月経前症候群(PMS)】と似ているため、見分けがつきにくい部分も多いですよね。

妊娠を望んでいる人もそうでない人も「妊娠したかも!?」と思ったとたんに体の変化に敏感になるということもあるようですよ。
また、月経前症候群にストレスが加わって、いつもよりイライラしたり、生理が遅れるなんてこともあるので確かなことは言い切れません。

妊娠超初期症状はあくまで目安です。
妊娠しているかはっきり知るには、生理予定日の1週間後に検査薬で確かめましょう。

続いては「妊娠中に注意したいこと」について紹介します。
妊娠の可能性があるなら妊娠検査薬を試す前から、赤ちゃんに影響があることについて注意をしていきましょう。

妊娠しているかも…と思ったら注意したいこと

妊娠初期は赤ちゃんの身体がつくられる大切な時期です。

妊娠の可能性を感じたらおなかの赤ちゃんのためにも食生活や生活習慣に注意しましょう。

  • バランスのよい食生活を心がける
  • 葉酸を摂る
  • 十分な睡眠
  • 禁煙(人のタバコの煙も吸わない)
  • お酒、カフェイン飲料の飲みすぎに気をつける
  • ストレスをためない
  • 体を温める
  • 適度な運動
  • 薬に注意(医者や専門家に確認して使用しましょう)

注意すべきことがたくさんありますね……!
いきなり全部実行するのは難しいかもしれません。
まずはできる部分から行っていくと良いでしょう。

バランスの良い食事について詳しく知りたい方は「妊婦に必要な栄養とは?妊娠前から気をつける食事のこと」で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

また、妊娠中には葉酸が欠かせないということをご存知でしょうか。

葉酸は赤ちゃんの成長やママの身体にとても大切な栄養素です。

厚生労働省でも妊娠の1ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間は、バランスのとれた食事とサプリメントで葉酸を摂取するよう推奨しています。

続いては、妊娠中と葉酸の関係について詳しく紹介していきますね。

妊娠初期には葉酸が欠かせない!忘れずに摂取して

妊娠超初期、妊娠初期には葉酸が欠かせません。
ここからは妊娠初期に葉酸が必要な理由、必要な量、おすすめの葉酸について紹介します。

なぜ葉酸が必要なの?

妊娠初期に葉酸が必要とされている理由は大きくわけて2つあります。

1.神経管閉鎖障害のリスクを低くするため
2.ママの貧血を予防するため

これから詳しく説明していきます。

神経閉鎖障害のリスクを低くするため

神経管閉鎖障害とは赤ちゃんの先天性の病気のことで、神経管がうまく形成されないことで無脳症や二分脊椎などを発症します。

妊娠初期に葉酸をとることで、先天性奇形の神経閉鎖障害のリスクは低減できるといわれています。
なぜ低減できるかというと、葉酸には細胞分裂を手助けする働きがあるためです。

妊娠超初期、妊娠初期は赤ちゃんの脳や脊髄など身体の基本となる部分をつくるため、細胞分裂が活発になるので特に葉酸が必要とされています。

参考:厚生労働省 e‐ヘルスネット「葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果」

ママの貧血を予防するため

葉酸には細胞分裂を助ける働きの他に、赤血球を合成する働きやビタミンB12と血液をつくる働きもあります。

妊娠初期に細胞分裂が活発におこり、脳や脊髄、臓器がつくられるときには血液が大量に消費されます。
赤ちゃんはママの栄養を頼りに大きく成長するため、血液が足りなくなった時にはママが貧血に陥ることがあるのです。

葉酸を摂取することで、貧血を予防できます。

参考:小児慢性特定疾病情報センター「巨赤芽球性貧血」

1日どのくらいの葉酸を摂取すべき?

では、神経閉鎖障害のリスクを低くしたり、ママの貧血を予防するためには、1日にどのくらいの葉酸を摂取したら良いのでしょうか。

妊活中~妊娠初期は480㎍の葉酸が必要といわれていて、厚生労働省では食事から240㎍、サプリから400㎍を摂取することを推奨しています。

葉酸が多く含まれる食べ物は枝豆やほうれん草があげられますが、240㎍摂ろうとすると、枝豆を100g、ほうれん草の場合は約2束食べる必要があります。
妊娠初期は、積極的に葉酸の入った食べ物を摂るようにしましょう。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書1─6ビタミン(2)水溶性ビタミン

↓こちらの記事もおすすめ!


