妊活ライフ

40代の妊娠確率は?リスクや不妊治療についても紹介

投稿日:

Pocket

40代の方が妊娠したときくことも珍しくなくなってきましたね。
平均結婚年齢が昔より高くなったことが影響しているのでしょう。

では実際、40代での妊娠確率はどのくらいなのでしょうか。

40代で妊娠を考えている方のなかには、高齢妊娠のリスクやタイムリミットなど、心配に思っている方もいるかもしれません。
まずは、40代での妊娠についてきちんと知って、妊活について考えてみてください。

40代で妊娠する確率はどれくらい?


引用元:一般社団法人 日本生殖医学会

女性が妊娠する確率は年齢とともに低下していき、37歳ごろを過ぎると下がります。

40歳になると妊娠率は約30%未満に……。
40代後半になるとその確率はほとんどなくなってしまいます。

参考:一般社団法人 日本生殖医学会

加齢が原因?妊娠率が低下する理由

年齢とともに、妊娠率が低下するのには理由があります。

妊娠率が低下する原因
女性:卵子の老化・妊よう力の低下
男性:精子の老化

それぞれ詳しく解説していきます。

卵子の老化

女性はだんだんと卵子の数が減少し、残った少ない卵子の質も低下していきます。

生まれたときには200万個あった卵子は30代から急激に減少し、40代になるころには数千個になります。

卵子の質が低くなると受精卵や胚にならなくなることが多くなるのです。

妊よう力の低下


引用元:一般社団法人 日本生殖医学会

妊よう力とは女性の妊娠する力をいいます。

年齢とともに妊よう力が低下するのには理由があります。

胎児期から女性が持っている原子卵胞という将来卵子になる細胞が、加齢によって量と質が低くなっていくためです。
すると、妊娠する確率が下がっていきます。

だれの身にも起こることなので、自分を責めたりしないでくださいね。

参考:一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会
参考:高度生殖医療技術研究所

精子の老化

不妊は女性側に原因があるとは限りません。

男性も、加齢によって精子が老化していき、女性を妊娠させる力が低下していくのです。

不妊症の原因は男女どちらにも考えられると覚えておきましょう。

片方に原因があったとき、相手に申し訳ないとひとりで責任を背負いこんでしまうことがあります。
フォローしてお互い支えあってくださいね。

40代の妊娠で気になるのはリスク……どんなものがある?

