産後・授乳期における葉酸の必要量は?いつまで飲むべき?

妊娠中に飲んでいた葉酸サプリ、いったいいつまで飲み続ければいいのと思う人も多いのではないでしょうか?

そもそも、産後も葉酸サプリって飲み続ける必要があるのかどうかも疑問ですよね。

そこで、今回は産後・授乳期における葉酸の必要量や、葉酸を飲み続ける期間、葉酸の必要性などについてまとめました。

産後・授乳期の葉酸の必要量って?

妊娠中にサプリメントなどで葉酸を積極的に摂取していた人も多いと思いますが、産後も必要なのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、産後も葉酸は必要です。ではどのくらいの量が必要なのかというと、厚生労働省によると産後や授乳期間は1日340μg摂取することをおすすめしています。

なお、340μg中100μgは合成葉酸、すなわちサプリメントなどから摂取することが望ましいと言われています。

なお、上限は1日1000μgとされているため、妊娠中に飲んでいたサプリメントをそのまま飲んでも問題はありません。

なぜ産後も葉酸は必要なのか

そもそも、なぜ産後も葉酸は必要なのかというと、葉酸を摂取することで母乳が出やすくなるからです。

葉酸は造血ビタミンと言われており、血液を作るのに必要なビタミンなのです。血液が乳房にある乳腺に運ばれることで、腺房で母乳が作られるようになります。

さらに、葉酸を摂取すれば血行がよくなり、より多くの良質な母乳が作られるようになるため、母乳の出がよくなるだけでなく、赤ちゃんにしっかり栄養を補給することができるようになります。

また、葉酸は産後に子宮の回復力を高める効果もあるそうです。葉酸には細胞分裂を促す働きがあるため、葉酸を摂取すると出産によりダメージを受けた子宮を元の状態に回復するのがはやくなるそうです。

葉酸を摂取すると、母乳がしっかり出るようになることで、赤ちゃんがしっかり吸うようになります。この吸うときの刺激により、オキシトシンの分泌が促され、子宮の収縮を促進する効果も高まるそうです。

このような理由から、産後も葉酸は必要で、積極的に摂取することを勧められています。

葉酸は産後うつの予防にもなる?

実は葉酸には、産後うつの予防効果があるとも言われています。産後うつは、産後にホルモンバランスが急激に変化することで、自律神経が乱れてしまうことで発症します。

産後うつの症状は人によってことなりますが、

・めまい

・動悸

・息切れ

・耳鳴り

・倦怠感

・不眠

・食欲不振

・ほてり

・発汗

・イライラ

など、精神的にも肉体的にもさまざまな症状が現れます。

葉酸には脳の神経系に関与する働きがあり、精神を安定させたり気持ちを落ち着かせたりする効果が期待できます。

さらに、幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンの合成などにも、葉酸は必要な成分です。自律神経を整えるのには、気持ちをリラックスさせることが大切なので、葉酸は産後うつの予防にも効果的だと言えるでしょう。

産後うつが原因で、夫婦仲が悪化して、離婚に至るケースも少なくないです。

精神が乱れやすい人などはとくに注意が必要です。産後も夫婦仲を良好に保つためにも、葉酸を摂取することをおすすめします。


産後はいつまで葉酸を飲み続ければいい?

産後はだいたい授乳が終わるまでは葉酸を飲み続けることがおすすめです。

葉酸自体、バランスのとれた健康的に食事をしているだけでも、比較的摂取しやすい成分であるため、授乳が終われば必要以上に摂取する必要はありません。

ただし、つぎの妊娠を考えている人は、授乳が終わっても葉酸を飲み続けることをおすすめします。

葉酸には妊娠しやすい体づくりをサポートする効果も期待できるので、すぐに妊娠をしたいなら飲み続けましょう。

もちろん、つぎの妊娠を希望していなくても、葉酸は飲み続けて大丈夫です。

葉酸は水溶性ビタミンであるため、必要以上に摂取しても、不要な分は尿といっしょに排出されるため、体内に蓄積されることはありません。

過剰摂取をしない限りは、毎日飲み続けても問題はないのです。むしろ葉酸には、体を健康に保つ効果が期待できるので、ずっと飲み続けることをおすすめします。

葉酸の効果って?