妊娠初期にオススメの葉酸サプリ3選

妊娠初期になぜ葉酸が必要かについて説明をしてきました。
ここからは、厚生労働省でも推奨されているサプリから400㎍の葉酸を摂取するのにオススメの葉酸サプリを紹介します。

1.ベルタ葉酸


>>ベルタ葉酸公式サイト<<

内容量 120粒入り
通常価格 5,980円(税込) 送料無料
定期価格 3,980円(税込) 送料無料

ベルタ葉酸は、酵母葉酸といわれる体内への吸収率が高い葉酸を使っています。
また、妊娠中のママに必要な栄養素に加えて美容成分も配合されているので、栄養を摂りながら美肌を目指せるのも嬉しいポイント。
さらに、商品研究・商品開発をすべて現役のママが行っているので妊娠中に気になる「飲みやすさ」「安全なもの」という部分もこだわって作られていて安心です。

ベルタ葉酸サプリの口コミ・評判ページへ

2.ララリパブリック


>>ララリパブリック公式サイト<<

内容量 120粒入り(約30日分/1日4粒目安)
通常価格

3,685円(税別) 送料無料

定期価格 2,759円(税別) 送料無料 ※25%OFF

動物系の素材は使わず、国産の野菜や美容成分も厳選して使用している葉酸サプリ。
飲みやすさにもこだわり葉酸のにおいを抑えるコーティングやサイズもママに最適なものにしました。
また、素材だけではなく製造する工場でも品質管理や衛生管理が徹底されています。
最終加工地もクリアにしていてママが安心して飲めるように考え抜かれた葉酸サプリです。

ララリパブリックの口コミ・評判ページへ

3.プレミン


>>プレミン葉酸公式サイト<<

内容量 124粒入り
通常価格 5,980円(税込) 送料無料
定期価格 3,780円(税込) 送料無料(LINE登録要)

プレミンは妊活から産後まで、時期別に選べる葉酸サプリです。
時期別なので、妊娠初期に必要とされる葉酸や栄養素をしっかりと摂れます。
また、余分な成分を配合していないので、美容成分などは入っていません。

妊娠初期に必要な成分を安心して飲みたいというママにオススメです。

妊娠中は葉酸の摂取を忘れずに

妊娠中の葉酸の必要性について紹介してきました。
葉酸は妊娠する前からも身体に必要な成分なので、妊娠を考えている人は積極的に摂取しましょう。

葉酸サプリについてもっと詳しく知りたい方は「おすすめの葉酸サプリランキング」も併せてチェックしてみてくださいね。

また、妊娠初期症状を感じているとはいえ、症状だけでは妊娠していると判断しきれません。
妊娠の可能性があるなら、生理予定日から1週間後をめどに妊娠検査薬でチェックをしましょう。
続いては、妊娠検査薬について詳しく紹介していきます。

生理予定日1週間後には妊娠検査薬でチェックをしましょう

妊娠検査薬、といっても妊娠の可能性を感じるまではまじまじとパッケージをみたり、妊娠検査薬について調べるという人は少ないのではないでしょうか。

妊娠検査薬は「99%以上の正確さ」と書いているものが多く、正しく使用すれば、正確に妊娠判定ができます。

正しく使うということは、使い方はもちろんですが、生理予定日から1週間後の時期に使うということでもあります。
妊娠検査薬の使い方については「妊娠検査薬はいつから反応がでる?おすすめ検査薬と正しい使い方!」をチェックしてください。

フライング検査で陰性でも油断は禁物

結果を早く知りたくて生理予定日ぐらいから検査薬を使ってみる「フライング検査」をする人も多くいます。
こういった早すぎる検査は正確さに欠けるため、妊娠しているのに陰性になることも。

フライング検査で「妊娠してなかったんだ」と安心して、いつも通りの生活に戻るのはちょっと早いです。
生理予定日から1週間以降で本当に陰性かどうか確かめるようにしましょう。

妊娠初期は赤ちゃんの体の基本部分が作られる大切な期間。
妊娠してないと本当にはっきりするまでは、お酒やタバコを控え、体を冷やさない生活を送ってくださいね。

陽性反応がでたら産婦人科で検査を

産婦人科ではっきり赤ちゃんの心音が確認できるのは、妊娠5~6週目前後です。
妊娠5週目より早く産婦人科に行っても、まだ妊娠しているかどうかわからないことがありますので、要注意です。

また、検査薬で妊娠がわかっても、それが正常妊娠とは限りません。
子宮外妊娠や流産の危険性があるかなど、早めに産婦人科で確認する必要があります。
「妊娠してることは検査薬でわかったけど、忙しいから産婦人科はもっとあとで行こう」という考えは危険です。

妊娠初期は、再検査がない限りは1ヶ月に1度の受診ですむことが多いです。
最初に行った病院で必ず産まなければいけないわけではないので、検査薬で陽性が出たらできる限り早く受診してください。

産婦人科でする検査は3つ

婦人科は受診したことがあるけど産婦人科ははじめて、という人も多いのではないでしょうか。

妊娠している場合、産婦人科で最初に行うのは下記の検査です。

・尿検査

・超音波検査

・内診

超音波検査とはエコー検査ともいい、お腹に超音波をあてて子宮の様子を見ます。

週数が早くまだ赤ちゃんがしっかり確認できない場合は、次回の診察時になることもあります。

産婦人科の内診、一体何をするの?