40代となると、高齢妊娠、高齢出産といわれる年齢です。

心配されるリスクはどのようなものがあるのでしょうか。

流産や早産


引用元:一般社団法人 日本生殖医学会

グラフのように、35歳を過ぎると初期流産が増えはじめ、40歳以上では30~50%が流産するといわれています。

原因は染色体異常によるものがほとんどです。

年齢を重ねるにつれて染色体異常の確率は自然と高くなっています。

流産の可能性は、自然妊娠よりも不妊治療の方が高くなる傾向があるといわれています。

高齢妊娠は不妊治療を行った方が多くなるので、必然的に流産率も上昇しているデータが出ます。

参考:公益財団法人日本産科婦人科学会

染色体異常によるダウン症

染色体異常が起こると、その卵子では妊娠しなかったり、妊娠後に流産することがあります。

ダウン症も染色体異常から起こる症状のひとつですが、流産のリスクは低く、妊娠・出産にいたるケースが多いです。

ダウン症には3種類あります。

  • 標準型21トリソミー型
  • 転座型
  • モザイク型

赤ちゃんの0.6%の確率で起こり、最も多い標準型21トリソミー型はそのうちの0.12%です。

染色体異常はだれにでも起こりうるだことです。

もし起こっても落ち込んだり、自分を責めないでくださいね。

原因はまだわかっていませんが、年齢とともに発症が多くなっていくことから卵子の老化が一因と考えられています。

妊娠高血圧症候群による合併症の発症

妊娠高血圧症候群とは、妊娠時に高血圧を発症したことをいいます。

妊婦さんの20人にひとりが起こる、身近な病気です。
とくに40歳以上の方や、はじめての出産の方に起こりやすいので注意してくださいね。

妊娠高血圧症候群になると高血圧やタンパク尿の症状が現れます。
合併症を起こし母子ともに危険な状態になることもあるんですよ。

具体的にどのような症状があらわれるのか、母体と赤ちゃんにわけて詳しくみていきましょう。

お母さん

  • 血圧上昇
  • 蛋白尿に加えてけいれん発作(子癇)
  • 脳出血
  • 肝臓
  • 腎臓の機能障害
  • 肝機能障害
  • 溶血と血小板減少を伴うHELLP症候群
赤ちゃん

  • 胎児発育不全(発育が悪くなる)
  • 常位胎盤早期剥離(胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる)
  • 胎児機能不全(赤ちゃんの状態が悪くなる)
  • 場合によっては胎児死亡

確かな予防法はまだわかっていません。

かかりつけできちんと定期健診を受け、早期発見することが重症化しないための対策になるので必ず検診に行ってくださいね。

参考:公益社団法人日本産科婦人科学会

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常で、妊婦さんの7~9%が診断を受けます。

妊娠糖尿病になると、お腹の中の赤ちゃんも危険にさらされます。

お母さんと赤ちゃんそれぞれのリスクを紹介します。

お母さん

  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水量の異常
  • 肩甲難産
  • 網膜症
  • 腎症 など
赤ちゃん

  • 流産
  • 形態異常
  • 巨大児
  • 心臓の肥大
  • 低血糖
  • 多血症
  • 電解質異常
  • 黄疸
  • 胎児死亡 など

高齢妊娠や、家族に糖尿病患者のいる方はリスクが高くなるので、妊娠初期と妊娠中期に必ず検査を受けましょう。

あてはまらない方も、赤ちゃんと自分の身体の健康のために検査しておくと安心ですよ。

参考:公益社団法人日本産科婦人科学会

40代の妊娠で少しでもリスクを下げるためには?

40代の妊娠でリスクを下げるためには、卵子の老化を防ぐことと、持病を治しておくことが大切です。

それぞれ詳しく解説していきます。

卵子の老化を遅らせる


引用元:一般社団法人日本生殖医学会

40代の妊娠でリスクが高くなる背景には「卵子の老化」があります。

卵子の老化とは卵子の数が減少し、残り少なくなった卵子の質が低下することをいいます。

卵子の老化を予防するために

ミトコンドリアの機能低下と、卵子の老化は関連があると研究結果が出ています。

ミトコンドリアは細胞内のエネルギー調節を行う重要な器官で、アデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー源を生みだします。

卵子の老化のメカニズムについて詳しくはまだわかっていないので、身体に良さそうだからちょっと意識しておこうかな、くらいの軽い気持ちでいいかもしれませんね。

参考:一般社団法人日本生殖医学会

食事や生活習慣を見直して老化を防ぐことも大切です。

  • 禁煙する
  • 体を冷やさない
  • 過度なダイエットはやめる
  • 不足しがちな栄養もきちんと摂る

とくに、やせすぎは妊活によくありません。

BMI指数などを利用して、自分の身長の適正体重をキープするようにしましょう。

持病を治しておく

持病があるとまずその治療からはじまり、妊活を開始するのはそのあとになります。

持病は治して、40代という時間の中でいつでも妊活がスタートできるよう準備しておきましょう。

  • 婦人科系の病気を治しておく。
    子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫 など
  • 生活習慣病がないか検査
    高血圧や糖尿病 など

40代の妊娠は心配なことがたくさんありますよね。

ここまで紹介したことをもとに、少しでも心当たりのある人は、クリニックでいちど相談してみてください。

ひとりで自分の健康状態を把握するのには限界があります。
親身になってくれる医師がいると心強いですよ。

40代で妊娠を考えたらすぐに不妊治療をしたほうがいい?

