妊活・妊娠中の「健康・美・安心」をサポートする情報サイト

妊活アリビオ

妊娠中

妊娠中のカルシウム不足で起こる症状と正しい取り方とは?

更新日:

Pocket

妊娠中のカルシウム不足で起こる症状と正しい取り方とは?

カルシウムは歯や骨を作るたいせつな栄養素です。

当然、赤ちゃんの成長にも必要な栄養素なので、妊娠中はふだんよりもカルシウムを積極的に摂取することが勧められています。

では、もしも妊娠中にカルシウムが不足してしまったらどうなるのでしょうか?

ここでは、妊娠中のカルシウム不足で起こる症状と、カルシウムの正しい摂取方法についてを解説しています。

妊娠中はカルシウムが必要!

体内のカルシウムは99%が骨や歯に蓄積され、残りの1%は血液や筋肉などに存在して、心臓機能や筋肉の収縮などに影響します。

また、出血時に血液が固まる血液凝固もカルシウムが関わっています。

人間にとって必要不可欠なカルシウムは、お腹の赤ちゃんの骨や歯を作るためにも必要不可欠な栄養素です。

また、筋肉や心臓の発達や酵素の活性化にも関わってくるため、妊娠中はカルシウムが必要不可欠な栄養素になります。

妊娠中はカルシウムの吸収率があがるため、ふだんからしっかりカルシウムを摂取している人なら、妊娠中に意識してカルシウムを多く摂取する必要はありません。

しかし、不足しがちな栄養素であり、厚生労働省の調査によると、どの年代の女性も1日に必要な摂取量650mgを大きく下回っているそうです。

もし妊娠中にカルシウムが不足するとどうなるの?

もし、妊娠中にカルシウムが不足してしまうとどうなるのかご紹介します。

赤ちゃんへの影響

赤ちゃんの骨や歯を作るのにカルシウムは必要不可欠な栄養素ですが、じつはカルシウムの摂取が不足してしまっていても、赤ちゃんにはほとんど影響はありません。

とくべつ発育が悪くなるということもありません。

お母さんへの影響

カルシウムが不足しても、赤ちゃんの発育などに影響はありませんが、不足したカルシウムはお母さんの歯や骨から溶け出して赤ちゃんへ届けられてしまいます。

なので、カルシウムが不足すると歯や骨がどんどんもろくなってしまうのです。

さらに、カルシウムは妊娠中だけでなく、授乳中にも使われます。

もし、カルシウムが不足した状態が続いてしまうと、将来的に骨粗しょう症になってしまうリスクが高くなります。

骨粗しょう症とは、骨密度が低くなって骨がスカスカになって、骨折しやすくなる病気のことです。

自覚症状はありませんが、骨がもろくなっているので、自分の体重で押し潰されるように骨折します。

また、背中や腰が曲がってしまうようになり、将来的に杖や介助器具なしでは歩けなくなることも…。

また、足の付根の骨が骨折してしまうと、寝たきりになってしまいます。

骨粗しょう症自体には自覚症状がなくても、骨粗しょう症によって引き起こされる症状は、深刻なものが多いのです。

また、ほかにも妊娠中、カルシウム不足になると以下のような症状が現れるようになります。

・イライラ

カルシウムには興奮状態を鎮めて精神を安定させる作用がありますが、逆に不足してしまうとイライラしやすくなります。

妊娠中は体調の変化も多く、ストレスがたまりやすく冗長が不安定になりがちなので、妊娠中のカルシウム不足はイライラを増幅させる原因につながってしまいます。

・こむら返り

こむら返りとはふくらはぎがつることを言います。

妊娠中に起きやすい症状のひとつで、脚の筋肉の疲労蓄積や、子宮増大による血管の圧迫が原因だと言われていますが、カルシウム不足も影響しているようです。

カルシウム不足は赤ちゃん自体に影響はなくても、お母さんの体に影響が出てしまい、健康的な生活が送れなくなってしまう可能性があるので、妊娠中のカルシウム不足は回避するべきでしょう。

カルシウムが多い食品とは?