初めての産婦人科の内診。
はじめての検査は緊張する方も多いようです。

産婦人科では内診の時、まず下着を脱いでイスのような内診台に乗ります。(ベッドの場合もあり)

内診台の足の部分にカーテンがあることが多く、診察の様子は見えないようになっています。

カーテンの向こうで、医師が膣(ちつ)に器具や指を使って子宮の様子を調べます。

初めは緊張するかもしれませんが、内診はエコーだけではわからない子宮の異常を見つけるための大切な検査です。

ちょっと抵抗がある人は、女医さんのいる産婦人科がいいかもしれません。

男性のお医者さんでも内診は毎日の慣れた作業ですので、こちらが気にしすぎることはないです。

内診を受けた人の体験談では下記のような内容が見受けられました。

  • 下着を脱ぐ時は診察室に誰もいない状態になりますし、内診自体も5分とかからずに終わった。
  • 器具を使うので、体を緊張させないようにした方が違和感や痛みは感じないと思います。

  • その時の医師はベテランの男性でしたが、慣れた様子で淡々と進むのでまったく抵抗ありませんでしたよ。

  • 当時はまだ20代半ばでしたし、若い男性医師の方は気になってしまったので、女医さんがいるところにしました。

出血があっても内診は受けられます。
妊娠の可能性があり、不正出血している場合はすぐに診察を受けましょう。

産婦人科を受診するときの持ち物と服装

産婦人科に行く時は以下のものを持っていきましょう。

・健康保険証

・基礎体温表(つけている人だけ)

・生理用ナプキン

基礎体温表はなくても大丈夫です。

内診時に少し出血することがあるので、念のため生理用ナプキンがあれば安心です。

妊娠が確定すると役所に母子手帳をもらいに行きます。

妊娠検診費用の補助券がもらえますので、母子手帳は必ず持って行きましょう。

産婦人科は人気のところだと予約しても1時間以上待つことあります。そんな時に暇つぶしの本があると苦になりません。

次に、検査にそなえたおすすめの服装もご紹介します。

・血液検査のため、そでがまくりやすい服

・おなかを出しやすい上下セパレートの服

・スカートまたは脱ぎやすいズボン

内診がスムーズに受けられるよう、ボトムスや下着、くつ下、くつは脱ぎやすいものを選んでください。

産婦人科での内診は、赤ちゃんの成長だけでなく、ママの身体の状態もきちんと診てもらう検査です。
不安なことがあると、検査へ行きづらいので、事前に産婦人科に電話を入れて質問をしてみるのも良いかもしれません。

妊娠がわかるのは生理予定日の1週間後から!まずは体調の変化をチェックしてみよう


妊娠がわかるのは、検査薬が使えるようになる生理予定日の1週間後からです。

はやい人だと妊娠0週~4週目までの妊娠超初期と呼ばれる時期から妊娠初期症状など体調の変化があることも。
しかし、妊娠初期症状を感じた場合にも、妊娠したとは言いきれず、生理前の症状ということもあります。

妊娠しているかをしっかりと確かめるためにも、生理予定日の1週間後には妊娠検査薬でのチェックをするようにしましょう。
妊娠検査薬を使って妊娠がわかった場合でも、正常に妊娠しているか産婦人科で必ずみてもらってくださいね。

妊娠超初期、妊娠初期は赤ちゃんの細胞が分裂している頃になります。
食生活や生活習慣に気を付けるのはもちろん、赤ちゃんやママにとって大切な葉酸の摂取も忘れないようにしましょう。

葉酸サプリおすすめランキングへ

注目記事

【必見】妊活サプリの成分別おすすめランキング!

妊活に取り組むとき、悩みを解決するために、妊活サプリの力を借りてみてはいかがでしょうか。

葉酸はいつまで飲むべき?時期別の摂取量とは

妊娠すると必要な葉酸の量が増えるため、サプリなどでとった方が良いとしています。

【おすすめ葉酸サプリランキング】選び方のポイントも紹介!

葉酸はビタミンBの一種で、血液をつくったり細胞の成長を助けたりする栄養素です。 妊娠するとなりやすい貧血の予防や、赤ちゃんの成長を助ける作用があります。