授乳が終わったあとも飲み続けたらどんな効果があるのか、葉酸の効果についてまとめました。

・予防効果(口内炎、食欲不振、下痢、動脈硬化、脳梗塞、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、神経障害、アルツハイマー、うつ病、痛風、薄毛など)

・美肌(肌荒れ改善)、美髪効果

・むくみの改善

・血行促進(ダイエット効果)

・生理不順改善

・便秘解消

・肩こり改善

いかがでしょうか?

葉酸は、健康だけでなく美容やダイエット面でもさまざまな効果が期待できる成分なのです。

だから、授乳が終わったあとも飲み続けることで、女性に嬉しい効果がたくさん期待できますよ!

もちろん、必ずしも飲み続ける必要はありませんが、食事の栄養バランスが偏りがちな人は、積極的に飲み続けることをおすすめします。

産後におすすめの葉酸サプリの選び方

産後に葉酸サプリを飲み続けるとしたら、妊娠中に飲んでいたサプリメントをそのまま飲み続けても問題ありません。

もし、サプリメントを選び直すとしたら、製造や商品の検査など、管理体制がきちんとしているメーカーのサプリメントを選ぶことをおすすめします。

国産の葉酸サプリなら、とくに問題はありませんが、海外のサプリの場合は一部のみですが、表示されていた量よりも葉酸が半分程度しか入っていなかったことがあったそうなので、海外のサプリを選ぶときは注意が必要です。

また、葉酸以外にさまざまな成分が配合されているサプリメントを選ぶ場合は、自分がいま必要な成分が配合されているサプリメントを選ぶのがおすすめです。

たとえば、産後で肌荒れに悩んでいる場合は、美容成分が多く配合されているサプリメントを、産後脱毛に悩んでいるなら、髪を作るのに必要な成分が配合されているサプリメントを選ぶのがいいでしょう。

もちろん、余計な成分が配合されていないシンプルな葉酸サプリでも大丈夫ですが、必要な成分が同時に摂取できればいろいろなサプリメントを飲む必要がなく、手間が省けるので、目的に合わせて選ぶのもおすすめですよ。

 妊活アリビオ 
妊活アリビオ

葉酸サプリは無添加がいい?

よく、無添加の商品がいいって言いますよね。

産後の葉酸サプリも、母乳に影響するからと無添加を推すこともありますが、無添加の商品がすべて安全で高品質というわけではありません。

厚生労働省からも、天然由来や無添加の製品が、合成品に比べて高品質であることや、安全性が高いという証拠はないとしています。

また、無添加だからと言って、有害物質や不純物が除去されていない可能性もあるそうです。

さらに、日本の場合は無添加と表記するための規定はとくにないので、無添加=添加物がまったく配合されていないというわけではありません。

着色料や香料のみが不使用であっても、無添加と表記することができるのです。

大手メーカーの葉酸サプリには添加物が配合されていますが、配合されている添加物がすべて有害というわけではありません。

さらに、添加物の配合量も、人体になにも影響の出ない量であることがほとんどです。

なので、添加物が配合されているかいないかは、産後の葉酸サプリ選びに関しても、とくに気にする必要はないでしょう。

産後も葉酸サプリは飲み続けよう!

葉酸は妊活中や妊娠中だけでなく、産後も必要な成分です。産後はとくに葉酸を飲み続ける必要はないとも言われていますが、最低でも授乳期が終わるまでのあいだは飲み続けるようにしましょう。

必要な量も、妊娠中よりかは少ないですが、過剰摂取をしなければ妊娠中と同じように摂取しても、とくに問題はありません。

ぜひ、産後も健康と美容のためにも、葉酸サプリを飲み続けてくださいね。


 妊活アリビオ 
妊活アリビオ

注目記事

【必見】妊活サプリの成分別おすすめランキング!

妊活に取り組むとき、悩みを解決するために、妊活サプリの力を借りてみてはいかがでしょうか。

葉酸はいつまで飲むべき?時期別の摂取量とは

妊娠すると必要な葉酸の量が増えるため、サプリなどでとった方が良いとしています。

【おすすめ葉酸サプリランキング】選び方のポイントも紹介!

葉酸はビタミンBの一種で、血液をつくったり細胞の成長を助けたりする栄養素です。 妊娠するとなりやすい貧血の予防や、赤ちゃんの成長を助ける作用があります。