カルシウム不足を補うにはやはり、カルシウムが多く含まれている食品を食べることです。

ではカルシウムが多い食品についてご紹介します。

・乳製品

牛乳、ヨーグルト、チーズ

・魚介類

煮干し、干しエビ、わかさぎ、ししゃも、どじょう

・海藻類

乾燥わかめ、乾燥ひじき、おぼろ昆布

・野菜

モロヘイヤ、小松菜

・大豆製品

納豆、高野豆腐、木綿豆腐、厚揚げ、がんもどき

・そのほか

アーモンド、ごま

カルシウムは乳製品に多く含まれていますが、骨ごと食べられる魚介類にも豊富に含まれています。

食事としてはもちろん、ヨーグルトや煮干し、アーモンドなどのおやつとしても食べられるような食品からも摂取できるので、間食の際にも意識して摂取することをおすすめします。

おすすめは乳製品

カルシウムを効率的に摂取するのにおすすめなのが乳製品です。じつは、カルシウムは食品によって吸収率が大きく異なるのです。

乳製品の場合、カルシウムの吸収率は50%なのに対し、小魚は30%で野菜などは18%ほどに下がってしまうそうです。

そのため、効率的にカルシウムを摂取するなら、乳製品がおすすめです。

正しいカルシウムの摂取方法

カルシウムは過剰摂取すると、高カルシウム血症を引き起こす可能性があります。

高カルシウム血症とはかゆみや吐き気、便秘などの引き起こす症状です。

また、亜鉛や鉄分などのミネラルの吸収を削がしてしまうこともあります。

ただし、2500mg(牛乳2リットル分)を超えないように摂取すれば問題はないため、あまりに過剰摂取しない限りは問題ありません。

カルシウムはとくに摂取するタイミングなどを気にする必要はありませんが、カルシウムといっしょに摂取することでうれしい相乗効果を発揮してくれる栄養素があります。

まずはマグネシウム、リン、亜鉛などのミネラル類です。

これらは骨を作るのに必要不可欠な栄養素であり、さらにマグネシウムはカルシウムの吸収に重要な栄養素なので、ぜひいっしょに摂取することをおすすめします。

また、ビタミンDやクエン酸などもカルシウムの吸収を促進する働きがあります。

乳製品はもちろんですが、とくに吸収率の低い小魚や野菜類などを食べるときにいっしょに摂取するのがおすすめです。

リンのとりすぎに注意!

リンはカルシウムといっしょに摂取することがおすすめの栄養素ですが、リンをとりすぎてしまうと逆にカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

バランスとしては、カルシウム1に対してリンは1~2くらいのバランスが効率的だそうです。

リンは多くの食品に含まれている栄養素なので、ふつうにバランスのよい食事をしていればリンは不足することはありません。

ちなみにリンは食品添加物に使われることが多いので、意外にもレトルト食品やインスタント麺、スナック菓子などにも多く配合されています。

また、タンパク質の多い肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などにも多く含まれています。

なので、サプリメントやリンの含有量が多い食品を意識して食べるのではなく、バランスよく食事することを心がけて、カルシウムを効率的に吸収していきましょう。

バランスのよい食事をしている人は意識しなくてOK

カルシウムはさまざまな食品に含まれている栄養素です。ふだんから乳製品を積極的に摂取していたり、バランスのよい食事をしている人なら、とくべつ意識してカルシウムを摂取しなくても大丈夫です。

ただし、ふだんからカルシウムの摂取量が少ないなと思う人は、ふだんの食事にプラスして、乳製品や小魚などを摂取するのがいいでしょう。

将来のためにもカルシウム不足を補おう!

妊娠中、カルシウムは赤ちゃんへ優先的に回されるので、カルシウムが不足すると歯や骨が溶け出して、将来的に骨粗しょう症になるリスクが高まります。

カルシウムは妊娠中だけでなく、授乳中にも消費されるので、妊娠中から授乳中までは、積極的にカルシウムを補うことが大切です。

ふだんからバランスのよい食事をしている人なら、カルシウムをとくべつ意識して摂取する必要はありませんが、妊娠中は乳製品や小魚などを食べるように意識してみるのもよいでしょう。

妊娠中はもちろん、将来も健康的に生きていくために、カルシウム不足を補い、バランスのよい食生活を心がけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 葉酸は妊娠初期にとると赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができます。 特に ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊娠中

Copyright© 妊活アリビオ , 2018 All Rights Reserved.