不妊治療はお金、時間とともにかかるイメージで、なかなか気が進まないという方も多いかもしれませんね。

長期間治療しても、残念ながら授かれないこともあるのが現状です……。

40代の方は治療を迷っているならまずクリニックに相談にいきましょう。
病院に行くのは勇気がいりますよね。

ですが、悩んでいるうちに時間がたってしまい、妊娠確率を下げてしまう可能性もあります。
受診することも考えてみてくださいね。

費用はどのくらいかかる?

不妊治療というとやっぱりどれくらいお金がかかるのか気になりますよね。

「妊活ボイス」が2017年10月に行った「妊活・不妊治療」に関するインターネット調査の情報をもとに、不妊治療にかかる費用を紹介するので参考にしてみてください。

不妊治療した女性にアンケートを取った結果、人工受精・体外受精・顕微授精のどれかを経験した方に限定すると、平均は約134万円。

さらに、高度不妊治療(体外受精・顕微授精)の経験者の費用平均は約193万円。

不妊治療とひとくくりにいっても、かかる費用が大きく変わってくることがわかります。

40代の女性はタイミング法などの自然妊娠を促す方法ではなく、はじめから高度不妊治療と呼ばれる体外受精などを行うこともあります。

その場合保険適用外となるので、1回の治療で30~60万円ほどかかります。

総費用の平均は約193万円と紹介しましたが、治療の内容によっては数百万円かかることがあることも夫婦で認識しておきましょう。

引用元:妊活ボイス

助成金が使えることも

体外受精や顕微授精などの特定不妊治療は、国からの助成金がもらえます。

お金がたくさんかかりますから、少しでも負担してもらえるのはありがたいですね。

助成されるには条件があり、妻の年齢は43歳以下などを満たす必要があるので、確認しておきましょう。

1回の治療につき15万円、初回は30万円まで負担してもらえるので、申請するのがおすすめです。

くわしくはお住まいの自治体に問い合わせてみてくださいね。

東京都にお住まいの方はこちらの東京都福祉保健局のサイトをチェック

40代で妊娠を望むなら夫婦で相談して、はやめの行動を!

40代は妊活を続けていくか迷う時期でもあるかもしれません。

1日1日を大切に、迷ったらまずはパートナーと話し合って、ふたりの将来についてじっくりと考えてみてください。
そしてクリニックや病院で相談してみましょう。

心配なことがたくさんありますよね。

最近では芸能人が妊活を公表したりと世間の「妊活」への認知度は高まってきていますが、まだまだ理解されていない部分も多くあります。

赤ちゃんが欲しい方や不妊治療されている方のブログなどをみて、同じ悩みを共有することで、少し心が楽になるかもしれません。

どんな方法でも構わないので、自分がなにも考えずリラックスできることをみつけましょう。

周りにも我慢せずに頼ってくださいね。

赤ちゃんのいる生活は素敵だと思いますが、夫婦ふたりでの今後を考える区切りも大切かもしれません。

特別養子縁組制度にも年齢制限があるので、並行して考えてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんを望む方たちならきっと幸せな家庭を築けると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

月間人気記事ランキング

葉酸サプリに迷ったら!安心できるおすすめの選び方 1

妊活中や妊娠中に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞くけど、ほんとかな? と迷っているなら、ぜひ飲んでください。 妊娠初期に葉酸をとると、赤ちゃんに先天性の異常が起こるリスクを減らすことができるといわれ ...

産後ダイエットはいつから?無理せず体重を落とす方法 2

妊娠中に体重が10kg以上増えてしまって、産後が心配なあなた。 産後1か月は安静にする必要があるし、そのままやせられなかったらどうしよう……。 体重計に乗るたびに不安になってしまいますよね。 確かに産 ...

宅配弁当のおすすめは?妊娠中・産後の負担を減らすために必要な3つのこと 3

妊娠中や産後は、いままでラクにできていたこともできなくなってしまいます。 仕事はもちろんですが、ふだんぱっぱとこなしている家事も、妊娠中も産後も思うようにできなくなってしまうのです。 しかし、妊娠中や ...

-妊活ライフ

Copyright© 妊活アリビオ , 2018 All Rights Reserved.